室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

月別アーカイブ :2010年04月

門倉投手、開幕6連勝。チームも11連勝。

27日のキア戦に中4日で先発登板したSK・門倉健投手は、 6回を投げ被安打5、8奪三振、無失点。 キアのエース・ユン ソクミン投手との投手戦を制し、 試合は4対0でSKが勝利。SKは11連勝です。 門倉投手は開幕からの連勝を伸ばし、6勝0敗となりました。 依然ハーラー単独トップで、奪三振39もリーグトップ、 防御率1.98は4位の成績です。 詳しい投球内容 →スピリット・オブ・門......続きを読む»

LG5連勝、岡本真或投手4セーブ目

20日のネクセン戦に勝利したLGは5連勝で勝率を5割に。 8回途中にマウンドに上がった岡本真或投手は、 4セーブ目を上げました。 詳しい投球内容は下記で →タフ・ゲット・ゴーイング 岡本真或 ここまで7試合に登板し、1勝4セーブ、防御率は0.00です。 21日にはSK・門倉健投手がトゥサン戦に先発予定です。 これまでの詳しい投球内容 →スピリット・オブ・門倉健 フォー・ウ......続きを読む»

門倉投手トップの4勝目とペタジーニ選手日本へ

15日のハンファ戦に今季4度目の先発登板したSK・門倉健投手、 4勝目を挙げ、ハーラー単独トップになりました。防御率は7位(2.45)です。 詳しい投球内容 →スピリット・オブ・門倉健 フォー・ウィン(SKW) ご本人の振り返り →門倉健オフィシャルウェブサイト 門倉投手との対談(韓国球界の現況などもわかります) →コネスト 日韓わったがった 第40回~門倉健さん また、LG......続きを読む»

SK・キム グァンヒョン投手、8ヶ月ぶりの先発登板

昨年8月に、左手甲に打球を受けて以来、 戦線離脱していたキム グァンヒョン投手が、 8日のキア戦でリリーフとして復帰し、 13日のハンファ戦で約8ヶ月ぶりの先発マウンドに立ちました。 映像を見てのあれこれなどは、他所で記しましたが、 ランナーを出しながらも、スライダーで打ち取るあたりは さすがですね。6回を投げ被安打4、5奪三振、無失点。 試合はハンファが2対1で勝ち、キム グァン......続きを読む»

ヤフードーム、ホークス対マリーンズ戦へ

イ ボムホ選手が所属するホークスと、 キム テギュンが所属するマリーンズとの対戦を取材しに、 6、7日と福岡へ行きました。 イ ボムホ選手に行ったインタビューは、 後日、紙媒体でご覧いただけるかと思います。 ご協力くださったみなさんありがとうございました。 ひさびさに訪れたヤフードーム。 よく、韓国の球団の人から、日本の球団のマーケティングなどに ついて聞かれることがあり、知......続きを読む»

ポッドキャスト・チャムスポ、『月刊カドクラ』スタート!

08年12月からスタートしました、ポッドキャスト、 室井昌也『チャムスポ!』 ~韓国プロ野球情報ぉ~。 4ヶ月ほどお休みしていましたが、 今年の第1回目を更新しました。 その中で、ほぼ月1回のペースでお届けする新企画が、 『月刊カドクラ』。 SK・門倉健投手が毎月トーク。 今回も約10分間、みっちりお話しして下さってます。 なお次回も、新企画がスタートしますので、 ご興味お......続きを読む»

ジャイアンツ球場、シリウスGAMEへ

巨人でコーチ研修中の、 ソン ジンウさんとキム ヒョンウクさんを取材しに、 ジャイアンツ球場へ行きました。 伺ったお話などは他所に記すので、 何かあるということではないのですが、 ジャイアンツ球場周辺、数多くの桜の木が満開で とってもきれいです。 斜面に咲く桜の木は、 平地とは違った美しさがありますね。 「巨人への道」の辺りは枝が横に伸びていて、 記念撮影にいいかもしれま......続きを読む»

門倉健投手、岡本真或投手ともに勝利投手に

3日の試合ですが、 SK・門倉健投手、LG・岡本真或投手ともに、 今季2度目の登板となり、どちらも勝利投手に。 門倉投手は今季2勝目、岡本投手は韓国初白星を飾りました。 まず門倉投手は、当初予定の2日の登板から雨で1日ずれた3日に先発。 対トゥサン戦で6回2/3を散発4安打、ワイルドピッチで与えた2点のみに 抑えました。 対戦内容 →スピリット・オブ・門倉健 フォー・ウィン(SK......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2017年で14年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。連載500回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:144
  • 累計のページビュー:4344293

(11月21日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  3. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. 門倉健投手、聖望学園野球部OB会による引退試合実施

月別アーカイブ

2017
12
09
08
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss