室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

月別アーカイブ :2009年09月

準プレーオフ第2戦、トゥサン勝利でタイに

30日、チャムシルで行われた準プレーオフ第2戦。 トゥサンが6-0でロッテに勝利し、対戦成績を1勝1敗のタイとしました。 →2009ポストシーズン日程表 →準プレーオフ展望(9月28日のブログ) ロッテ |0 0 0|0 0 0|0 0 0 | 0 トゥサン|0 0 4|0 1 0|1 0 X | 6 <1回~2回> トゥサン・クム ミンチョル、ロッテ・チャン ウォンジュンの......続きを読む»

準プレーオフ初戦、ロッテが先取

29日、チャムシルで行われた準プレーオフ第1戦。 ロッテが7-2でトゥサンに勝利し、先手を取りました。 →2009ポストシーズン日程表 →準プレーオフ展望(9月28日のブログ) ロッテ |0 0 0|1 0 1|0 2 3 | 7 トゥサン|0 0 0|1 0 0|0 1 0 | 2 <1回~3回> 1回から3回までは両チームの先発投手、 トゥサン・ニコースキーとロッテ・チ......続きを読む»

準プレーオフ展望

毎年、ポストシーズン時に行ってます、準プレーオフ展望です。 →2009ポストシーズン日程表 29日から、 3位・トゥサンと4位・ロッテで行われる今年の準プレーオフ。 →2009韓国プロ野球順位表 シーズン中の対戦成績は10勝9敗で、 ロッテがひとつ勝ち越しと、ほぼ互角です。 シーズン終盤の戦い方としては、早々と3位を確定し、 投手起用を試すなど余裕があったトゥサンと、 最後......続きを読む»

全日程終了。SKは19連勝。監督交代の球団も。

26日、韓国プロ野球は公式戦の全日程を終了。 SKは最終戦も勝利し19連勝で今季を終えました。 →2009韓国プロ野球順位表 SKですが、みなさんにご参加いただいた、 8月27日からの観戦ツアーの前の試合、 25日のトゥサン戦に勝って以降、 負け知らずでシーズン終了までいったということになります。 さて、以前からお伝えしている告知です。 これまで日本または日本出発のイベントは......続きを読む»

キア12年ぶりの公式戦1位。韓国シリーズへ。

24日、キアが公式戦1位確定マジック1で迎えた対ヒーローズ戦を、 5-0で勝利し、1997年以来、12年ぶりの韓国シリーズ直行を決めました。 現在17連勝中の2位・SKが残り2試合に勝つと、 勝率でキアに並びますが、対戦成績でキアが上回るため(10勝7敗2分け)、 キアの公式戦1位が決定です。これにより、全ての順位が確定しました。 →韓国プロ野球順位表 ポストシーズンの日程も以下......続きを読む»

SK17連勝新記録。ロッテ4位確定でPS進出決定。

23日のSK対サムソン戦でSKが7-4で勝利し、 SKは1引き分けをはさむ17連勝。 1986年にサムソンが記録した16連勝を塗り変える、 新記録を更新しました。 この試合で5位・サムソンは敗れ、 4位・ロッテとのゲーム差が1.5となり、 サムソンの5位が確定。ロッテがポストシーズン進出を決めました。 なお、公式戦残り2試合ですが、1位争いはまだ続いています。 →韓国プロ野球順位......続きを読む»

門倉健投手、日本人投手最多の8勝目

20日のハンファ戦に先発登板した門倉健投手(SK)は勝ち投手となり、 2003年に入来智投手(元トゥサン)が挙げた7勝(11敗5S)を超え、 日本人助っ人投手最多の8勝目となりました。 詳しい投球内容などは →スピリット・オブ・門倉健 フォー・ウィン(SKW) ちなみに過去に在籍した日本人投手は、 ロッテ・森一馬投手(元社会人・一光)03年開幕前に解雇、 入来智投手、ヒーローズ・高......続きを読む»

韓国シリーズは10/15からとトクトリボブルヘッド

まずはお知らせです。 20日(日)、TBSラジオ他JRN系列で放送される、 「プロ野球ネットワーク」に20時頃から電話でおじゃまします。 韓国球界のことや、20日は門倉健投手が予告先発なので、 その試合結果あたりもお話するかと思います。 WBC時期のように、 韓国球界に関心を持たれるタイミングではないので、 単なる説明にならず、興味がわくような話を出来ればいいのですが。 そんな展......続きを読む»

キア、韓国シリーズ直行マジック4に

16日はモクトンでのヒーローズ対キア戦の取材に。 ここ数試合、試合前に別件などもあって、各選手、監督、コーチに ゆっくり話を聞くチャンスがなかったのですが、 この日は、キア・チョ ボムヒョン監督や神部年男投手コーチ、 キム サンフン捕手から投手についてや配球について、 話を聞く時間がありました。本当は前日のゲームを観たあとに 具体的に聞けるのがベストですが、 まぁそれはポストシーズンま......続きを読む»

SK13連勝。門倉投手は勝ち負けつかず

15日はLG対SK戦へ。 訪れてからだいぶ時間が空いてしまったので簡単に。 門倉健投手が先発のこのゲーム。 試合は8対5でSKが勝利。SKの連勝は13となりました。 門倉投手は2回2/3を3失点で降板。勝ち負けはつきませんでした。 この日も試合前に門倉投手と、 前回登板の相手打者とのかけひきなど、 あれこれたくさんお話したので、 また各所でお伝えしたいと思います。 ......続きを読む»

日韓クラブチャンピオンシップ開催合意

以前も少し記しましたが、 →日韓チャンピオンシップ(仮称)続報 →日韓チャンピオンシップ(仮称)開催構想など 日本と韓国の両プロ野球の優勝チームが対戦する、 「日韓クラブチャンピオンシップ」が、 11月14日(土)13時から長崎ビックNスタジアムで、 1試合行われることが日韓双方の事務総長会議で合意されました。 賞金は勝利チームに2000万円、敗戦チームに500万円。 使用球......続きを読む»

ロッテ、サムソンに連勝し4位浮上

13日はプサンで行われたロッテ対サムソンの、 ポストシーズン進出を争う4位攻防戦に訪れました。 試合開始時間が変更になり14時開始ゲーム。 ナイター翌日の早朝プサン移動は堪えます。 しかも試合後はソウルに日帰り。 移動するKTX車中が、韓国の新聞コラム書きの 仕事スペースとなります。 試合はロッテ・チョ ジョンフン投手が完封勝利。 ロッテが4-0でサムソンに勝利し、 4......続きを読む»

SK12連勝、首位・キアと1ゲーム差

12日、この日一番の注目カードはトゥサン対キアでしたが、 訳あって、SK対LG戦へ。 元々、取材陣の少ない土曜日ですが、 記者席、カメラマン席は、首都圏ゲームとは思えない閑散ぶりでした。 しかし、スタンドは17,253人の観衆で沸きました。 試合はSKの先発・グローバー(元巨人)が初回に3連続三振を奪う 好調なスタート。味方打線も効果的に得点し、6回まで6得点。 グローバーは7回を......続きを読む»

キア1位マジック8、サムソンPS進出マジック9

10日のハンファ戦に勝利し、連敗を5で止めたキアは、 1位決定マジックを8としました。 2位で追うSKは現在11連勝中。1位と2位のゲーム差は1.5です。 日程に余裕があるSKが、首位にさらに肉薄するか、 連敗脱出した首位キアが逃げ切るかがこれからの注目です。 また、ポストシーズン進出圏内を争う、4位サムソンは、 LG戦に勝利し4連勝。勝率を5割にしました。 一方、4位サムソンを追......続きを読む»

日韓チャンピオンシップ(仮称)続報

6月27日のブログにも記しましたが、 アジアシリーズに代わる、新しい国際大会として、 日本シリーズ勝者と韓国シリーズ勝者が対戦する、 『日韓チャンピオンシップ(仮称)』について、 7日のプロ野球実行委員会にて、 11月14日にデーゲームで行うことが承認されたそうです。 →日韓のプロ野球優勝チーム、11月14日に対戦(読売新聞) →プロ野球実行委:日韓両S優勝チームの試合を11月開催......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。エス・オー・プロモーション所属

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2016年で13年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。14年2月に連載400回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。200回突破!

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:422
  • 累計のページビュー:4308326

(03月15日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. G.G.佐藤選手の今。と、犬伏選手のサヨナラ弾から10年。

月別アーカイブ

2017
12
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss