室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

月別アーカイブ :2007年06月

五輪予選対戦日程と首位・SK7連勝

・まずは公式戦試合開始時間の変更。 7、8月の日曜・公休日の試合開始時間が全て17時からに。 →韓国プロ野球7月日程表 元々、今季は全ての日曜・公休日が17時開催だったが、 4月24日に「7月15日~8月14日を除き、日曜・公休日は14時開催」と 変更になった。 しかし、例年より早い夏の到来を考慮し、 7、8月の日曜・公休日を17時開催に戻した。 まぁ、よく言えば臨機応変。 ......続きを読む»

韓国プロ野球観戦ツアー総括

当方がガイド役として、2003年より毎年実施し、 今年は17名のご参加者と、6月21日~24日まで3泊4日を過ごした、 韓国プロ野球観戦ツアー2007。おかげさまで無事終了しました。 →韓国プロ野球観戦ツアー概要 【ツアー中のブログでの報告】 →6/21 ロッテ-SK(プサンサジク球場)  →6/22 SK-LG(インチョンムナク球場) →6/23 トゥサン-キア(ソウルチャムシル......続きを読む»

韓国プロ野球観戦ツアー3日目

21日よりスタートし、当方がガイド役を務める、 韓国プロ野球観戦ツアー2007の3日目 →韓国プロ野球観戦ツアー概要 まず、当方が毎週コラムを連載するスポーツ朝鮮紙の記者が、前日(22日)のツアーに密着。 その後記事になり、朝鮮日報日本語版サイトにも掲載されたようです。 今回が「5回目」のツアーですが、「3回目」など誤った内容がいくつかありますが、 まぁ、それはそれとして。 3......続きを読む»

韓国プロ野球観戦ツアー2日目

21日よりスタートし、当方がガイド役を務める、 韓国プロ野球観戦ツアー2007の2日目 →韓国プロ野球観戦ツアー概要 プサンから韓国の高速鉄道KTXに乗り、ソウル方面へ。 約2時間30分の車中、17人のご参加者のみなさん思い思いに楽しみ、 車内はにぎやか。 写真は、あるご夫妻のKTX車内での昼食。 日本にはそれぞれ1店舗ずつしかなく行列が続くが、韓国には数多くある、 クリスピ......続きを読む»

韓国プロ野球観戦ツアー初日は雨天中止。

2003年より毎年、当方がガイドを務め実施している、 韓国プロ野球観戦ツアー。 今年もスタートし、21日は3泊4日の初日。 集合場所であるプサンキメ空港からのバス車中より、 みなさんなごやかな雰囲気でツアーはスタートしました。 17人のご参加者様と初日に訪れたのは、プサンサジク球場のロッテ-SK戦。 ご参加者のみなさんは、サジク球場バックネット裏に設置の個室、 SKY BOXか......続きを読む»

LG5連勝でストップ

20日のLG-サムソン戦。 サムソンがLGに2-0で勝利し、LGの連勝は5でストップ。 サムソンは先発のブラウンが5回を抑え、 クォンヒョク-クォンオジュン-チョヒョングン-ユンソンファン-オスンファンと、 小刻みな継投でLG打線を零封した。 LGも二軍で調整していたポンジュングンが先発復帰し、 好投していただけに、残念な1敗となった。 →韓国プロ野球順位表 さてさて、いよい......続きを読む»

残念、イジョンボム二軍へ。

直前に迫った「韓国プロ野球観戦ツアー」ですが、残念なお知らせが。 イジョンボム選手(キア/元中日)が成績不振で二軍落ちとなりました。 23日のトゥサン-キア戦で、イジョンボム選手の姿を観られることを 楽しみにされていた方もいらっしゃったかもしれませんが。。。 イジョンボムが在籍するキアは他の7チームとは水をあけられた、最下位の8位。 →韓国プロ野球順位表 先日、キアは大幅......続きを読む»

観戦ツアーまであと3日。

2003年より実施の 『韓国プロ野球観戦ツアー』、今年の出発まであと3日となりました。 →韓国プロ野球観戦ツアー概要 「韓国野球の観戦ツアー」と聞くと、 参加される方の顔ぶれは「かなりマニアな猛者揃い」 と思われるかもしれませんが、 元々、韓国プロ野球に深く関心がある方は、 個人旅行ででも、球場へ訪れるのが容易なので、 いままでの観戦ツアーご参加者様は、韓国の野球が好きな方はもち......続きを読む»

韓国初の1イニング3者連続3球三振

16日のSK-トゥサン戦。ともに助っ人でチームのエースである、 ケニー・レイボーン(元広島)とダニエル・リオスが先発のこの試合。 共に被安打3、2与四死球で完投。1-0という最小失点差でトゥサンが勝利。 リオスは完封でハーラートップの9勝目を挙げた。 (5月登板時) リオスはお父様のお葬式のため、8日の登板後アメリカへ一時帰国したものの、 1週間で帰国し、帰国翌日に先発登板。......続きを読む»

リュヒョンジン、ハーラートップ8勝目。

15日のハンファ-ロッテ戦。ハンファの高卒2年目エース・リュヒョンジンは、 ロッテ打線をイデホから喫した、センターバックスクリーン越えの15号ソロアーチの 1点のみ抑え、危なげなく5-1で勝利。 リュヒョンジンは10奪三振。映像を観て、 ロッテ打線はいいようにやられているなぁ、という印象だけが残った。 ハンファはキムテギュンが14号ソロ、バットが湿り勝ちだったイボムホが2打点と、 ......続きを読む»

韓国野球応援歌集、掲載開始。

当方運営サイトや本では、韓国プロ野球に関心を持たれた 野球ファンの方々にお役に立てる情報を扱っていますが、 今回、いままでに増して、非常に深いというか細かい項目の 掲載を開始しました。 →『うたう!韓国プロ野球!』 韓国プロ野球の特徴といえば、内野スタンドに設けられたステージからの 応援風景が挙げられますが、今回掲載の項目では、 韓国プロ野球の応援スタイルの説明と、韓国の野球場......続きを読む»

ポジションと性格

今秋行われる、北京五輪予選・代表選手の資料作成などをしていると、 ふと「ポジションと性格に関係はあるのか?」と思い、 実際に対話した、各チームの選手たちのことを思い浮かべてみた。 結局、まとまった特徴は浮かばなかったものの、 唯一出たのが 「(韓国球界の)キャッチャーはコミュニケーション能力が高い、 社交的な人が多い」というもの。 →チンガプヨン(サムソン) →ホンソンフン(......続きを読む»

ルー大柴氏ブレイクで思い出す、18年前の「ルー・ラッキィの家庭訪問」

えー、ここはスポナビ+セレクトブログですが、 今回、スポーツとは一切関係ない内容です。すみません。 最近のルー大柴さんの高い注目ぶりに、すっかり忘れていた出来事を思い出し、 韓国プロ野球の伝え手としての、気持ちが引き締まったので、 その思い出について、記させてください。  申し訳ないので、韓国野球関連は以下で  →韓国プロ野球順位表  →ヤンジュンヒョク韓国初の2000本安打達成(......続きを読む»

ヤンジュンヒョク韓国初の2000本安打達成!

サムソン・ヤンジュンヒョクが、 9日のトゥサン戦、9回表の第5打席で、 トゥサンの4番手・イスンハク(米3Aから途中入団のため、 本には未掲載。サイト上選手名鑑には追記済み)から、 初球を左中間に運び、この日2本目のヒット。 これが通算2000本安打となり、韓国プロ野球初の快挙を達成した。 (昨年撮影) 達成後、サムソン・ソンドンヨル監督から花束を受け取り、 9回表終了後には......続きを読む»

トゥサンサヨナラ勝ち、ヤンジュンヒョクは無安打

韓国初の通算2000本安打目前のサムソン・ヤンジュンヒョク。 7日のゲームでは0-3で迎えた9回裏、 ロッテの抑えホセ・カブレラからソロアーチを放ち、 記録達成まであと2安打とする。 8日は場所を地元テグからチャムシルに移し、対トゥサン戦。 結果は1打席目・先制の犠牲フライ、2打席目・四球 3打席目・ピッチャーゴロ、4打席目・ショートゴロ 5打席目・四球でこの日はノーヒット。 ......続きを読む»

「夏休みに韓国プロ野球を観に行こう!」ページオープン。

☆ヤンジュンヒョク選手の 2000本安打達成を前に、サムソン戦を中心にチェックしていますが、 →トップページでカウントダウン表示中。 ちょっと、サイトの新項目のご案内を。 夏休みの韓国での観戦計画や、 また野球は観ずとも、韓国旅行を予定されている方へ、 便利な旅行情報ページを新たに作成しました。 →『夏休みに韓国プロ野球を観に行こう!』 以前から、韓国でのホテルなどについ......続きを読む»

続くウォン高、円安...

野球とは離れた話題ですが。 とりあえず下記で、韓国野球界の現況を →韓国プロ野球順位表 ☆ヤンジュンヒョク選手、 韓国初の通算2000本安打まで、あと5本! さて、タイトルの件。 日韓両国に関わることをしていると、為替の状況は気になる問題。 かつては「10,000ウォン」と言われれば、 「0」を1つ取って「ああ1,000円ね」と思ったものの、 最近はそうはいかない。......続きを読む»

試験に出るる?韓国野球<その4>

年々、齢を重ねると、立場などから、 バカバカしいこと、くだらないことを忘れがちになります。なってます。 そんな自らを戒めるように、 スポナビ+セレクトブログという場ではありますが、 韓国プロ野球について関心のない方々に、 意味なく、どうでもいい語呂合わせで暗記していただく、 『意味ない 試験に出るる?韓国野球』の第四弾。 →5/1 第一弾 韓国プロ野球8球団の覚え方 →5/6 ......続きを読む»

連勝連敗で3.5ゲームの中に7チーム

6月に入っても混戦は続き、1位から7位まで3.5ゲーム差。 6位ロッテまでが勝率5割で、8位キアは借金10で1位から7ゲーム差となっている。 →韓国プロ野球順位表 キアは、チーム編成としてもちぐはぐで、チェヒソプが加入したことで、 助っ人主砲・ソトゥンを放出。ところがそのチェヒソプが故障離脱。 打線の戦力ダウンを強いられている。 そんなキアだが、エース・キムジンウが二軍のゲームに......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。エス・オー・プロモーション所属

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2016年で13年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。14年2月に連載400回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。200回突破!

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:552
  • 累計のページビュー:4307905

(03月14日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. G.G.佐藤選手の今。と、犬伏選手のサヨナラ弾から10年。

月別アーカイブ

2017
12
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss