室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

月別アーカイブ :2006年12月

本年もお世話になりました。

本年も、6月よりスポーツナビ+セレクトブログに移転した本ブログや、当方運営サイト、 そして、韓国プロ野球に多少なりともご関心をお持ちいただきありがとうございました。 いつも、嫌なことや悲しいことがあっても、月日が流れると忘れてしまう方なので、 毎年、この時期になると「今年もいい年だった」と思うのですが、 今年2006年は例年に増して、非常に充実した1年でした。 2月の沖縄、津久見キ......続きを読む»

各球団、日本で春季キャンプ実施。

来年版の本づくりに専念しなければならないところ、 結構もろもろでバタバタなため落ち着かず。 年の瀬なので、1年の締めくくりでも書こうと思うも、 考え出すと非常に長くなりそうなので来春についての情報を。 2007年はハンファを除く7球団が日本で春季キャンプを実施。 ちなみに韓国は1月からキャンプインします。 サムソン=グアム(1月13日から)→沖縄・恩納村(2月11日から) ......続きを読む»

クレイシンオ(グライシンガー)ヤクルトと契約合意

タイトルのような記事が日本の紙面に掲載されているので、 こちらでもご紹介を。 セス・クレイシンオ(グライシンガー) 1975年7月29日生まれ 190cm90kg 右投右打 年俸30万ドル 韓国は外国人枠が1球団2人まで。年俸の上限は30万ドルなので、 30万ドルを超える条件で韓国外から声がかかれば、 選手は喜んで移籍するという現状がある。 また、日本の球団からすれば、韓......続きを読む»

ソウルで巨人・内海、林投手がサイン会実施

来年1月6日(土)12時より、 ソウルのCOEXモールイベントコートで、 読売ジャイアンツ・内海哲也、林昌範両投手が サイン会とトークショーを行います。 →読売ジャイアンツ公式サイト 会場のCOEX(コエックス)モールとは、 ソウルの江南地区にあり、様々なショップや水族館、飲食店、 シネコンなどがとてつもなく広い地下に広がっている複合施設。 その施設内にあるステージが今回のサイン......続きを読む»

各球団戦力補強の動き

ざっとまとめて。 トゥサンのパクミョンファンがFAで同じくソウルを本拠地とするLGに。 サムソンを自由契約となった、ティム・ハリカルラと、 米球界からWBC代表でもあった、ポンジュングンも 来季からLGでプレーとLG投手陣は話題豊富。 イビョンギュを欠き、打者の補強をこれからできるか? サムソンはハリカルラに代わり、米球界からクリス・ウィルスン投手を獲得。 ジェイミー・ブラウン......続きを読む»

皆様へ花増サンタから優勝グッズプレゼント!

さて緊急募集です! いままで、当方運営サイトにて会員様限定でプレゼント企画を行ってきましたが、 今回は当ブログをご覧のみなさんにもチャンスがあるクリスマスプレゼントです! 『花増サンタ サムソン優勝記念グッズプレゼント!』 サムソン2連覇決定直後の花増コーチ(チャムシル球場。サンタ帽は合成) サムソンライオンズ・花増幸二トレーニングコーチより昨年に続き、 プレゼントを頂戴しま......続きを読む»

中日・イビョンギュの通訳の披露宴へ

17日、私用で名古屋へ。ひと月ぶりの名古屋。 かつてLGに在籍し、現在、中日球団職員である、友人の結婚式に出席するための訪問だ。 クロークで上着や荷物を預けていると、見慣れた笑顔の男性がかけよってくる。 ドーハアジア大会を終えた、新郎と同い年で友人のチョインソン捕手(LG/WBC代表)。 披露宴で当方の席は、今オフLGから中日にFA移籍し、 新郎が通訳を務めることになるイビョンギュ......続きを読む»

ソウルの読売ジャイアンツショップ

所用で「ソウル」へ。ちなみに当ブログタイトルである 「ソウルはいつも野球愛」とはこんな意味。改めて。 さて、今年9月に韓国ソウルの繁華街であるミョンドン(明洞)に、 読売ジャイアンツショップ「G-ZONE」がオープンしている。 今まで訪れる機会がなかったので所用も含め、訪問してみた。 ミョンドンの地下鉄駅を出て、人気ファッションビルであるミリオレの横を通り、 アディダスショッ......続きを読む»

イビョンギュ(李炳圭/LG)中日と契約

中日球団から発表された。 どんな選手かをお伝えすると、 イビョンギュ(李炳圭) 1974年10月25日生まれの32歳。左投左打 185cm 82kg O型 チャンチュン高-タングク大-LG(1997年入団 1位指名) 2006年の年俸=5億ウォン(約6,318万円) ニックネーム:赤兎馬 首位打者:2005 最多安打:1999、2000、2001、2005 最多得点:2......続きを読む»

来年も発行『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』

2004年から当方が毎年発行している 『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』。 来年2007年も小学館スクウェアから発行することがほぼ決まりました。 →2006年版 来年版はこんなカンジの表紙にする予定(仮案)。 ついでなので歴代の表紙も    左から2006、2005、2004年版。 今回で4年目4冊目となる当書。 全くゼロからはじめて、4年連続4冊目ともなり、 ......続きを読む»

韓国語に聞こえる空耳CM。

先日テレビから聞こえてきたCMにピクッと反応してしまった。 メロディーに乗せて、子供の声で韓国語が聞こえてきたからだ。 ♪~~~…オセヨ~~ 「オセヨ」とは直訳すれば「来てください」。 「オセヨ」の前に「見て」や「通って」などをつければ ~して来てくださいとなる、一般的な表現だ。 で、なんのCMだ?と思うと 女の子が頭の上にプレートを乗せて同じフレーズを繰り返している。 ......続きを読む»

ネットでの韓国の新聞の読み方

→アジア大会日程とメンバー アジア大会で韓国代表が台湾に敗北。 続いてアマチュア選手で構成された日本にも敗れたことで、 韓国メディアの韓国野球への論調がとても厳しい最近。 日本の方々がそれを目にする機会のほとんどが、 韓国の新聞の日本語版サイト、またはそれを再掲載している、 ポータルサイトのニュース項目だろう。  韓国紙で日本語版があるのは以下の新聞社だろうか。  →朝鮮......続きを読む»

アジア大会韓国代表、日本にも敗れる

→日程とメンバー →前回のブログ(台湾戦後) 2日に行われた日本戦、10-7でサヨナラ負けし、 台湾戦に続く痛い連敗となったようだ。 1名の大学生を除き、すべてプロで固めたメンバーで、 アマチュア選手で構成された日本に完敗するとは、、 韓国にとって予想できなかった事態だろう。 WBCで6勝1敗という結果を残した際、当方は各所で、 「できすぎの結果」と言っていた。 韓国国......続きを読む»

アジア大会韓国代表、台湾に敗れる

→日程とメンバー 30日に行われた台湾戦、4-2で敗れた模様。 各チーム総当りでの対戦で、決勝リーグなどはない戦いのため、 今回の敗戦は、優勝が絶望的とも思える結果となった。 11安打を放つも2得点。ソロアーチ3本を喫し敗れるという、 今の韓国球界を象徴するような、一発不足と打線のつながりの悪さが、 そのまま現れた試合となったようだ。 WBCでも勝ちはしたが、少ないチャンス......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。エス・オー・プロモーション所属

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2016年で13年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。14年2月に連載400回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。200回突破!

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:78
  • 累計のページビュー:4321573

(05月29日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. G.G.佐藤選手の今。と、犬伏選手のサヨナラ弾から10年。

月別アーカイブ

2017
12
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss