室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

新年。数か月ぶりに岩手県大船渡市、陸前高田市へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年あけました!
2012年も各方面でご愛顧いただけたら嬉しいです。

さて、この年末年始を迎えるにあたり、
しておきたいことがありました。
それは縁ある岩手県沿岸部を訪れること。

以前ほどではないとはいえ、依然ニーズはある、
災害ボランティア活動をしたかったのですが、
各ボランティアセンターとも、年末年始はもちろんお休み。

ということで、今回はこれまでの一人での訪問ではなく、
以前、大船渡に住み、勤務していた嫁と、
1月2日に想い出の場所などを巡りながら、現状を知るために出向きました。

 当方と岩手県沿岸部の縁、災害ボランティア活動などについては、
 下記にまとめてありますのでよろしければ。
 →室井昌也 =できることをこれからもずっと=

再三書いているように思いますが、都道府県で北海道の次に大きい岩手県。
内陸部の盛岡から沿岸部までは、車で約100キロの道のりです。
県内の移動とはいえ、そこそこの道程となります(しかも主要ルートは一般道)。

まず訪れたのは、昨年12月上旬に大船渡駅の西側にオープンした、
「おおふなと夢商店街」。
大船渡01
以前は駅周辺で営業していた、地元の人にはおなじみの約30店舗が、
プレハブの仮設施設で営業を開始しました。

プレハブ造りというと、少々さみしい印象もあるかもしれませんが、
地面にはウッドデッキが敷き詰められ、店舗間の屋根には、
イルミネーションもあり、とてもおしゃれです!
当方、元々ウッドデッキが大好きなので、
お買い物を楽しもうという気分になります。

八百屋さんには近隣の住田町の産直野菜が並び、
お客さんとお店の人の会話からは「カレーのルー、探してたのよ~」という、
明るい声が聞こえてきました。

ウチの嫁は仕事柄、地元の方々を数多く知っているのですが、
商店街では知っている方のお店や、開店祝いのお花に名前を見つけるなどして、
それぞれの近況を垣間見ていました。

スポーツ用品店には野球のグローブをはじめ、各種目の用具たち。
中高生が部活に打ち込むのに、こういうお店は欠かせませんね!

そしていいなぁと思ったのが本屋さん。
書棚に鮮やかな表紙が並んでいるのを見ると、
心が豊かになったような気がします。
雑誌や子供向けの本、ドリルなどが充実していました。

そして自転車屋さんではセールを実施中。
自転車は貴重な足として重宝しそうですね。

お昼ごはんはラーメン屋さんで。
ラーメンとぎょうざのセットをいただきました。

その他、八百屋さんでお漬物を、洋菓子店でサブレを買って、
次の場所へと移動しました。

次に訪れたのは陸前高田市。
5月の災害ボランティアで、
畑に堆積した(いわゆる)がれきの撤去をした際は、
 →陸前高田市へ災害ボランティアに。など(2011年5月23日のブログ)
いたるところに、それらが高く集積されていましたが、
今では、その多くは移送されたようです。

今回、嫁と一緒ということで、
かつて共にお茶をしたモスバーガーがあった場所などを
歩いたりしたのですが、
以前、ローソンとイエローハットがあった辺りで、
車を止めて歩いていく、人の動きが絶えずありました。
何かと思ったら、その先には高田松原の一本松。
陸前高田201201

松林だったころには、その一本一本の高さを意識したことはなかったのですが、
今、残った一本を真下から見ると、思いっきり見上げることになります。
陸前高田201202

限られた時間で最後に訪れたのは、
5月に清掃を行った、大船渡市の盛川河川敷公園。
 →大船渡市に災害ボランティアへと野球。神宮球場取材など(2011年5月4日のブログ)
冬場ということで遊んでいる子供たちの姿はありませんでしたが、
一組の親子が自作の凧を揚げていました。
大船渡02
やはりお正月は凧揚げですね。

前回訪れた際に、倒れていた踏切や曲がった線路は、
新しいものへと変わっていました。

踏切
大船渡05   大船渡06

線路
大船渡03   大船渡04

数ヶ月ぶりに訪れた大船渡と陸前高田。
簡単に語れるものではないと思いますが、
確実に前には進んでいると感じました。

ただそれは、外から見た者が思うことであって、
これからは個々が置かれた状況によって、
一歩一歩の歩幅が、大きく違ってくるのだと思います。

当方は無力なので、何かを与えられるわけでもなく、
代わってあげられるわけでもないのですが、
「求められていることの中で」できること、
そして、忘れずに続けることで、
昨年3月に起きた出来事と、岩手県沿岸部と関わっていこうと思います。

そして、多少なりとも発信の場を持っているという立場を、
生かしていきたいと思っています。


さぁ、お屠蘇気分も終わりで、
(といっても元日夜からコラム書いたり、働いていますが~)
まずは新年、1月21日(土)の、
韓流野球ナイト!!特別編 岡本真或引退記念トークライブ!、
みなさんのご来場お待ちしております。
既にお申し込みの方々ありがとうございます!


→2011年韓国プロ野球順位表2011年韓国プロ野球個人成績と観客動員数


★運営サイト★韓国プロ野球応援サイト ストライク・ゾーン
★Facebookページ★ストライク・ゾーン
★著書★今年で8年目!4/27発売! 韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2011
★個人サイト★室井昌也
★聴ける韓国野球情報★室井昌也『チャムスポ!』 ~韓国プロ野球情報ぉ~
★たまに球界情報もつぶやいてます★室井昌也 (muroi_m) on Twitter
★毎年恒例観戦ツアー★8月に実施「韓国プロ野球観戦ツアー




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
岩手県での災害ボランティア
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。エス・オー・プロモーション所属

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2016年で13年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。14年2月に連載400回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。200回突破!

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:87
  • 累計のページビュー:4328388

(07月27日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. G.G.佐藤選手の今。と、犬伏選手のサヨナラ弾から10年。

月別アーカイブ

2017
12
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss