室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

『韓流野球ナイト!!特別編 門倉健トークライブ』大大盛況で終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

17日、東京・水道橋のYMCAアジア青少年センター スペースYホールで、
「韓流野球ナイト!!特別編 門倉健トークライブ」を実施。
約100人の方々にご来場いただき、大大大盛況でイベントを終了しました。

場内にはステージ上の6着を含め、門倉投手が実際に袖を通した、
18着のユニフォームを展示。また最多奪三振や月間MVP、優勝メダルなどの、
数々の記念品も備え、場内はさながら「門倉記念館」となりました。

14時開始のトークライブでは、門倉投手が自身のマウンドに上がる時の
テーマ曲である、Queenの「I was born to love you」に乗せ登場。
ステージ上でトークホストの当方と、お話しする第1部がスタートです。
門倉健トークライブ

門倉健トークライブ
ステージ上手には、江夏豊さんからプレゼントされたという、
通算100勝達成記念の巨大ボール
門倉健トークライブ

韓国でプレーした3年間を軸に、様々なエピソードをお話しいただきました。
メジャー挑戦や代理人の役割について、
日韓でこれまで仕えた監督たちとのエピソード、
大学、プロでバッテリーを組んだキャッチャーたちについて、
キム ソングン監督からのラブコール、日韓の野球の質、環境の違い、
オリックス入団が決まったイ デホ選手と、どう対戦するかのシミュレーション、
バッターとのかけひきや、どのタイミングで変化球の握りを変えるかといった、
プロの高等技術について、巨人の元同僚たちとの爆笑エピソードなどなど、
硬軟とりまぜて、1~2割程度ナイショの話も含めた、
非常に中身の濃いトークを約1時間15分、展開しました。
門倉健トークライブ
「聞いたみなさんも共犯者です!」

10分間の休憩をはさんで、第2部は門倉投手の投球実演です。

場内上手客席に、10数メートルの長さの簡易ブルペンを設置。
そこで門倉投手に実際に投げていただきました。
門倉健トークライブ10
フォークボールの握りについて説明

短い距離&全力では投げられない環境ではありますが、
フォークの落ちや、スライダーのキレに場内は「オー」と歓声。
ご来場者には、実際に打席に立っていただき、
そのスピードやキレを体感していただきました。
門倉健トークライブ
写真にはしっかり、フォークボールが急激に落ちる軌跡が残っています!

みなさんの感想コメントが、グルメリポーターのようであったり、
フォークのキレをまるでUFOを見た時のように説明したりと面白くて、場内は大爆笑。
門倉健トークライブ

また、門倉投手とのキャッチボールを男性、女性にご体験いただきました。
女性の方がどんどん上手くなる様子に、場内から拍手が起きます。
門倉健トークライブ

実演コーナーの後は、ステージ上に戻り、
門倉投手への質問コーナー。
事前にいただいた質問のうち、いくつかにお答えいただきました。
せっかくたくさんいただいたのに、少ししか答えられずごめんなさい。

そしてプレゼント抽選会。門倉投手は大盤振る舞いで、
横浜時代の防寒用フリース、汗だしウィンドブレーカー、
巨人の練習用シャツ、シカゴ・カブスのキャップ、
アンダーシャツ、メジャーリーグの公式球、
SK時代に実際に使用したスパイク、練習用Tシャツ(ホーム&ビジター)
サムソンの練習用シャツなどなど、大変多くの商品をご提供くださいました。

当選された方々のご要望に応え、ひとつひとつサインをし、
(しかも背番号はそれぞれの在籍時のもの)、握手。
ゲットされたみなさんは大変喜んでいらっしゃいました。
門倉健トークライブ

そして最後は、門倉投手が今後の決意を語り、
当方の音頭で「ガンバレ ガンバレ門倉」の三唱を、
ご来場者全員で行い、「I was born to love you」をバックに終演。
約2時間15分のトークライブを終了しました。

終演後は会場ロビーでサイン会。
長蛇の列となり、30分以上かかった後にサイン会は終了となりました。
門倉健トークライブ

ひとつひとつの問いかけに、わかりやすくお答えくださる門倉投手とのやり取りは
ご来場者に楽しんでいただけたようです。
「トークのテンポが良かった」というご感想は非常に的を得ていて、
そしてそう感じてもらえて良かったと思いました。

いただいたメッセージなどをいくつか抜粋すると、
「今まで私が見たトークライブでは最高に面白かったです。
門倉選手も室井さんもスタッフの裏方さんも
皆さん一生懸命にトークライブを盛り上げようという気持ちが伝わってきました」

「企画、進行の良さと門倉さんの人柄で、大変楽しいイベントでした。
野球や門倉さんをよく知らない人でも楽しめたと思います。
このように意味あるイベントを着実に続けておられることに敬服いたします。」

というものがありました。
ご来場者の感想や、終演後の笑顔を見て、
充実したトークライブになったと自負しております。

これも主役である門倉健投手のらしさが、作り出したものだと思っています。

また、当方と最近知り合った知人たちは、
「室井さんのテンションが終始高くて驚いた」とのことでした。
別にテンションは普通で、プロとして、
お客様を前にした時のスイッチを、
ご来場者の数と会場の広さに合わせて入れただけですが、
日常の落ち着いた、紳士的な振る舞い(笑)の印象しか
なかったためかもしれません。

どのジャンルも「ライブ」は時間や距離をはじめとした、
様々な都合をつけないと現地で感じられないものです。
その分、楽しさや喜びは、紙や電波、ネットで得られるものの、
数倍であると思っています。

今回、トークライブへのご参加が初めてという方が、
約半数ほどいらっしゃったようですが、
「楽しかった!」と思われた方は、それを他の方々へも伝えていただき、
その輪を広げていただけたら幸いです。

門倉投手をはじめ、ご来場くださったみなさん、
会場の方々、協力してくれたスタッフの面々、
本当にありがとうございました。

→2011年韓国プロ野球順位表2011年韓国プロ野球個人成績と観客動員数


★運営サイト★韓国プロ野球応援サイト ストライク・ゾーン
★Facebookページ★ストライク・ゾーン
★著書★今年で8年目!4/27発売! 韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2011
★個人サイト★室井昌也
★聴ける韓国野球情報★室井昌也『チャムスポ!』 ~韓国プロ野球情報ぉ~
★たまに球界情報もつぶやいてます★室井昌也 (muroi_m) on Twitter
★毎年恒例観戦ツアー★8月に実施「韓国プロ野球観戦ツアー




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
韓国プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

イギリスのBBCで、野球が取り上げられていた件【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

☆『第35回 ちびマッチ・ファイブ in基山』 一日目(12月17日)の試合結果【☆ちびマッチHP】

☆『第35回 ちびマッチ・ファイブ in基山』 二日目(12月18日)の連絡事項【☆ちびマッチHP】

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。エス・オー・プロモーション所属

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2016年で13年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。14年2月に連載400回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。200回突破!

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:1196
  • 累計のページビュー:4311008

(03月21日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. G.G.佐藤選手の今。と、犬伏選手のサヨナラ弾から10年。

月別アーカイブ

2017
12
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss