室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

『レオ党ノスタルジア』第2回・ゲスト鹿取義隆さん、大盛況で終了!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】試合結果や主なブログ内容は2016/6/16からLINE BLOGの「室井昌也(韓国プロ野球の伝え手) オフィシャルブログ」に掲載しています。そちらもどうぞご覧ください。

1月22日(日)に東京・四谷ひろば(旧四谷第四小学校)で行いました、僕がプロデュースとトークホストを務める、トーク&キャッチボールイベント『レオ党ノスタルジア』。ゲストに鹿取義隆さんをお迎えしての第2回もおかげさまで無事盛況で終了しました。

ご来場下さった多くの方から「楽しかった」というお言葉をいただき、鹿取さんも楽しまれたご様子で、みなさんに感謝の言葉を残されていました。

今回は「よりノスタルジック」に閉校になった小学校での実施。イベントの内容は鹿取さんと僕のトークと、鹿取さんとご参加者との一対一のキャッチボール、そして鹿取さんのサイン会の大きく分けて3つのコーナーで約2時間に渡って行いました。

0124 「ちょっときついけど着られる」という、現役時代のビジターユニフォームでご登場の鹿取さん。

(追記:振り返ると鹿取さんとご一緒のトークイベントは、2009年の3月に東京・丸ビルに設置されたWBC東京ラウンド特設ブースでの「鹿取義隆2006WBC日本代表投手コーチトークショー」以来でした)

トークタイムは教室をリフォームした多目的ルームで行いました。巨人、西武での日本シリーズの数々の名場面を笑いも交えて振り返っていただき、その当時の鹿取さんの心情がわかって面白かったですね。

0124 打者の胸元を突くときの実演をする鹿取さん

また技術的なお話では、各球種の握りを見せていただきましたが。サイドスロー特有の手首の角度からの親指の使い方が興味深かったですね。またサインが盗まれていると察知した時の対処法とか、垣内哲也捕手とのバッテリー時のこととか(笑)

普段プロ野球選手の方に取材して思うのは、ご自身は当たり前と思っていても、我々からすると技術の高さや研ぎ澄まされた神経の鋭さに驚かされることがあります。トークイベントは近年はテレビのバラエティー番組の影響もあって暴露系の内容を多く求めたくなる傾向もありますが(実際、面白いので欠かせませんが!)、それと同じくプロの技の話もじっくり聞けるのがライブの良さでもあります。

また侍ジャパンテクニカルディレクターの鹿取さんに間近に迫ったWBCのお話も伺いました。

そして鹿取さんご提供のレアグッズをかけてのジャンケン大会も実施。 0124

鹿取さん「ジャンケン強いよ」という言葉通り、参加者全員が鹿取さんに敗れるという波乱(笑)もありましたが、鹿取さんがまるで兄やんのようにひげを蓄えた写真のトレーディングカードのセットと、鹿取さんの著書「キミも侍ジャパンになれる!」(竹書房刊)が計6名様にプレゼントされました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球全般
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

二軍の新本拠地へ☆【春の夜の夢 ~オリックス・バファローズ応援ブログ~】

中島は故障なのか、それとも思い過ごしなのか【FF】

12月以降のドラゴンズ関連の諸々について(長めです)【中日ファンです】

【西武】春季キャンプメンバー決定【獅子党のつぶやき】

『レオ党ノスタルジア』会場アクセスについて【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

何かが違う。【Straight-Outside-Low】

あと3日!『レオ党ノスタルジア』ゲスト鹿取義隆さん トークテーマが決定!【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

来週22日(日)、鹿取義隆さんゲスト『レオ党ノスタルジア』第2回開催!【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2017年で14年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。連載500回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:144
  • 累計のページビュー:4344293

(11月21日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  3. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. 門倉健投手、聖望学園野球部OB会による引退試合実施

月別アーカイブ

2017
12
09
08
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss