室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

韓国初のドーム球場はこんな感じでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月上旬からのポストシーズン、終わるや否やプレミア12。その後にはMVP、新人王、ゴールデングラブ賞の発表と行事続きですね。サイトでは朝鮮日報日本語版の野球記事のリンクを掲載していますので、オフの間の動きに興味がある方は、そちらをチェックされると、時折気になる記事があるかもしれません。

なお、プレミア12関連の記事は各媒体、期間中、期間後も当然たくさんあったのですが、現地で取材した人のものと、そうではないものがあるようなので、「読み手の人にはその辺りを見極めて欲しい」という言葉が、現場の日韓双方の記者さんからありました。当方は記事チェックをたくさんする方ではないのでわかりませんが、違いがあるのでしょう。

さて、プレミア12に先立ち、韓国代表は11月4、5日にキューバ代表と「ソウルスーパーシリーズ」と銘打って親善試合(評価試合)を行いました。その試合は韓国初のドーム球場「ソウル・コチョク(高尺)スカイドーム」の言わばこけら落とし(開場記念イベントは複数あったので、厳密に言うと初興行ではないのですが)。

20151126_01 韓国の記者仲間からはイ・デホ選手取材時の経験から、 「京セラドームっぽい」という感想がありましたが、 当方はどちらかというと、ナゴヤドームっぽいと思いました。

このドーム球場、建設経緯の問題もあって、今のところあまり評判が良くありません。その建設経緯については、以前、記しています。 →ソウルのドーム球場建設状況(2014年1月14日のブログ)

不評のわかりやすい例として、朝鮮日報日本語版の以下の記事のリンクを掲載します。

韓国球界きっての「ドーム球場礼賛論者」も激怒 2015/11/26 09:54 →高尺スカイドームは「21世紀最悪のドーム球場」 2015/11/26 09:53 →ファンにも選手にも不便、韓国初のドーム球場に不満爆発 2015/11/26 09:49

当方は元々、「天候に左右されずに野球が行われるので、試合消化やシーズンオフの国際大会開催にプラス」ということ以外に期待していなかったので、実際に訪れてみて、今、挙がっている不満については、しょうがないのかなぁなんて思っていました。

20151126_02 限られたスペースを活用しているので、 両翼のポール際には座席がありません

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
韓国プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

プレミア12と侍ジャパンを考える【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

別の意味での「野球国力」に支えられたプレミア12のこれからを考える【世界の野球】

プレミア12を終えてスポーツのおもしろさについて考える【野球について考える 時々サッカーも】

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。エス・オー・プロモーション所属

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2016年で13年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。14年2月に連載400回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。200回突破!

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:78
  • 累計のページビュー:4321573

(05月29日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. G.G.佐藤選手の今。と、犬伏選手のサヨナラ弾から10年。

月別アーカイブ

2017
12
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss