室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に

このエントリーをはてなブックマークに追加

15日のアメリカ戦に敗れ、1次ラウンドグループBで3位となった韓国は、16日の準々決勝でグループA2位のキューバと対戦することになりました。 →世界野球プレミア12概要・日程 韓国代表一覧

20151116_01 15日午後の天母棒球場

キューバ戦の開催場所は当初、台北の天母棒球場の予定でしたが、表題の理由により、台中洲際棒球場(インターコンチネンタル球場)に変更になっています(厳密には公式発表前だったので変更ではないのですが)。この件ですが、「火災」という文字がちょっと刺激的なので、記そうか悩みましたが、14日のブログで、準々決勝の開催場所が未定であることに関連して、「台北と台中の距離は約165km。もし1試合のためだけに両都市を移動し、ナイトゲーム終わりでまた戻るケースが生じた場合、選手はもちろん、大変な人は多そうだなぁ」と書いたらその当事者になってしまったので(笑)、その続きということで書くことにしました。

その火災の顛末ですが、15日の韓国対アメリカ戦終了後のことです。我々取材陣はスタンドの記者席から階段を下りて、記者会見場へと向かいました。まず敗れた韓国のキム・インシク監督の会見があり、次に行われたアメリカのウィリー・ランドルフ監督の会見中、異変がありました。部屋の外からけたたましい非常ベルの音が聞こえてきたのです。しかし会見場にいた約30人は、特に気にする様子はなく、「誤作動でしょ?」みたいな感じで笑みを浮かべていました。しかし当方はちょっと嫌な予感がしたのと、ランドルフ監督の会見は中国語の通訳のみだったので(韓国語なし。もちろん日本語も)、その場にいてもなぁとスタンドへと移動することにしました。

記者席に戻ると、韓国野球委員会(KBO)の担当者さんから、「明日の試合は18時半からここ(天母)でーす」とお知らせが。まぁ予定通りと思い、球場を離れたところ、「球場施設の一部で火災が発生したため、準々決勝は別の会場で実施。おそらく台中で行う」との連絡が入りました。その間、主催者のWBSCの公式ツイッターでは、準々決勝のスケジュールがアップされるも、文書としてメディアに伝えられたのは深夜1時過ぎのこと。それぞれ対応に追われることになりました。

このような大会時には、対戦相手や開催場所が直前まで決まらなかったり、また雨天による順延が生じた場合など、臨機応変な対応が求められます。当方は国際大会のみならず日常から、近年の中年男子によく見受けられる、「思い込みが激しすぎる人」にはならないように心掛けているので、特に困惑することはありませんでした。何より今回の会場が行き慣れた場所だったのも幸いしました。しかしチームの裏方さんや中継関係者などは、車両手配などあらゆる準備に支障をきたしたようです。もし台湾チームが準々決勝に進出していて、台中でのナイトゲームが組まれていた場合、日程の変更はさらに複雑だったかもしれませんね。

出火元はスコアボードを制御する管制室と韓国メディアは伝えていますが、その件について取材していないのでわかりません。当方はじめ、ほとんどの人が、煙や火の手を目にすることはなかったので、「煙の中を逃げ惑う」というような事態を想像されていたとしたら、そういうことはないのでご安心ください。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2015プレミア12
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

11月15日のプレミア12の結果【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

さあ、いよいよベスト8。日本戦以外にも注目カード目白押し【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

国際大会は「ローマは一日にして成らず」の気持ちでじっくりと育てるべし【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。エス・オー・プロモーション所属

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2016年で13年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。14年2月に連載400回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。200回突破!

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:552
  • 累計のページビュー:4307905

(03月14日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. G.G.佐藤選手の今。と、犬伏選手のサヨナラ弾から10年。

月別アーカイブ

2017
12
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss