室井昌也『ソウルはいつも野球愛』

久々に陸前高田市に災害ボランティアへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでにも記してきましたが、
当方、都合がつけば、
縁ある岩手県沿岸部に災害ボランティアをしに行くという意思があり、
14日、岩手県陸前高田市へ行ってきました。

当方の岩手県沿岸部との縁と、これまでの災害ボランティアについては下記リンクで。
→室井昌也 =できることをこれからもずっと= 
 時間がある時は、縁ある岩手県へ災害ボランティアに行っています

以下、韓国球界に関する有益な情報はありません。

以前、災害ボランティアの度にお世話になっていた、日帰りボランティアバス。
その本数が以前より少なくなってきたので、なかなか足を運ぶことができませんでしたが、
今回、北上市社会福祉協議会災害復興支援ボランティアセンターさんのバスにお世話になり、
陸前高田市へおじゃましてきました。

陸前高田へは今年の正月以来。
→新年。数か月ぶりに岩手県大船渡市、陸前高田市へ(1月2日のブログ)
今回、街の様子を見て以前とは印象が異なっていました。
それは津波の被害を受け、更地のようになってしまったところに、
たくさんの草が茂っていたことでした。
陸前高田01

もし、この場所に津波が来たことや、昨年3月以前の姿を知らない人が見たら、
「元々、空き地だった」と勘違いしてしまう程です(当然、違います)。

東京の臨海副都心には同様に草で覆われた空き地がかなりありますが、それに近しい光景です。
草は高いもので人の背丈程に達するものもあり、自然の強さを感じます。

その草が茂っている姿、言い換えるならば、
大きな被害を受けた陸前高田が、前に進んでいることを表している証でもあります。

というのも、他の地域では津波によって被害を受けた建物の土台、
基礎の部分が残っていますが、
陸前高田の市街地にはそれがありません。既に土地所有などの調査が終えていることを
表しているのではないかと思います。

そして竹駒地区に商店も並び始めました。
→陸前高田未来商店街

地元の方々のご苦労は続いているでしょうが、
確実に前進していることが見受けられます。

季節は秋。東北の秋と言えば、収穫前のお米、稲が鮮やかな黄金色を放ちます。
陸前高田
移動のバス車中から

かつて、初めて嫁の実家に行き、結婚の申し込みをした時、
黄金色のじゅうたんを見て、
「空と山と稲穂のコントラストがきれいですね~」と言ったら、
「ウチらにとっては当たり前の風景だから、コントラストなんて洒落たこと言う方する人はいねぇ」と
言われちゃいました(「いねぇ」の部分を意識して読むとより東北っぽい味わいが出ます)。
確かにそうですね。しかし東京者にとってはその美しさとお米のありがたさを感じる、
特別な色合いです。

そんな秋、なのですが、太陽はまぶしく、気温は連日30度を超え、
まだまだ夏、そんな風に思わせる陽気でした。
陸前高田

今回、同じバスに乗車した18人の任務は、以前、クリニックがあった敷地に、
みなさんが憩えるあずまやと花壇を作るということで、そのための草刈りでした。
陸前高田
あずまやを作る皆さん。最後は竹で屋根を組むそうです。

草刈りですが、我々の他、盛岡の高校生たちなどのマンパワーで、
ビフォー
陸前高田

アフターです。
陸前高田

熱中症に注意しながら30分ごとに休憩、水分を取り、
10時からお昼を挟んで14時半まで作業を行いました。

陸前高田
こんな感じで茂ってます。

現地でマッチングなどを行っている陸前高田市災害ボランティアセンターによると、
この日で活動をした人が述べ12万人とのこと。当方もその中の2人です。
14日は連休前ということもあってか、約500人の参加があったそうです。

陸前高田
もう一度ビフォー

陸前高田
アフター

以前に比べ、ボランティアのニーズは変わってきています。
震災当初の家屋、家財(いわゆる瓦礫)の撤去、泥だしなどではなく、
業者や専門職の人に頼むほどではないけど、人手があれば解決できるといったものが
多くなっているようです。

今回の草刈りや、その横で行われていたあずまやの組み立てなどは、
プロの手にかかれば、専用の機器やノウハウで少人数、短時間で出来るのでしょうが、
そこまでではない案件を手掛けるのがボランティアの役割です。

今回参加された方の中で、ボランティア経験の豊富な方は、
「もっとバリバリ働きたい」と言っていましたが、
当方のこれまでのわずかな災害ボランティア経験の中で、教えてもらった教訓に、
「もの足りないくらいがちょうどいい」というのがあります。

実際の活動内容としては決して大きなものではないかもしれませんが、
今回も「もの足りないくらいがちょうどいい」ものでした。
でも猛烈な暑さで汗だらだらでしたけどね。

当方としてはこれからも、
震災で大きな被害を受けた岩手県沿岸部のことを忘れないこと、
災害ボランティアを続けること、
そして、自らの立場を生かして伝えることが
自分のすべきこと、できることだと考えています。

当方、現地に高い頻度で足を運んではいませんが、
一応このブログ、日に5ケタ、時には6ケタとか、
少なくない人の目に触れることがあるようなので、
時折こうやって記すことは無駄ではないでしょう。きっと。

ということでまた機会があれば訪れ、記す予定です。

→2012年韓国プロ野球個人成績 NPB・林昌勇、李大浩、金無英の成績2012年韓国プロ野球順位表


★運営サイト★韓国プロ野球応援サイト ストライク・ゾーン
★Facebookページ★ストライク・ゾーン
★著書★2012年で9年目! 韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2012発売中!
★個人サイト★室井昌也
★聴ける韓国野球情報★室井昌也『チャムスポ!』 ~韓国プロ野球情報ぉ~
★たまに球界情報もつぶやいてます★室井昌也 (muroi_m) on Twitter
★毎年恒例観戦ツアー★次回は11月に特別編!「アジアシリーズ2012 観戦ツアー」
★SNSにも簡単アクセス!ストライク・ゾーン スマホ版




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
岩手県での災害ボランティア
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconmuroi

室井 昌也(むろい まさや)
◇1972年東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、韓国プロ野球に関するお仕事、思いつくこと、できること、見えることと、見えないこと、1人数役実施中。ストライク・ゾーン取締役社長。エス・オー・プロモーション所属

・著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を04年より毎年発行。2017年で14年目(写真、取材、編集、一部デザインも)。

・新刊著書(2016年12月)『野球愛は日韓をつなぐ』現場取材にこだわって韓国紙に書き綴った、11年間、約500本のコラムから97本を厳選して掲載

・『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)毎週火曜日出演中。

・WBCなどの国際大会では、地上波中継局への情報提供や出演、公式プログラムや各種メディアへ寄稿。

・韓国のスポーツ紙・スポーツ朝鮮のコラムニスト。06年から毎週韓国語でコラム「室井の近くて遠い韓日野球」を連載中(概ね火曜日掲載。紙面では顔写真付きなので、ハングル読めなくてもお探しになれます)。連載500回を突破した。

・日本の日刊スポーツ携帯サイト『ワールドベースボール』でコラム「韓話☆球題」を09年3月から毎週水曜日連載中。

・プロデュースとガイド役を務める『韓国プロ野球観戦ツアー』を03年より毎年実施。

・掲載中の写真は全て自身で撮影のもの(各メディアに写真の貸し出しもしています)。

・ラジオの世界のすべてが「見える」!著書『ラジオのお仕事』2015年10月発売。

・ラジオの交通情報を伝える女性たちを紹介した著書『交通情報の女たち』2014年11月発売。

・ブログタイトル「ソウル(Seoul・soul)はいつでも野球愛!」。

・これからもできる限り、縁ある岩手県沿岸部に復興支援ボランティアに行きます。
  • 昨日のページビュー:110
  • 累計のページビュー:4337520

(09月14日現在)

関連サイト:ストライク・ゾーン

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本と韓国のバット、確かに「音」は違う。
  2. 甲子園球児が代表入り。18U(AAA)世界野球選手権、30日からソウルで開催。
  3. 韓国初のドーム球場はこんな感じでした。
  4. 【プレミア12】16日の準々決勝は、天母棒球場火災の影響で会場変更に
  5. 大記録達成!イチロー選手について韓国の選手たちが語る
  6. アジアシリーズ2012、日程詳細発表
  7. カン・ジョンホ選手、DeNA宜野湾キャンプ参加など
  8. 18U世界野球選手権、9/5以降の日程
  9. WBC韓国代表 出場選手28人発表
  10. G.G.佐藤選手の今。と、犬伏選手のサヨナラ弾から10年。

月別アーカイブ

2017
12
09
08
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss