Koji's Classroom

カムデンヤーズ聖地巡礼

このエントリーをはてなブックマークに追加

たいへんご無沙汰いたしました。

仕事まわりのあれやこれやがめっちゃ忙しく、そうこうするうちに4月絶好調だったオリオールズは急降下。なんかねー、うっすらと予感はあったのですよ。4月に勝ちまくっていたころ、すごくうれしいけどなんで勝ってるんだろう?……と、実感がなかったので。果たせるかな、5月、6月と、懸念されていた先発陣が崩壊し、それに引きずられるようにして野手陣も点がとれなくなり……という悪循環にはまってしまいました。(超ざっくりしたまとめ)

そんななか、わたくしは家庭の事情(夫の単身赴任)で7月8日から3週間ほど、ニュージャージーに来ております。昨年末にもちらっと渡米したのですが、オフシーズンで野球を見ることはできず。つぎは必ずシーズン中にと執念をもやし、オリオールズの対戦カードを軸に渡米予定を決めました。

そして、ついに行ってまいりましたよ、聖地カムデンヤーズへ。 めっちゃ楽しかった! でも試合はめっちゃひどかった!(-_-;; そこで今日は野球的分析は抜きにして(おい!)もっぱら写真を中心にカムデンヤーズ訪問記をお送りします。

わたしの選んだカードは7月15(土)、16日(日)のオリオールズvsカブス戦。オリオールズと上原が一度に見られる(かもしれない)んですよ? しかもカブスが交流戦でカムデンヤーズを訪れるのはなんと2003年以来とのこと。「まるでmukuchanのための対戦カードみたい」といろんな人に言われながら、夫とふたり、車で(わたしは乗る専門)ボルティモアに向かいました。200マイルで約3時間の行程とのことだったのですが、デラウェアを過ぎたあたりからあちこちで渋滞につかまり、なんと6時間近くかかって、ついたのは4時ちょいまえ。くたくた。

じつは上原は、前日14日(金)の試合に登板しています。ニュージャージーのTVで見ていたのですが、オリオールズが0-8の劣勢(ゴーズマンよ……(-_-;;)から追い上げ、8-6となったところで8回裏に上原が登板。1アウトからスコープがヒットで出ると、トランボが高めの球をガツンとたたいて同点ツーラン。本人がブログで「もっともっと外に投げようと思っていたのに」と書いているとおり、少しシュート気味に中へ入ってしまいましたかね。でもそのあとのデイヴィスはスプリットでみごとなまでの三振。マンシーニも打ち取ると、9回表にカブスがアディソン・ラッセルのHRで勝ち越し。けっきょくカブスが8-9で勝利し、上原にBS(Blown Save)と勝ち星がついたのでした。

そんなわけで、「きょうは上原は投げないよな。でも姿が見られればいいや」と思いながら、カムデンヤーズへ。

   ……きれいな球場だなあ。じ~ん。

場内に入ると、ちょうどオリオールズの打撃練習が終わってカブスの練習が始まるところ。しばらくバッター陣に目を奪われていたのですが、はっと気づいて外野に目をやると上原親子が! 投手陣のキャッチボールを終えて、息子のカズくんとふたり、外野に向かったところでした。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリオールズ
タグ:
Joey Rickard
Koji Uehara
上原浩治
ボルチモア・オリオールズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

カムデンヤーズ聖地巡礼

ついにご帰還なさいましたね,ようこそお帰りなさいませ! 
AL-EastでのO'sの失速ぶりには,ひそかに胸を痛めておりました.ごひいきチームが不調でブログ執筆のモチベーションも↓…というお話もお察し申し上げます.
でも現在は野球シーズン中にアメリカに滞在する機会に恵まれ,念願のカムデンヤーズ「巡礼」も果たされたとのことで,おめでとうございます.実は私,一度はと思いつつアメリカ本土へはまだ行ったことがないもので,興味深く読ませていただきました.(カズくんも大きくなりましたね!)

そう,気づけばシーズンはASGもすでに終わり,日本人選手にはおしなべて厳しいシーズンとなっています.

TJ手術から復帰2年めのダルビッシュはまずまず安定感のある投球を続けていて,ASGにも3年ぶりに選出されましたが,直前の7/9LAA戦に先発したため出場を辞退することになったのは残念でした.
ただ昨年地区優勝のTEXも今季はチーム状態が悪く,ダルビッシュもランサポートの少なさが話題になるばかりで,勝ち数は伸びず負けが先行してしまっています.
今季のAL-WestはHOUがぶっちぎりで首位を独走し,TEXはSEA・LAAとともに5割ラインを上下しながら2-4位に入れ替わり立ち替わり,その中でOAKの最下位が定着しつつあるか?という状態です.
「ここからの勝敗がトレード市場で買い手と売り手のどちらにまわるかを決める」というダニエルズGMのゲキの直後から負けがこんで4位に後退したTEXは,どうやら売り手にまわるとの観測から,契約最終年のダルビッシュの周辺も騒がしくなっていて,本人もまな板のコイの心境の模様; ただ今回の移籍先はPSまでのレンタルみたいなもので,来季以降の所属をめぐっては,オフに改めて争奪戦があるのではないでしょうか.

針のムシロに近い前半戦を過ごしたのはNYYマー君ですね.らしくない大量失点・早期降板が度重なり,持ち味の安定感が影をひそめていました.6/23TEX@NYYで日本時代以来6年ぶりに実現したダルビッシュとの投げ合いは,互いにgem-gemのPitcher's Duelを展開してさすがと思わせましたが,そこからいっきに復調とはいかないようです.

おっしゃるようにFlyball RevolutionとしてHR量産が話題になっている今季のMLB,日本人投手の被弾が特に目立つような気がするのは,やはり伝統的に4 seam fastballを多用する投球スタイルのせいでしょうか(直近7/21@TBのダルビッシュもソロ3発浴びてしまうし).
HR量産と言えばNPBでは,公式球の反発係数に原因があった――いわゆる「飛ぶボール」――という経験もあるわけで,上原はボールの感触の違いのようなことにも言及していたと思いますが,MLBではもっぱらバッティングの理論と技術の進歩によると解釈されているようですね.

NL-Westで独走態勢を固めつつある好調LADのマエケンも,故障からの復帰組を含め層の厚い先発陣の中で,カーショーに次ぐ2番手の座は安泰にはほど遠く,一時はブルペンにまわっていましたが,その後また先発の機会を与えられているようです.(ただ私は例によって,ブルペンで先発とセットアッパーの間をつなぐブリッジマンの地位を得るのが,日本人投手がMLBで息長くやっていく最良の選択肢と信じていて,何とかそういうポストに定着できないか――と注目していたのですが.)

さて今季未勝利の岩隈は,打球をひざに受けた5/3LAA戦――受けた直後に降板したわけではありませんでした――の次の登板予定が延期されたと思ったら,肩の不調が伝えられてそのままDL入り(5/10に5/7付で); その後,何度か再発を繰り返しては復帰プログラムが白紙に戻され,現在に至っています.2015年オフにLADが獲得に二の足を踏んだフィジカル面の不安が表面化してしまった感じです.
(思えば渡米前年の2011年も,5月の交流戦が始まって早々のころに肩の不調で登録抹消になり,球宴明け後半に復帰しても最後まで本調子には戻らなかったことがありました.だからオフに海外FA権行使を表明して移籍を試みても――前年には旧制度のポスティング移籍が落札球団OAKとの交渉不調で破談になっていました――,あまり評価は高くなかったのですよね.)
30代後半に入った岩隈は「いつ終わっても不思議はない」年齢にさしかかっていますから,こういう事態もある程度は覚悟していました.現状ではいつ40人枠を外されても不思議はないし,さらに来季はメジャー契約の声はどこからもかからないでしょうから,日本球界復帰を含めた去就がどうなるか,今はそこがいちばん気になってます.残り30勝という日米通算200勝がかなうかどうかも微妙なところですし.

リリーフ陣ではなかなか調子が上がらなくて心配していた田澤が,7月に入って本来の安定感とともにベンチの信頼も取り戻してきたようで,とりあえず一安心.上原さんの健在ぶりはもう,(失礼ながら年齢を考えたら)何も言うことはありません.

野手陣では代打起用中心のイチローだけでなく,HOUに移籍した青木もレギュラーとは言い難い状況にあります.日米通算2000安打達成は前半戦のハイライトでしたが,岩隈や今季日本に復帰した川崎ムネリンと同学年の青木(早生まれのため実年齢はまだ1歳下の35歳)は,若く有望な外野手が豊富な強豪チームにあって,試合に出ることで伸び代や上積みを期待してもらえるわけではないベテランの立場.手腕ある指揮官なら,若手の出場機会を奪ってベテランを優先起用するはずもないのは明らかです.

それでも青木とマエケンは,チームのPS進出は固いでしょう.あとはダルビッシュが移籍先次第で可能性が出てくるか,というところでしょうか.とりあえずトレードデッドラインまでは,何かと気のもめる日々が続きそうです.

こんな記事も読みたい

JDマルティネスがDバックスへトレイド!KCにはビッグチャンス!絶対に残り連勝せねばならない!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

エスピノーザ戦力外【Halos In Another Sky】

フライボールレボリューション、超攻撃革命を起こすアストロズの戦略を読み解け! その1【MLB 戦いの原理を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconmukuchan19

上原浩治投手の巨人ルーキーイヤー以来のファン。オリオールズ、バック・ショウォルター監督も大好き。ボルチモア・オリオールズを熱くひっそり応援しています。アイコンは盛ってます(笑)
  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:3406166

(11月05日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「みんな知っているか、上原のすごさを」――米紙のフィーチャー記事2題
  2. 勝利を呼ぶハイタッチ:上原
  3. ナポリは「まぬけ」なんて言ってない。
  4. コウジ・ウエハラはGreat Hugger:フィーチャー記事リンク集【追記:おめでとうMVP!】
  5. 連日の史上初:クレイジー、クレイジーWS 【ビデオ追加】
  6. 第6戦を前に:またまた上原記事リンク集
  7. 上原、今季終了。チームは(またまた)大激震。
  8. 上原、バースデーセーブ+ライバルチーム監督たち、上原を語る
  9. 上原、連続アウト記録ストップも、注目はやまず。
  10. 上原、ボストンのハートをわしづかみ

月別アーカイブ

2017
07
04
2016
12
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
08
07
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

https://twitter.com/bumblebun

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss