Koji's Classroom

上原、カブスへ(記事紹介編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

さてこちらでは、今オフに出た上原のフィーチャー記事を2、3ご紹介しておきましょう。

まずはボストンとの再契約がなくなったあとに出た「レッドソックスでのコウジ・ウエハラを振り返る」という記事。 GIFなども貼られていますので、興味のある方はぜひぜひ元記事をごらんになってみてください。要約でお伝えします。( )内は、主にわたしの補足とツッコミ。

===================== リリーバーの球速が上昇傾向にあり、ブルペンから出てくる投手はだれもが95マイル(152キロ)以上を投げる時代。2007年以来、リリーバーの平均球速は91.4マイルから93マイル(約150キロ)まで上昇した。

そんななかで上原は、平均88マイル(今季はたぶんもう少し低いですが)でありながら、9回あたりの奪三振率は2016年に12.1、キャリア通算でも10.7。しかもめったに四球を出さずにそれをやりとげる。2013年から16年までの平均与四球率は、9回あたりわずか1.47だった。

したがって三振と四球の割合をしめすK/BBもボストンでの4年間通算で7.86。メジャーリーガー平均は5.5だ。 (数字、元記事が間違っていたので、ちょっと修正しています。それと、2013年までの通算K/BBは8.74だったのですが、2015年が5.22、16年が5.73だったので、少し数字が下がってしまいました。★それでも通算K/BB 7.91は、100イニング以上投げた投手のなかで依然として史上1位です!★)

球速こそ遅いが、上原のファストボールは打者にとっては常に驚異だった。PITCHf/x が導入されて以降、1000球以上投げたリリーフ投手のなかで、上原のファストボールは、空振り率が20位だ。上位50人のうち平均球速が90マイル以下なのは、上原だけである。→データ(実は3位に球速87.75のダレン・オデイが入ってます。この記事、ちょっと数字のミスが多い(^_^;;)

なぜこんなことが可能なのか。答えのひとつが、きわめてすぐれたな決め球スプリットの存在だろう。このスプリットの42%という空振り率は、PITCHf/x が導入されて以降の時期では、第4位。上原は常にファストボールとスプリットを組み合わせて、打者を手玉にとってきた。 ほとんど変化しない、糸を引くようなファストボールと、PITCHf/x導入後、タテ横の変化率第3位に位置する上原のスプリット。野球界でも最も打ちにくい球のひとつだ。しかもその2つをほとんど同じ割合で混ぜてくるので、打者は見極めるのが困難。 結果として2013年から16年までのPWARP(ベースボール・プロスペクタス考案の投手のWAR)で上原は5.99と、リリーフ投手全体の10位にランクインした。 =================

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
上原浩治
タグ:
シカゴ・カブス
上原浩治

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

上原、カブスへ(記事紹介編)

lineupさん、ありがとうございます!

いや~、シーズン終盤をほったらかしまして……(^_^;; 記事に言い分けを書きたい気分もあったのですが、そうするとスポナビ+のMLBトップでの紹介文が見苦しくなるのであえて省きました(笑)

じつは、上原の今オフについては、必ずどこかあるだろうとさほど心配してはいなくて(むしろアリゾナのスプリングトレーニングのほうが心配。テキサス時代いつも乾燥に負けて調子悪かったんですよね~)あと、上原が現役を終了してもやっぱりKoji's Classroomのまま続けようとは思っています。(上原がメジャーに来なかったらこんなに知ることもなかったので、そういう意味のClassroom)

ただ今季終盤はBOSとオリオールズが直接優勝争いをしていたのがけっこうきつくて、しかもやっとプレーオフに出たと思ったらあれだったので(笑)心折れてました(^-^;; そういう意味では年も感じたり。心弱くなったわ~。前はもうちょっと平気だったのにな。

ブログのスタイルもこんなにリンクを貼ったりツイートを貼ったりしなければもう少し楽にかけるんじゃないかと思うのですが、今回久しぶりに書いてみて、やっぱりどうしてもこうなっちゃうということがよくわかりました(笑)。なので、来年もぽつりぽつりの更新になるかなあと。ツイッターではうるさいくらいつぶやいてますので、どうなってんねんと思われたら、たまに様子を見に来ていただければと。

日本人先発投手たち、そうでしたね! ほんと、今季最後はみなちょっと不本意な形で終わってました。おっしゃるように、オプトアウト含め今季は多くの選手たちが転機を迎えるかもしれません。まーくんもさ~、カブスに行ってればさ~……。まあ、日本人にとって「名門」というとまだNYY、ボストン、ドジャースなのかもしれませんが。大谷君にはNYYとボストンだけは避けていただきたい(わがまま)。

WBCはどうなるでしょうかね。田澤はもし呼べるならぜひ呼んでほしいなあ。もう田澤ルールがどうのといっている時期じゃないでしょう。上原さんは、本人はずいぶん前向きですよね。わたしはちょっと心配してるのですが(^-^;; でも出ることに決まれば応援します。(でもその場合、日本まで来るんですよね。そうなったらぜったい行くけど移動距離大変だな~。)

あとはオランダが楽しみ(笑)(オランダ好きw)

上原、カブスへ(記事紹介編)

遅ればせながら,上原投手,CHC入団決定おめでとうございます!

オフに入ってからは,上原投手の去就が確定するまで,更新なさる気にはなられないんだろうな,とお察ししておりました.(CHCと「合意」が報じられた時点でも,それこそ昨季の岩隈の例もあることだし…と.)

とりあえず上原投手がAL-Eを去って,悩ましい日々に終止符が打たれたのは,何よりのことだったのではないでしょうか.今度は初めてのNLですし,地区もCentralだし.

BOSで上原投手とチームメイトだった田澤,それにジーグラーの両投手もMIAへの移籍が決まりました.MIAは上原投手へも関心と報じられていましたが,もしかしてCHCよりも好条件でオファーしたというチーム(あるいは,少なくともその1つ)はMIAではなかったでしょうか.しかし上原投手の条件は「勝てるチーム」で,…エースだったホゼ・フェルナンデスをあんな形で失った痛手のいえないMIAは,残念ながらその条件には見合わなかった.そんなことではなかったのかな,などと想像しています.

TBSは,CHCと契約手続きのため渡米した上原投手に,現地でインタビューしたようですね.ラジオの放送は私は聞いてないのですが,もしかしたら現地で収録されたものだったかも? (当時マドン監督が指揮していたTBと対戦して,1度この監督のもとでやってみたいと思っていた,とか.)
12/18夜(日付は12/19)にはやはりTBSのエスワンに生出演して,WBC出場についてもかなり前向きのコメントをしてました(「小久保監督に連絡します」とか)ので,脈はあるかな,と期待できそうに感じました.田澤投手も今回は候補リストに入っているようで,本人も「正式にオファーがあれば」と乗り気のようです.何と言っても現在の侍ジャパンは,リリーフ陣の人材払底が深刻ですから…

実はシーズン終了後,上原投手が「メジャー契約のオファーがなければ引退する」と明言していたことで,もしかして上原投手が本当に引退してしまったら,Koji's Classroom も終了してしまうのかな?と心配していた部分もあったんです.これで来季も継続決定ということで一安心,またよろしくお願いできれば,と考えている次第です.

シーズン終了からずいぶん間が空いてしまいましたが,実はダル&クマ含めた日本人先発投手陣,2016年ラスト登板はそろいもそろって不本意な出来だったんですよね.NYYマー君(12/18夜のNHKサンデースポーツに生出演してました)は9/21TB戦,野球人生初という1試合&1イニング4被弾で6回4失点,大量点に守られ14勝めも防御率は3点台に悪化しトップから転落すると,その後は登板回避などもあり,チームのPS進出がなくなったことで,結局これがシーズン最終登板に; 目標としていた200イニングにも「あと1死」の199回2/3で終了という,何とも消化不良な結果に終わってしまいました.

SEA岩隈は2枚めのWCを争う終盤の激戦の中,チームが残り2試合に1敗したら敗退決定という大一番のOAK戦(10/1)に先発しましたが,4回途中5失点の炎上で涙のKO降板; チームはその後,驚異的な粘りで同点に追いつき岩隈の負けは消えたものの,9回裏二死満塁から青木がヒーローになりそこなうと,延長戦で力尽き,最終戦を残してPS消滅が決定.岩隈自身も,この日の登板で試合をつくることができれば届くはずだった200イニングに1イニング及ばず,MLB移籍後初めて防御率4点台でのシーズン終了となりました.

一方,AL最高勝率でPS進出したTEXダルビッシュは,チームが地区優勝決定後2試合の登板で好調を維持し,満を持してTORとのALDS第2戦(10/6)に先発しましたが,これまた(マー君と同様)野球人生初の1イニング3発含む1試合4HRを浴び,5回5失点で敗戦投手.チームにとって,第1戦ハメルズに続く左右の2枚看板で落とした連敗は何とも致命的で,WCGから勝ち上がったTORにまさかの3連敗でスイープを許し,圧倒的優位の下馬評とは裏腹にDSであっさり敗退,WS初制覇の悲願にはまたも届きませんでした.

RSでルーキーイヤー16勝をあげたLADマエケンは,PSに3度の先発機会を得ましたが,いずれも5回を投げきることなく降板し勝利ならず; 最終登板となったCHCとのALCS第5戦(10/20)では4回途中,走者2人を背負って(左打ちとはいえ)投手レスターを打席に迎えた場面でまさかの交代指令という,屈辱的な結果に終わりました.

2016年は岩隈とチームメイトだった青木の移籍先HOUは,岩隈のSEA・ダルビッシュのTEXと同じAL-Westですが,キャンプ地はNL-Central時代から変わらず,西地区チームで唯一フロリダなんですよね(上原投手のCHCはNL-Centralですがアリゾナだったかと).これで去就未定の日本人選手は川崎ムネリンだけとなりました.日本に戻ってホークス復帰も濃厚と言われますが,はたして決断は?

2017年で契約の切れるダルビッシュに対し,TEXは長期の再契約を交渉する意向と伝えられていますが,ダルビッシュ側は例のオプトアウト条項の件からもTEXに骨を埋めるつもりは元よりなく,大都市あるいは投手有利の球場のチームへ移籍を希望していると思われます.再契約交渉が不調に終われば,同じく2017年終了後のオプトアウト条項のあるマー君ともども,シーズン中にトレードとなる可能性も取りざたされているようです.

それから今年,日米通算200勝を達成した黒田が引退したことで,次に200勝にいちばん近いのは岩隈――という指摘がありました(今季終了時点で通算170勝).2017年は条件を満たして自動延長となりましたが,4月早々36歳という年齢もあり,故障での長期離脱とか,不調に陥ってローテを外れ,シーズン途中に戦力外となるリスクも少なくありません.そうなった場合,いかに短いブランクで日本球界に復帰できるかが,200勝到達の成否のカギを握るのではないか; もし米球界への未練から,長くマイナーでプレーを続けるようだと無理だろうな――などと考えております.(かくもファンというものは,気をもむ種が尽きないものなのですね.)

こんな記事も読みたい

上原、カブスへ(時系列編)【Koji's Classroom】

カブスのエプスタイン、K/BB歴代1位の上原を獲得する【MLB 戦いの原理を求めて】

8年連続で最優秀監督賞ポイントを獲得しているジラルディは、もっと評価されるべきである【MLB 戦いの原理を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconmukuchan19

上原浩治投手の巨人ルーキーイヤー以来のファン。オリオールズ、バック・ショウォルター監督も大好き。ボルチモア・オリオールズを熱くひっそり応援しています。アイコンは盛ってます(笑)
  • 昨日のページビュー:67
  • 累計のページビュー:3395960

(05月17日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「みんな知っているか、上原のすごさを」――米紙のフィーチャー記事2題
  2. 勝利を呼ぶハイタッチ:上原
  3. ナポリは「まぬけ」なんて言ってない。
  4. コウジ・ウエハラはGreat Hugger:フィーチャー記事リンク集【追記:おめでとうMVP!】
  5. 連日の史上初:クレイジー、クレイジーWS 【ビデオ追加】
  6. 第6戦を前に:またまた上原記事リンク集
  7. 上原、今季終了。チームは(またまた)大激震。
  8. 上原、バースデーセーブ+ライバルチーム監督たち、上原を語る
  9. 上原、連続アウト記録ストップも、注目はやまず。
  10. 上原、ボストンのハートをわしづかみ

月別アーカイブ

2017
04
2016
12
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
08
07
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

https://twitter.com/bumblebun

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss