Koji's Classroom

シカゴ・カブスの上原浩治投手と、ボルチモア・オリオールズの応援ブログ。

mukuchan19

関連サイト:Twitter

上原浩治投手の巨人ルーキーイヤー以来のファン。オリオールズ、バック・ショウォルター監督も大好き。ボルチモア・オリオールズを熱くひっそり応援しています。アイコンは盛ってます(笑) もっと見る
  • 昨日のページビュー:651
  • 累計のページビュー:3402892
  • (07月23日現在)

最新の記事

カムデンヤーズ聖地巡礼

たいへんご無沙汰いたしました。 仕事まわりのあれやこれやがめっちゃ忙しく、そうこうするうちに4月絶好調だったオリオールズは急降下。なんかねー、うっすらと予感はあったのですよ。4月に勝ちまくっていたころ、すごくうれしいけどなんで勝ってるんだろう?……と、実感がなかったので。果たせるかな、5月、6月と、懸念されていた先発陣が崩壊し、それに引きずられるようにして野手陣も点がとれなくなり……という悪循環に......続きを読む»

オリオールズの2017年が開幕

4月3日(月:現地)オリオールズの2017年シーズンが、本拠地カムデンヤーズで幕をあけました。 A sight that never gets old: The national anthem at Camden Yards on #OpeningDay. #Orioles #BlueJays pic.twitter.com/9ytzm7yOAX— Eduardo A. Encina ......続きを読む»

上原、カブスへ(記事紹介編)

さてこちらでは、今オフに出た上原のフィーチャー記事を2、3ご紹介しておきましょう。 まずはボストンとの再契約がなくなったあとに出た「レッドソックスでのコウジ・ウエハラを振り返る」という記事。 GIFなども貼られていますので、興味のある方はぜひぜひ元記事をごらんになってみてください。要約でお伝えします。( )内は、主にわたしの補足とツッコミ。 ===================== リリーバー......続きを読む»

上原、カブスへ(時系列編)

.@Cubs sign RHP Koji Uehara to 1-year contract. #HotStove pic.twitter.com/gkxkvzyhG0— MLBRosterMoves (@MLBRosterMoves) 2016年12月14日 1週間ほど前から報道が出ていた上原のカブス入りが正式決定しました。 いや~、よかったよかった。年内に決まったのもよかったし、......続きを読む»

O's:地味なトレードのおさらい

今年もトレードデッドラインが去っていきました。 「ドッグデイズ~」のエントリで、先発投手の補強について、「6回投げられる選手だったら、誰でも今よりよくなるんで。クオリティスタートなんてぜいたくなことはいいません。6回4失点でいいです」と書きましたが、そのとおりの選手がやってきました。うん(笑)。その前のオンドルセクの獲得などもあわせ、オリオールズの補強をざっとおさらいしておきます。 ◎7月29日(......続きを読む»

上原、今季中の復帰をめざして。

「クローザー、アゲイン」の記事を投稿したのが7月12日。その後15、16、19日と三回登板していずれも無失点。2セーブをあげて、やっぱり上原は最後が似合うよねと思っていたのですが、19日のサンフランシスコジャイアンツ戦で、右の胸筋に軽い肉離れを起こし、無念のDL入りとなってしまいました。 今回の箇所はどこなのか、正確にはわかりませんが、初めての箇所とのこと。 部位はちがいますが、2012年テキサス......続きを読む»

O's: ドッグデイズのドッグファイトをどう乗り切る【追記あり】

オールスターがあっという間に終わってしまいました。 今季、オリオールズからは、マチャド(ファン投票)、トランボ、ウィーターズ、ブラック、ブリトンと5人が出場。出場選手は、2012年からの5年間で20人となり、これはカージナルスの23人についでメジャー2位だとのこと。わたしが見はじめた2009年から11年までは1人ずつでしたからねえ……。2010年など、唯一選出のタイ・ウィギントンが、守備から試合に入......続きを読む»

クローザー、アゲイン

シーズン当初、上原は、「またクローザーの座をとりかえすつもりで投げる」という意味のことをたしかに口にしていました。 けれども、シーズンが始まると、それどころではないくらいに、とにかく目の前の1試合1試合を切り抜けるので精一杯。昨年の倍以上のペースでHRを打たれ、防御率も屈辱の4点台。そんななかで、驚きのクローザー復帰とあいなりました。 ちょっと時系列をおさらいしておきます。 7月8日(金)ホーム......続きを読む»

O's: ロケットスタート(?)のあと必死に貯金を守る

開幕から1か月たちました。 オープン戦で開幕10連敗をやったあと、レギュラーシーズンに入ると驚きの開幕7連勝。じつはショウォルター監督は安定感を旨とする監督なので、オリオールズの監督に就任してからさほど大連勝はなく、この7連勝が最長。 ふだんあまりやらないことをやったので、このあと大連敗なんかしないといいなあと思っていましたが、4月13日に初黒星がついてからは、しっかり通常運転に(笑)。11勝12敗......続きを読む»

オリオールズ&コウジ、無事に開幕

フリーランスワーカーのかなしさで、ずーっと書かないかと思うと、いきなりうるさいほどエントリをあげてますが、どうぞご容赦を(笑)。 メジャーリーグ2016が開幕し、オリオールズも上原浩治も幸先のよいスタートを切りました。 まずはオリオールズ。 4/4 @カムデンヤーズ vsツインズ 3X - 2 ○ 勝:ブリトン Running down the Orange Carpet, a cheris......続きを読む»

オリオールズ2016年開幕ロースター

はー、やっとここまでたどり着きました(笑)。今日、開幕を迎えたチームもありますが、オリオールズは明日、4月4日開幕。 現地3日の夜12時をもってようやくロスターが確定したので、それを記しておきましょう。 まずはこちらを。 With #OpeningDay rosters set, here are all the Top 30 prospects starting the year in #ML......続きを読む»

O's:後半戦持ち直し12勝15敗&キムのこと

オリオールズ、前回のエントリのあと3月10日にNYYとひきわけ、翌11日に負けてオープン戦開幕連敗を10まで伸ばしました。しかし12日のフィリーズ戦で初勝利をあげると、後半はぐんぐん持ち直して結局12勝15敗5分け。オープン戦の勝敗はあまり関係ないといいつつも、そこそこ形になってよかったです(笑)。 連敗中と1勝後の成績をかんたんに見てみましょう。 3/1-3/11 0勝10敗2分け 得点39 ......続きを読む»

O's: オープン戦10戦、0勝9敗1分け(^^;;

オープン戦の成績って、シーズンにどれくらい反映されるものなのでしょう。 オープン戦だけ見てたら優勝! という勢いだったのが、開幕したらさっぱりというのはよく見るし、打ちまくっていた人がさっぱりというのもよく見かけます。オリオールズでも2011年のスプリングトレーニングに、捕手のジェイク・フォックスが10本塁打と打ちまくって開幕メジャーを勝ち取ったものの、シーズンに入ったらぱったり止まって(27試合で......続きを読む»

クリス・デイヴィスと再契約

おたがい、ほかに選択肢はないでしょう、とだれもが思っていたのになかなか進展しなかったクリス・デイヴィスとの交渉がついにまとまり、オリオールズはとうとう清水の舞台から飛び降りてしまいました(笑)。 .@Orioles, @CrushD19 reportedly agree to 7-year, $161 million deal. Club has not confirmed. https://t.......続きを読む»

『コア・フォー ニューヨークヤンキース黄金時代、伝説の四人』

わたしにとって初の、野球ものの翻訳書が出ましたので、きょうはそれをご紹介します。 『コア・フォー ニューヨークヤンキース黄金時代、伝説の四人』(フィル・ペペ著 作品社)  人々は、待ちわびていた。  若き救世主たちが登場するころ、名門の威信は地に落ちていた。  一九九〇年一月一日、二〇世紀最後の十年が幕をあけたとき、つねに誇り高く、はなはだ傲慢で、高飛車だったかつての強豪ニューヨークヤ......続きを読む»

オリオールズ、キム・ヒョンスと2年契約に合意など

12月7日にダレン・オデイとの合意が報じられてから、なかなか正式契約が来なかったので、まさか最後でひっくり返ったりしないよねと、わずかながらはらはらしていたのですが(なにせ一昨年のバルフォアの件がありましたから)、1週間後の14日にようやく正式発表がなされ、16日に記者会見も行われました。 Darren O'Day: "They wanted me back and I want......続きを読む»

ダレン・オデイ、O'sと大筋合意と報道も、本人は「契約はまだ」と慎重

今オフFAのなかでは最高のリリーバーで、オデイが決まらなければほかも決まらないと言われ、多くの球団から熱いラブコールを受けていたダレン・オデイが、オリオールズと大筋合意したと伝えられています。夫人がFOXテレビワシントン支局のレポーターをしていることもあって、西海岸へは行きたくないといわれ、最終的にはオリオールズとナショナルズの一騎打ちのような形になっていました。 そしてまず現地12/6(日)の朝......続きを読む»

マット・ウィーターズがクオリファイング・オファーを受諾

13日金曜日の午後5時(現地)は、クオリファイング・オファーを受けた選手がそれを受諾するかどうかを決めるデッドラインでした。 アストロズのコルビー・ラスマスがきのう早々と受諾を決めて、12年から始まったこの制度で初の受諾者になったのを皮切りに、今日、ドジャースのブレット・アンダーソンとオリオールズのマット・ウィーターズが受諾を表明しました。15.8Mil$の1年契約。ただし、このあとさらに交渉を重......続きを読む»

ボストン、キンブレルを獲得。上原はセットアッパーへ。

パリで大変な事件が起きて、昼ごろまでずっとCNNを見ていたのですが、地上波はみんなまったりと土曜日の番組をやっていて、パラレルワールドにいるような気分になりました。まあ、わたしも、ひまさえあれば野球を見ている人なので、えらそうなことは言えないんですけど。 そんななか、レッドソックスがトレードでクレイグ・キンブレルを獲得という驚きのニュースが。『Slugger』誌のツイートをどうぞ。 【大型トレー......続きを読む»

オフシーズン開幕:オリオールズからは6人がFA

2か月半もお留守にしてしまいました。 主に仕事のせいではあったのですが、やっぱりオリオールズの調子があがらないと、何が何でもというエネルギーがわいてこなかったのも事実。コンスタントにつづけるのって、ほんとにむずかしいことだなあというのが実感です。ここからまたほそぼそと再開したいと思いますので、おつきあいください。 さて、今季のオリオールズは上昇の気配を見せたかと思うとまたどん底に沈み、あわや4年ぶ......続きを読む»

上原、今季終了。チームは(またまた)大激震。

えー、わたしは、レッドソックスにかんしては、べつにチームのファンというわけではなく、だた上原さんを応援しているだけなのですが、例の2011年の大失速(このとき引導を渡したのはオリオールズ)以来、チームとして、よく言えばあまりにもダイナミック、ありていに言えばあまりにも浮き沈みがはげしく、「ええっ?」と驚くような動きの連続なので、なんだかんだ、レッドソックスにかんするフィーチャーストーリーは、つい読ん......続きを読む»

上原:ライナー直撃でMRI待ち→骨折判明 (>_<)

上原、8月7日のデトロイト・タイガース戦で、イアン・キンズラーのピッチャーライナーを右手首に当てて負傷しました。当たった瞬間の画像がこちら。 Koji's wrist, if you missed it https://t.co/rUmnsCL7OD— Sox Lunch (@Soxlunch) 2015, 8月 8 こちらもどうぞ。まず、音にびっくりします。それから、ボール......続きを読む»

O's、デッドラインでジェラルド・パーラを獲得

今年もトレードデッドラインが過ぎていきました。 わたしのなかでは、レッドソックスがたたき売りしまくった昨年2014年の印象が強かったので、今年は静かな立ちあがりかな、と思っていたら、とんでもない。昨年以上にど派手なトレードデッドラインでありました。 トロントね……トゥロとプライスとリビアと……いいんだ、もう。トレードマニアのトロントが派手に動くことには、だんだん慣れてきちゃった。13試合も残っている......続きを読む»

上原:トラウトと、100勝100セーブ と40歳での20セーブ。

いやな感じがするときは、なんとなくあたってしまうものです。 7月17日(金)の後半戦初戦、レッドソックスはウエイド・マイリーの(珍しい?)好投と、田澤のいつもながらの頼れるリリーフで、エンゼルスを8回まで0点に抑えこんでいました。しかし前半戦最後に勢いづいたかに見えた打線は沈黙。0-0のまま9回を迎えます。 レッドソックスにとってはアウェイのアナハイムだし、ここはオガンドあたりでつないで(実際、オガ......続きを読む»

O's: 前半戦終了。

Time flies. 毎日気をもみながら、オリオールズの試合はちゃんと見ているのですが、どうしても書きにこられずにいるうちに、なんとオールスターが終わっちまいました。ツイッターでうるさいほどつぶやきつつ必死に仕事をするうち、シーズンが半分終了……(>_<)  でもいいの。44勝44敗だもん。ここからがスタートよ。(ほんとか~?) ちなみに、ことしはジョーンズとマチャドぐらいかなと思......続きを読む»

ボルチモア、非常事態宣言【明日はメジャー初、無観客試合(-_-;;】

よくある「投壊で非常事態宣言」みたいな比喩ではなくて、ボルチモアで本物の非常事態宣言が発令されてしまいました。 ――いや、じつは投手陣のほうも非常事態宣言に近い状態ではあるのですが(汗)。なにせチームERAが5.04でリーグ最下位。ブルペンも点をとられてるし、先発をひっぱれないし、もうちょいなんとかしようよね……。 でも、そんなことすらささいなことに思えるような、ボルチモアの非常事態です。 きっか......続きを読む»

Koji vs O's 赤子の手をひねるキレキレのスプリット【追記:スコープDL】

開幕して10試合が経過しました。 今年は、仕事に加えて、2週間前から体調をくずしてDL入りしておりまして、なかなか記事が書けません。ようやく一昨日あたりから、1日パソコンの前に座って作業が再開できるようになったところです。やっぱり健康第一ですな。 そんなわけで、今回は、オリオールズエントリと上原エントリ合体版を。 まずはオリオールズの開幕ロスターから。 【先発投手】 クリス・ティルマン(2......続きを読む»

上原:久しぶりの招かれざる客、ハムストリング痛

投げるとき軸脚にかかる力を前に逃がすようなフォームに変えてから、しばらくハムストリング痛のなかった上原。ところが3月17日の試合前のランニング中、ひさびさに左脚のハムをいためてしまいました(オフィシャルサイト、ブログ)。 さいわい、それほど重症ではないといわれていますし、投球動作中ではなくランニング中だったことも、よかったかもしれません。(OBの解説者の方たちの話によれば、投球動作中だと、同じ動......続きを読む»

O's:あとは打線待ち

いくらオープン戦の勝率は関係ないとはいえ、4勝11敗ってのはちょっとね……(^_^;; 今日、ひさびさに勝ったオリオールズです。(しかも16対4とか。もう少し均等に配分しようか?) ただ、投手陣はみなそれぞれ仕事をしていて、今のところ心配なのはヒメちゃんとバド・ノリスぐらいなので、あとは打線待ちというところ。 そんななか、今日はアウェイのフィリーズ戦に「もっと打席に立ちたい」と志願して遠征したク......続きを読む»

O's:まもなくオープン戦

今オフは地味な動きに終始したオリオールズ。 予想どおり、各種メディアで2015年のアリーグ東地区最下位に予想されています。 もう、ね、望むところ、というべきか。わたしは2012年のピタゴラスイッチ――じゃなくてなんだったっけ、ピタゴラス勝率?――オリオールズの勝敗結果が予測数値にあてはまらないから、オリオールズのほうがおかしい(運がよかっただけ。要するにまぐれ)という、その論理にぶっ飛んで以来、どう......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 15 16

このブログの記事ランキング

  1. 「みんな知っているか、上原のすごさを」――米紙のフィーチャー記事2題
  2. 勝利を呼ぶハイタッチ:上原
  3. ナポリは「まぬけ」なんて言ってない。
  4. コウジ・ウエハラはGreat Hugger:フィーチャー記事リンク集【追記:おめでとうMVP!】
  5. 連日の史上初:クレイジー、クレイジーWS 【ビデオ追加】
  6. 第6戦を前に:またまた上原記事リンク集
  7. 上原、今季終了。チームは(またまた)大激震。
  8. 上原、バースデーセーブ+ライバルチーム監督たち、上原を語る
  9. 上原、連続アウト記録ストップも、注目はやまず。
  10. 上原、ボストンのハートをわしづかみ

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
07
04
2016
12
08
07
05
04
03
01
2015
12
11
08
07
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss