孤独のプロ野球

北の大地で(タイシを抱け!)〜ジャイアンツ、大田・公文↔︎日ハム・吉川・石川の電撃トレードに感じたチーム事情とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝は何だか無性にブログを更新せねばという思いに駆り立てられていた。

CS終了後、(今年はオフも更新します!)と書いたはいいけど、ここ数日はめちゃくちゃ忙しかった。会社恒例のイベントに加え、夏場にサボっていた仕事のツケがここへ来て一気に回ってきた。ドラフト会議以降、あちこちから仕事の進捗具合を急かされて、もう死にそうな日々…。自業自得としか言い様がないのですが、そんな訳で疲れてブログを書く気力が起きませんでした。

ただ、今週あたりでそろそろ…という思いもあった。だが、待ちわびていたFA解禁日を過ぎても目立った動きもなく、これと言ったジャイアンツネタもない。強引に秋季キャンプネタで更新するか?と思った矢先、キタァァァ~!絶好のネタになるニュースが舞い込んできました。

ジャイアンツ、大田泰示と公文克彦が日本ハムへトレード!相手は2012年パ・リーグMVPの吉川光夫のビックネーム!?石川慎吾も付いて2対2で成立となりました。

う~ん、びっくりしましたねぇ。未来の巨人軍の中心選手に育って欲しい!と期待した大田が放出された…というより、日ハム・吉川が移籍してくる方が…ね。そんな訳で、いつものようにここんちの管理人が勝手に思った今回のトレードについて書いてみます。

【どちらかと言うと日ハムの思惑が強い?】

このニュースを見て真っ先に思ったことは(さすが日ハムやなぁ~)という球団経営の妙味を感じました。自分は日本ハムファイターズという球団を詳しく知っている訳ではないので、これから書くことに誤りがあったらゴメンなさい。ただ、大枠は外していない気もしますけどね。

このトレードされる選手を見て、プロ野球を知っている方ならまず思うのが(巨人、得してね?)という点。巨人サイドの大田と公文だが、はっきり言って一軍でコレという結果を残していない。大田は話題先行で他球団ファンでも知っている方が多いとは思うけど、成績を見るとMUGO・ん!?…色っぽいと工藤静香の名曲がループする感じ。公文に至っては入団4年目の今年になって、や~っと戦力になる?と期待できるようになったレベル。単純に考えれば、使いモノになるかどうかは日ハムさん次第!な選手。

一方、トレードで移籍してくる吉川は2012年はエース格じゃなかったっけ?それ以降、成績が伸び悩むも昨年は11勝を挙げ復調の兆し。今季は7勝止まりで日ハムの逆転優勝と日本一に大きく貢献とまでは行かないけど、立派な戦力だったはず。もう1人の野手・石川も高卒5年目で将来を期待されていた右の大砲候補…だったはず。ただ、失礼ながら石川は実績だけ比べると大田と公文に釣り合う気がします。でも日ハムさん、吉川は気前が良すぎないかなぁ。どんな理由があるにせよ、2012年の活躍以降はどう考えても一軍の戦力としてカウントされるレベルの選手。それをどうしてリリースしたのでしょうかね。

1番の理由はお金=年棒だと思います。日ハムさんは見事10年ぶりに日本一!いやぁ~、良い試合してましたね~。ただ、優勝しちゃうとそれだけ活躍した選手が多いはず。必然的に選手の年棒も上げなくちゃならない。リアル二刀流・大谷を筆頭に中田、西川、中島、有原…とかうる覚えの知識では書ききれない選手がその対象になるでしょう。そんな中、去年の活躍で年棒が9500万まで上がっちゃった吉川光夫の存在価値が微妙と判断されたのかなぁ。今年の成績は7勝6敗3セーブ防御率4.19という払った給料に対してコスパに合わない?微妙な内容。ただ、チームの優勝に全く貢献していない訳でもなく、チームは日本一になっちゃったから、大幅に減棒する理由もない。よってチームとしては吉川に対する評価は微減or現状維持が良いとこ。ただ、来季のチーム構成を考えると、先発ローテは大谷を中心に増井と有原、それから今季急成長を遂げた高梨と加藤、後は助っ人1,2人と若手の底上げで何とかなる算段が立つのでしょうね。そこまで吉川に固執する理由もなく、むしろコストカットの理由で放出も仕方ないという理由が強まった気がします。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2016公式戦
タグ:
公文克彦
石川慎吾
吉川光夫
大田泰示

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「北の大地で(タイシを抱け!)〜ジャイアンツ、大田・公文↔︎日ハム・吉川・石川の電撃トレードに感じたチーム事情とは?」へのコメント

yoming-aiさん

返信遅くなり申し訳ありませんでした。

いやぁ〜、このトレードはビックリしましたね。ついに大田を放出したか!が巨人ファンの見方ですが、他球団ファンからすれば(ハムの吉川がトレード?)のインパクトが強いはず。まぁ、釣り合いは取れていないような気がします。

ただ、仰る通り、吉川も2012年以外は内容は良くないようですね。年齢的には坂本世代で30歳手前、まだまだやれる気がしますが、日ハムサイドは(これ以上の伸びしろなし)と判断したのかも?非常にシビアな球団ですね。それを考えると、トレードされる大田と公文は来季結果が出ないとエラい目に合いそう。とにかく頑張って欲しいものです。

大田に毎年期待しちゃうのは、あの恵まれた体格がそうさせるのかな?と思います。そして公文は来年は戦力になる?という矢先だっただけに残念ですが、日ハムで覚醒することを願っています。

FA選手の動向に注目していましたが、こんなトレードがあるとは...。巨人も必死にチーム編成を考えていることが分かったので良かったです。ただ、これが正しいかは来年にならないと分からないですけどね(苦笑)。

コメントありがとうございました!

「北の大地で(タイシを抱け!)〜ジャイアンツ、大田・公文↔︎日ハム・吉川・石川の電撃トレードに感じたチーム事情とは?」へのコメント

piraさん

返信遅くなり申し訳ありませんでした。

自分も正直、驚きました。そして(残念だなぁ)とも思いましたが、ちょっとトレードでセンチになり過ぎるのもどうかな?と思い、割とあっさりした内容に仕上げしまいました(苦笑)。FAの人的保障で出て行ってしまう感じとはかなり違うかなぁ。球団間で望まれないと成立しないのがトレード。大田と公文は奮起して、日ハムでポジションを確立して欲しい。そんなエールを送った方が良いかな?と自分は思いました。

トレード成立の背景については、勝手に書いてみました(笑)。参考ネタとして世間話に使ってみて下さい。

そういえば、応援歌でも(タイシを抱け!)と歌ってましたね。その後に(切り開け)...って、何だか彼の未来を暗示していたのかな?と思っています。

コメントありがとうございました!

「北の大地で(タイシを抱け!)〜ジャイアンツ、大田・公文↔︎日ハム・吉川・石川の電撃トレードに感じたチーム事情とは?」へのコメント

hidemetさん

返信遅くなり申し訳ありませんでした。

大田がトレード...ついに来た感じですね。頂いたコメントに同感で、環境を変えて才能が開花すればと願っています。日本ハムが戦力として見てくれているのなら、今の巨人にいるよりチャンスは貰えるはず。栗山監督の目に止まれば、我慢強く使ってくれるかも?

ただ、FA選手の動向絡みで成立したトレードとも言えそうですね。陽が残留したら大田は何しに日ハムへ?目が離せない数日になりそう。

またFA選手の獲得については、ある程度仕方ないかなぁと思っています。勝ちながら育成する上でも戦力補強は必要かと思います。それと、ドラフトも決して上手く行った訳ではないので。トレードで良い先発左腕を獲得できたので、少なくても森福あたりは獲得したいですね。ただ、これもFA資格選手が宣言しないと始まらないので、動向をチェックしたいと思います。

コメントありがとうございました!

北の大地で(タイシを抱け!)〜ジャイアンツ、大田・公文↔︎日ハム・吉川・石川の電撃トレードに感じたチーム事情とは?

こんにちは。

いやー、ビッグニュースが飛び込んできましたね。私が確認した時のニュース欄は
「『クビになりそう』 野党が拒否」
「G大田とハム吉川らトレード」
という感じだったのでなんで野党はこんな野球ネタで騒ぐんだ・・・なんて思ったのは第一報を入れてから40分後ぐらいだったわけで、とにかく大変だ大変だ大変だ、と。

吉川についてはどうやら数字が悪いようですね。ええっと、BAPIP?でしたっけ、あの数字が2012と2013以外悪いようです。私のような感覚派にはよくわかりませんが、そういった数字を重視する日ハムらしいっちゃらしいトレードですね。
一方で大田ですが、来年は.230 7本ぐらいを期待(?)していたので、どっかの元監督さんではありませんが「青天の霹靂」。これは管理人さんの記されていた通り陽の移籍を考えているのでしょうね。
思い起こすと毎回毎回裏切られると分かっていながら期待してしまう不思議な選手でした。

公文はあのやる気の無さそうな登場曲(偏見)で眠そうな目(偏見)でマウンドに上がりながら抑える姿が好きでした。来年もまた見たかっただけに、こちらは残念です。
石川についてはよく知りませんが、左キラーということで代打での出場は多そうです。今年は本当に右の代打、いやまあ左でも苦労したわけですが、ともかく苦労しましたので。そこからうまく行ってレギュラーを掴んでもらえればと思います。

いずれの四選手もチームに貢献してもらえればこれに勝ることはありません。巨人の育成は下手だどうこう言われそうですが、環境が変わって活躍してもらえれば選手にとってはいい方向なわけですから。

こんな記事も読みたい

達川ヘッドコーチに期待する【南の島からホークスを応援する】

ヤクルトに主砲候補の新外国人加入が明らかに【横浜発!カズ大橋のプロ野球放談】

平田は中日で仕事を果たせ!【横浜発!カズ大橋のプロ野球放談】

大田よ大志を抱き 切り拓け!【巨人 蹴球 Deportes】

16.11.2 衝撃のトレード【巨人を見る】

そして僕らは、大田泰示を失った【NO NAME】

【巨人2016】ストレートランキング(先発編) 3/3【つかこじプロ野球雑談録】

* ジャイアンツと日ハムのトレード。 【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ブロガープロフィール

profile-iconmrorange

このブログのテーマは、

『感情をむき出しにするつかの間の自由を
求め、誰にも邪魔されず、気を使わず
孤独にプロ野球を楽しむ。』

基本、一人気ままにプロ野球
(主にジャイアンツ戦)を楽しむ
筆者の日常を交えながら展開するブログ。
東京ドームを中心に、ビジター球場・
スポーツバー・ネット&自宅TVなど
様々な環境で観戦。
バリバリの文系出身。
野球を語るのはおこがましいと思いつつ、
ド素人なりの戦評&雑感を展開。

勝てば喜び、負ければ凹む。
感情の赴くままに書いているため、
もともと低い記事のクオリティーに
安定性がないことをご了承ください。
(向上させる意思だけはあります。)

好きなスポーツ

・野球
・サッカー
・F1
・フィギアスケート
・マラソン&駅伝

*上記以外のスポーツも観ますが、
格闘技は専門外。









  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7034597

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【シーズンオフ】巨人プロテクトリストと狙われそうな選手→やっぱり...書いておきます
  2. 2016年度版・ジャイアンツ、来季契約を結ばない選手リスト第1弾!?でわかる問題点とは?
  3. 【巨人vs広島 第22回戦】東京ドームが真っ赤に染まった日~ジャイアンツ、コイに胴上げを許す!目を疑う光景多数の現地リポート!!
  4. 【2016年・巨人ドラフト】ジャイアンツ、外れの外れ1位で(吉川尚輝)を指名!機転を利かした判断に微かな希望を感じた!?
  5. 【2017巨人ドラフト】なぜ?2位と3位に社会人捕手を指名!?勝手に考える、その狙いとは?
  6. 2015年ジャイアンツ【来季契約を結ばない選手】リストを発表!寂しいなぁ。
  7. 北の大地で(タイシを抱け!)〜ジャイアンツ、大田・公文↔︎日ハム・吉川・石川の電撃トレードに感じたチーム事情とは?
  8. 【ソフトバンクvs巨人 第3回戦】途方に暮れる実力差~ジャイアンツ、鷹にあっさり3タテ!この差をどう埋めるか?真剣に考えろ!!
  9. 【巨人vs中日 第21戦】坂本もマジギレ!?久保の3連続押し出し,セドン調整不足...。守れなければ勝てないジャイアンツ。
  10. 【孤独のドラフト情報】中継ぎ補強におすすめ?ジャイアンツ、2016年ドラフトで欲しい!?勝手に思う2人の投手とは?

月別アーカイブ

2018
01
2017
10
09
08
07
06
05
04
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss