東京ドームに計画停電を!

ロシアW杯で隠れ死の組(グループH)に入った日本代表の展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年12月に、W杯の組み合わせが決まった直後、勢い余って日本代表に関するブログ記事を書いてしまったのですが、朝、眼が覚めて落ち着いて考えたら、恥ずかしくなり、記事を消しました。

最初、日本代表はいいグループに入ったと思ったんですよね。 対戦相手が、コロンビア・セネガル・ポーランド。 チームスタイルから見て、ハリルジャパンの戦術と比較的相性の良い相手ばかりだったからです。

ですが。 良く考えると、いくら相性が良くても、実力差があると、ふつうに負ける(ことが多い)。

例えば、ロンドン五輪の準決勝、日本代表 vs メキシコ代表の試合がそうでした。 日本はショートカウンター、メキシコはポゼッションだったので、相性から言うと、日本の方が有利。 ですが、メキシコは実力で日本を抑え込んで勝ちました。 メキシコは、さらに決勝でもブラジルを破り、金メダルを獲得しましたね。

深夜に勢いにかまけて記事を書いてしまったので、そういうところまで考えが及ばなかったです。 アホですね。。。

で、落ち着いて考えてみると。 このグループHというのは、相当やっかいなグループだな、と思い直しました。 グループFは死の組と言っていいのでしょうが、実は、グループHもその次くらいに厳しいグループなのかもしれない。 スペインやドイツ、フランス、ブラジル、アルゼンチンといった有名な国はいませんが、選手を見てみると、ちょっとこれは、、、みたいな選手が目白押し。 特に、セネガルはヤバいですね。

WG:マネ(リバプール)、ケイタ・バルデ(ASモナコ) CB :クリバリ(ナポリ)

うげ、、、今季の欧州でも、特に要注意の選手が集まってるじゃないですか。。。

私は、レヴァンドフスキよりもマネの方が嫌です。 マネは、技術はさほどでもないですが、縦にも速いし、クイックネスも相当高い。 さらに、ボールを奪う力と決定力を両立しています。 その上、多少、アバウトなボールを自分のものにできる体幹があります。 クイックネスとスピードとパワーを兼ね備えている。 そのため、あまり周りに影響されず、自分のベストパフォーマンスが出せる。 それが、マネの怖さです。

あとは、クリバリが本当にやっかいですね。 クリバリは、私が応援してるアーセナルにずっと欲しいと思ってるCBで、いま、欧州で5本の指に入るCBだと思います。 クリバリがいる以上、大迫がボールを収めることは、相当難しいでしょう。 大迫を囮にしてカウンターを行うといった戦術的な工夫が、ハリルジャパンには必要です。

セネガルは、基本、ロングカウンターのチームなので、ハリルジャパンが前プレを掛けると危険です。 ハリルジャパンの良いところは、引いてロングカウンター/前プレからのショートカウンター、の両方の戦術を使い分けられるところで、セネガル相手に無謀なショートカウンターを仕掛けることはないと思いますが、組織戦術的には上手く対応できても、個でクリバリを破れるか、マネとケイタ・バルデの個を抑えられるか。 個の力を組織で凌駕できるかは、かなり心もとない。 セネガルは、相当、危険な相手だと思います。

一方で、ポーランドは、比較的やりやすい相手だと思います。 マスコミ記事によっては、ポーランドはポゼッションとカウンターを使い分ける、みたいな報道をしているところもありますが、私の知っている範囲では、基本的にはポゼッションサッカーです。 昨年11月のメキシコとの親善試合でもポゼッションしてましたし、ユーロ2016準々決勝のポルトガル相手にもポゼッションをしていました。 ポゼッションが得意なメキシコ相手にボールポゼッションを取りに行くくらいですから(しかも、ポゼッション率で勝ってました)、ポゼッションが基本スタイルであることは間違いないと思います。 もちろん、まれに守備重視のカウンター戦術を取ることもあります(ユーロ2016のスイス戦等)。 ですから、マスコミ記事は必ずしも間違ってはいませんが、ポゼッションかカウンターかは対戦相手のタイプによるわけで、少なくとも日本相手にはポゼッションで来ると思います。 そうすると、ハリルジャパンの前プレ&ショートカウンター戦術が効果的でしょう。 レヴァンドフスキにボールが入る前にボールを奪ってしまえば、ポーランドのチャンスは激減します。 仮に、アバウトなロングボールを放り込まれても、吉田麻也と槙野(もしくは昌子)のCBコンビ+GK川島 or 中村であれば、レヴァを抑え込むことはできると思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

引っ越しのお知らせとか【サッカーを楽しく観よう】

補足:サッカー日本代表への“最終提案”4つのキーワードに関して ~ “チーム作り”ということを忘れてはならない ~【Memories of the game】

サッカー日本代表への“最終提案”と、ハリルホジッチへの要望 ~ スポナビブログ編・最終章 ~【Memories of the game】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:1542
  • 累計のページビュー:7163113

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss