東京ドームに計画停電を!

アーセナル、頑張ったんだけどな・・・アーセナル×マンU

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームでのマンU戦。 アーセナルはとても良かったし、集中していたし、頑張っていました。 ですが、それ以上にマンチェスターユナイテッドが強かった。 さすがはモウリーニョ、と言うべきか。 サンチェスとラカゼットとエジルがあんなにキレが良くて、ラムジーも頑張っていたのに、、、、 前半11分までにショートカウンターで取られた2点が痛かったです。 コシールニーのミスとムスタフィのミス。 ですが、そのミスを誘発させたのはマンUの前プレです。 カウンター得意のリヴァプール相手には、アウェイで最初から引いたモウリーニョですが、パスをつなぐアーセナル相手には、アウェイでも前プレ仕掛けてショートカウンターを狙うモウリーニョ。 戦術自由自在かよ。 本当に嫌な監督です。

さらに言うなら、誘発したミスをきっちりと得点に結びつけたパフォーマンスには脱帽しました。 2点とも、そんな簡単なゴールでは無かったと思います。

この試合のMOMは、個人的にも一般的にもマンUのGKデ・ヘア。 アーセナルは、雨あられと厳しいシュートを打ちましたが、それをことごとくシャットアウト。 本当に凄かったです。

それから、ジェシー・リンガードも相当良かったです。 豊富な運動量を生かして、前プレでもカウンター攻撃でも、素晴らしい存在感を発揮しました。 2失点目は、リンガードの前プレがムスタフィのミスを誘発しました。 あれだけ守備に走った上で、攻撃でも活躍するとは、、、 パク・チソンを思い出しました。

リンガードは、マンU生え抜きの良い選手ですが、最近はラッシュフォードとマルシャルの影にいて、ビッグマッチでの先発はほぼ無かったはずなのに、ここでアーセナル相手に先発させるとは。 モウリーニョ采配、ズバリってやつでしょうか。

アーセナルは、試合終盤、ウェルベックがファウルを受けて、本来はPKだったものを審判に見逃されましたが、1-3という2点差負けでは、PK誤審を負けた理由にはできません。

この試合で、一番驚いたのが、前半29分のエジルのFKでした。 ペナそばの真ん中より少し右からのFK。 大チャンス。 サンチェスかエジルのどちらが蹴るか分からないようにして、最後はエジルが蹴ったわけですが、エジルが蹴る直前にヤングが“壁”から離れて、後ろに猛ダッシュ。 エジルは、左足で巻いて落ちるFKを蹴ったところ、ボールの落ちる際にヤングのダッシュがピタリと合い、そのままヘディングでクリア。

え? なに、いまの。 エジルのFKが、そこに来るのが分かってるようなヤングの動きだったぞ。 あんなFKの止め方あるん? モウリーニョは、いったい、どういうスカウティングをしたんだ??? とんでもねぇ、、、、

守備マニアの私でも、あんな守備は見たことがありません。 ヤングのあの守備がなかったら、エジルのFKは間違いなく入っていました。 恐るべきモウリーニョ。

とは言え、アーセナルも良いところは、たくさんありました。 前半31分。 エジル→サンチェス→コラシナツ→サンチェスというパス交換から、サンチェスがスペースを突いて、左サイドを突破。 グラウンダーのクロス(なんと右足クロス!)は、相手DFに当たって方向が変わりますが、左斜め前に走り込んだラカゼットがボールを拾います。 そのまま、右足に持ち替えて、細かいステップでゴール前を横切ります。 GKデ・ヘアはその反応に足が付いていかず、転倒。 よし、チャンスだ、シュート! が、ラカゼットのシュートは倒れたデ・ヘアがブロック。 ゴール枠に当たったボールをイウォビがシュートしますが、それも壁に当たって、リフレクション。 それを拾ったジャカが、フリーでシュート!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

フィテッセを下して重要な勝利(第14節:フィテッセ-thuis)【我がフェイエノールト】

多くの負傷者を抱えたドルトムント 交代出場の香川真司が攻撃のタクトを振るう【創造のLIBERO】

BVBへの誓い もう諦めない【創造のLIBERO】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7165307

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss