東京ドームに計画停電を!

日本代表について思うこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、日本代表が好きです。 過去、もっとも好きだったのはオシムジャパン。 あのときの日本代表は、本当に楽しかったです。

でも、常に、いつもポジティブな気持ちで好意を寄せている訳ではありません。 トルシエジャパンにも、ジーコジャパンにも常にイライラしていましたし、岡田第2次ジャパンは、個人的には受け入れがたいサッカーをしていました。

一方、岡田第1次ジャパンは、好きでした。 拙い経験の中で、最大限にチャレンジしようとしているところに共感しました。

ザックジャパンも好きでしたが、後半のマンネリ化は微妙だった感じ。 オフトジャパンは、好きでしたね。

単純に”大好き!”と言える時と、”好きなんだけど、だからこそイライラする”みたいな時と。 いろいろあったなぁ。

さて、そこでハリルジャパン。 いまの日本代表はどうなのか?

大好きとまでは言えない。ちょっとイラッとするときもある。 でも、比較的好きです。 そろそろ、ハリルがやりたいことをやり始めたからです。 香川・本田・岡崎を外したブラジル戦とベルギー戦は、超楽しかった。 これが、ハリルのやりたいことなんだな、というのが伝わってきました。 W杯出場を決めたので、やっとやりたいことをやり始めた感じ。

まことしやかに「ハリルのサッカーが日本人の特性に合ってない」みたいなことを言う人がいますが、私はそうは思いません。 デュエルに弱い、という日本人選手の欠点から逃げているようでは、永遠に強豪国の仲間入りはできないです。 長所を伸ばし、欠点を改善する。 しごく当然のことで、どちらか一方では、強くなることは不可能です。

ハイプレスショートカウンターは、ロンドン五輪のベスト4を見れば分かるように、やり方次第では日本人に合う戦術だと思います。 もちろん、おおまかな戦術(ポゼッションかショートカウンターかロングカウンターか)よりも、戦術細部の煮詰め方の方がはるかに重要で、そこを上手く煮詰められるかどうかが、監督の腕の見せ所です。

ハリルジャパンのW杯本大会での結果は、分かりません。 ですが、ここ20年の中では、割とポジティブな気持ちで応援しています。 個人的に「残念だなぁ」と思うのは、ハリルジャパンの欠点ばかり探してるファンが多いこと。 そりゃ長所より欠点の方が目につくのが人間なのでしょうが、長所も見てあげませんか? そうすれば、少なくともベルギー戦は、結構いい試合をしたと思ってもらえる気がします。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

E-1サッカー選手権に挑むメンバーは?【FCKSA66】

「4-1-4-1」でのカウンター攻撃を機能させるにはゼロトップ。【FCKSA66】

【侍青の風】ベルギー戦各選手採点とベルギーの選手の所属クラブの豪華さ【サムライブルーの風】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7118288

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss