東京ドームに計画停電を!

ジェフ千葉は、エスナイデル監督を続投させるべきか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

第33節を終えて、ジェフ千葉の順位は11位。 残り9試合で、プレーオフ圏内とは勝ち点差6、自動昇格圏内とは勝ち点差12です。

今季ジェフ千葉に就任したエスナイデル監督については、シーズン当初からファンやサポーターからの評価が真っ二つに割れています。 ハイプレス&ハイラインの超攻撃的なスタイルにより攻撃力を高めた一方で、簡単に失点をするためです。 私も、スペインでの監督実績があまり良くない事から(すぐに解任されることが多く、同じチームを1年を超えて率いたことが無い)、これまで様子見として来ました。

例えば、今年4月の記事には、以下のようなことを書きました。

(前略)しかし、あくまで「様子見」であって、開幕して1か月強のこの時期にエスナイデル監督を断罪するのは早すぎます。 10月までは様子見でいいと思います。 その時点で、ブレイクスルーの兆候を感じられるかどうか。 そのタイミングで、エスナイデル監督の評価をするのが良いのではないでしょうか。

まだ9月なので少し早いですが、来季もエスナイデル監督を続投させるべきかどうかを考えてみます。

結論から言えば、続投させるべきだと思います。

ただし、ものすごくポジティブなスタンスで「エスナイデル監督を続投させて当然じゃん!」と思っているわけではありません。 メリットとリスクを天秤に掛けた場合、少しメリットの方が上回るだろう、という考え方です。

エスナイデル監督を続投させるメリットは、やはり点を取れるチームを作りつつあることだと思います。 第33節を終えた現時点、つまり9試合を残している今のジェフ千葉の総得点数は51。 昨季末のジェフ千葉の総得点数は52でしたから、間違いなく得点力は上がっています。 また、今季のJ2の総得点数で言えば、名古屋グランパス(総得点数61)、徳島ヴォルティス(総得点数55)に続いて第3位です。

サッカーでは点を取ることが最も難しく、そして先制してしまえば、その試合を優位に運ぶことができます。 ジェフ千葉は、一見、J2にしては充実した攻撃陣を揃えているように見えますが、そうではありません。 ここまでで13ゴールを決めているラリベイは、ゴールランキングで8位。 1位のイバの19ゴールとは、大きく差を開けられています。 なのに、ジェフの総得点数が第3位なのは、エスナイデル監督の戦術に拠るところが大きいと思います。

内容に目を向けた場合も、「型」が出来つつあります。 どんな相手でも攻撃的にふるまって前プレとポゼッションを仕掛け、意図通りに相手陣内でボールを持つことができています。 試合で苦しい状況に陥っても、立ち戻る「型」があるため、昨季までのように何をやるべきなのかが分からなくなったりはしていません。 そういう点では、大きく進歩をしていると思います。

もちろん、エスナイデル監督が意図しているサッカーは、まだまだ定着しておらず、ボールを持っても相手陣内で崩せないこともよくあります。 良い時は崩せるのですが、いったん調子が落ちると、選手たちに崩し方に迷いが出て、崩せなくなる傾向が強い。 さらに練習して、前プレのオートマティズムやポゼッション攻撃のオートマティズムを確立することが必要でしょう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

結果の前にやるべきこと【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

堀監督になって何が変わったのか【パルシェン】

天皇杯(17/9/20:川崎戦)の雑感【1Q92】

ジェフユナイテッド千葉 水戸ホーリーホック 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

エスナイデル監督の『食事革命』は正しいのか?【東京ドームに計画停電を!】

Jリーグ視察!【モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!】

ガンバvs千葉(7月12日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

TACTICS ジェフ千葉編【【サッカー欧州便り】】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:2541
  • 累計のページビュー:7059152

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss