東京ドームに計画停電を!

ELはリーグ杯4回戦とは違うんですよ、ベンゲル監督?~アーセナル vs ケルン

このエントリーをはてなブックマークに追加

今季のアーセナルは、クラブ史上、初めてELを戦います。 その初戦は、ホームで大迫を擁するケルンとの対戦でした。 ケルンは、いま、ブンデスリーガで最下位という最悪の状態のようです。 ですから、ELのグループリーグを突破するためには、絶対に勝たなくてはいけない。

この重要な初戦に、ベンゲル監督は、大半の選手をターンオーバーするという舐めた選手起用に出ました。

中1日で、アウェイのビッグロンドンダービーがあるからでしょう。 このチェルシー戦に負ければ、アーセナルはリーグ優勝争いはおろか、CL出場圏内争いからも脱落しかねない。

私はターンオーバー大好き派なので、ターンオーバーすることに依存はありません。

が、やりすぎです。 物事には、程度問題というものがあります。 戦略的には正しくても、戦術レベルへの落とし込みの際にやりすぎた感が否めません。

ELを早く敗退すると、アーセナルの収入激減につながり、経営を危うくするリスクがあります。 少なくとも、ELはグループリーグで敗退して良いようなコンペティションではありません。

こういったグループリーグ制の大会は、初戦の結果がその後の戦い方に大きく影響します。 CL然り、W杯本大会然り。 初戦で勝てば、優位にチームの戦略・戦術を立てられますが、初戦で負けると、後手後手になってグループリーグ突破に苦労することになります。 例えば、2015-16シーズンのCL初戦で、アーセナルはディナモ・ザグレブに2-1で負けました。 その結果、グループリーグ突破は最終節(第6節)までもつれ込む等、非常に苦労しました。 また、突破こそしたものの、2位での突破だったので、決勝トーナメントでバルセロナと対戦することになり、あっけなく負けました。

ベンゲル監督がチェルシー戦を重視するのはよく分かるのですが、ELのことを考えた場合、ケルン戦のターンオーバーは本当に正しかったのかは疑問です。 ターンオーバーする選手を間違えてはいないでしょうか?

特に問題だったのは、イウォビの左ボランチ起用です。 イウォビは、これまでトップチームでボランチをやったことがなく、ですから、当然、エルネニーとダブルボランチを組んだこともありません。 その結果、イウォビとエルネニーの連携はボロボロで、イウォビは2列目に上がりがちになり、左CBのモンレアルがボールを持った際に出しどころがない状態が続きました。 ナイルズは、幅を取るために少し前目の左サイドライン際におり、そこにパスを出すとインターセプトされるリスクが非常に高かったからです。 そのため、左サイドFWのサンチェスは、3列目に下りてきてパスコースを作らざるを得ませんでした。

その結果、左サイドのビルドアップはグダグダ。 ボールを受けたサンチェスは、左サイドからのビルドアップをあきらめ、右サイドのベジェリン(右SB)にサイドチェンジを出すしか手がなかったです。 サンチェスは、まだコンディションが上がっておらず、長いサイドチェンジの精度はいまいち。 明らかなミスはなくても、精度とボール速度が両立しているサイドチェンジは2本に1本程度だったので、右からのビルドアップもあまり上手くいきませんでした。

ベンゲル監督が、ターンオーバーをしたいが為にボランチを急造で誤魔化したため、ケルン戦の前半を棒に振ったと言えます。 そのツケを支払うハメになったベンゲル監督は、後半に3バック→4バックに変更してコラシナツを左SBとして投入。 なんのために、コラシナツを先発から外して温存しようとしたんだか。

チェルシー戦のためにコラシナツを温存したいなら、ケルン戦は最初からまともなボランチを置くべきだったと思います。 ジャカもラムジーも使いたくないのなら(コクランはケガ)、エルネニーと一緒にプレーをしたことがないとしても、せめてウィルシャーをボランチで先発させた方が良かったのではないでしょうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ELはリーグ杯4回戦とは違うんですよ、ベンゲル監督?~アーセナル vs ケルン

前回のリバプール戦のコメントの中身の薄さといい加減な知ったかぶりもあきれましたが、今回は更に試合見てないとしか思えない発言ですね。イウォビがトップチームでボランチで出たことがない?出たことあるかすら確認しないでいい加減なことを書くのは本当に凄い神経してると思いますよ。

「ELはリーグ杯4回戦とは違うんですよ、ベンゲル監督?~アーセナル vs ケルン」へのコメント

あれだけターンオーバーして勝ち点3という任務完遂した事は一切評価しないんですね。
相変わらず負けた時はボロカスの様に言って勝った時は評価しないという変わったサポーターですね。

ELはリーグ杯4回戦とは違うんですよ、ベンゲル監督?~アーセナル vs ケルン

コシールニーは。出場停止だったのでは!?
また、残念ながら「守備的ボランチ」のターンオーバーは…、そもそも無理かも…。

ELはリーグ杯4回戦とは違うんですよ、ベンゲル監督?~アーセナル vs ケルン

ナイルズのことが完全に飛んでますよ。それに、本当に舐めてたらあれだけのメンツ出さないですよ。てかこの日程でターンオーバーしないとか、それこそチェルシーを舐めてるでしょ。補強すべきだったCBが手付かずだった点に疑問符がつくとは思いますが、現状のスカッドでは妥当ですと。

こんな記事も読みたい

【 香川真司 】 1アシストはあったが不完全燃焼な印象だった。 【 トッテナム vs ドルトムント 】【FCKSA66】

だめだこりゃ。。。【リバプールな毎日】

ELグループステージ第1節結果:フィテッセはホームで敗戦スタート【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7117871

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss