東京ドームに計画停電を!

ストーク戦のベンゲル監督の謎采配を考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレミアリーグ第2節のストーク×アーセナル戦で、ベンゲル監督は過去に類を見ない謎采配を行いました。 そして、1-0で負けました。 旧ブリタニア(現Bet365スタジアム)とは言え、まだ第2節なのに負けが付いたのは、相当痛いです。

この記事では、なぜ、ベンゲル監督が謎采配を行ったのかを考えてみます。

さて、先発フォーメーションは、今季の定番である3-4-2-1でした。

3-4-2-1

ただ、こういった分かりやすいキレイなポジショニングをしていた時間帯はほとんどなく、ラカゼット/エジル/ウェルベックは非常に流動的にポジションチェンジを行っていました。 実質的には、3-3-2-2に近い形になっていたと言っていいでしょう。

Q

ただ、この試合では、選手の配置が非常に不思議な形になっていました。 大きく分けて、3つの疑問点があったと思います。

【Q1】本来は右SB/右WBのベジェリンが、なぜ左WBなのか?

【Q2】本来は左WB/左SBのコラシナツが、なぜ左CBなのか?

【Q3】本来は左SB/左WBで、緊急時に4バックの左CBをやるだけのモンレアルが、なぜ3バックの中央CBなのか?

3-3-2-2

結論から言うと、根本原因は、ベンゲル監督が今季は3バックと4バックを併用しようとしているからだと思います。 第1節も第2節も、後半途中に選手交代をした際に、ベンゲル監督は3バックを4バックへ変更しました。 これは、第1節・2節とも負けていたために、CBを削って攻撃的な選手を1枚増やすことで、リスクを冒して点を取りに行った、ということです。

つまり、CBを削って4バックに移行すると、自動的に左右のWBはSBへ移行することになります。 ですから、ベンゲル監督は、WB/SBの両方ができる選手を確保しておく(移籍させない)ことが重要になる、と考えたのでしょう。

そのとき、一番問題となるのは、ベジェリンです。 ベジェリンよりもチェンバレンの方が右WBの適性が高いため、このままではベジェリンは控えに回る可能性が高いです。 ですが、ベジェリンはSBとしての高い才能(≠実力)を持っていますし、22歳と年齢も若い。 さらに言えば、古巣のバルセロナがベジェリンを狙っているという噂も絶えません。 特に、SBやWBができるセルジ・ロベルトが、今夏、バルセロナからプレミアリーグへ移籍するという噂も出ています。 もしそうなれば、バルセロナは、本格的にベジェリンの獲得に力を入れる可能性が高いです。

ベンゲル監督としては、ベジェリンはホームグロウン枠の選手でもあるので、絶対に手放したくない選手なのですが、3-4-2-1を用いる以上、ベジェリンのレギュラーを保証するのは困難です。 このままでは、ベジェリンがストレスを溜めてしまい、自ら移籍志願(トランスファー・リクエスト)をする可能性が拭えません。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ストーク戦のベンゲル監督の謎采配を考える。

yuyusukeさま、コメントありがとうございます。
私のベスト布陣は、相当、偏っていますが、こんなのがいいと思います。
フォーメーションは5-2-1-2です。
基本は、引いてカウンター。
ポゼッション率は40%未満が理想です。

        サンチェス ラカゼット
             エジル
         コラシナツ コクラン  
モンレアル クリバリ コシールニー ホールディング ベジェリン

なお、クリバリは、移籍期間の残り10日で獲得する前提です。
1人くらいはCBを獲得してくれるでしょう、と期待しています。

ストーク戦のベンゲル監督の謎采配を考える。

コシールニーが戻った場合 ロブ君がCBで左WBコラシナツ 右WBチェンボかベジェリン となるのでしょうか ベスト布陣どのようにお考えですか 4バック時も 
レスター戦終盤の エジルセンター がやはりベストの気がします ウェルベック好きですが できればイウオビ前のほうで見たい

こんな記事も読みたい

セリエA 2017-2018 第1節【no title】

アーセナル vs レスター・シティ【Come On You Gunners】

日本とヨ-ロッパのキックの質の違い いかにして改善していくか その①【 コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:3240
  • 累計のページビュー:7032595

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss