東京ドームに計画停電を!

6月最初の親善試合は、いつもこんなもの。~シリア戦。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シリア戦は、久しぶりにひどい内容の日本代表戦でしたね。 まぁ、欧州のシーズンが終わった直後の6月の最初の親善試合は、いつもこんな出来です(W杯イヤーを除く)。 だから、心配はしていません。 特に、欧州組は、あまりにもフィジカルコンディションが悪かったですね。

同時期にフランス×パラグアイ、ベルギー×チェコ、イタリア×ウルグアイといった親善試合も行われていたんですが、彼らはそこまでフィジカルコンディションは悪そうに見えませんでした。 移動距離で言えば、パラグアイやウルグアイもかなり移動するはずなのに。

日本代表の欧州組は、この時期、いつもフィジカルコンディションが悪いです。 なぜでしょうね?

それから、良く分からないなぁ、と思ったのが、後半途中に今野を下げて浅野を入れて、本田をインサイドハーフに置いた采配です。

この采配の結果、本田がトップ下みたいに真ん中に入ってくるので、右サイドは浅野と酒井宏樹だけになり、人数不足。 さらに、浅野は裏抜けするタイプでキープ力がないので、右SBの酒井宏樹の攻撃力が死んでしまいました。

その結果、日本の攻撃は左ばかりになり、シリアはそちらに意識を集中させて守ることができるようになりましたね。 日本代表は、左サイドのスペースのない狭い範囲で細かいパス回しばかりして、結局、追加点を取れませんでした。

また、本田はインサイドーハーフなのに守備が良くなかったので、前からボールを奪う力が落ちてしまい、そこからシリアには何度もチャンスを作られました。

本田は、右サイドFWに置いたままの方が良かったと思うんですよね。

ボールを保持し、狭いスペースでパスを回して点を取りたいなら、4-2-3-1にして本田をトップ下に置いた方がはるかにいいと思います。 でも、そういう戦い方をするのであれば、監督がハリルホジッチである必要はなく、ザックかアギーレで良かった訳です。

※注 アギーレ前監督は、ポゼッションサッカーも得意です。

ハリルホジッチ監督は、ショートパスを細かくつなぐサッカーより、前でボールを奪って縦に速く攻めるサッカーが得意で、だからこそ4-1-2-3を採用したはずです。

ブラジルW杯の苦い経験から、代表も複数の戦術オプションを持つ必要がある、と主張するマスコミやファンもいらっしゃいますが、それは、メイン戦術がある程度熟成されていることが前提です。 現状では、あまりにも、縦に速いサッカーの安定度が低い。 良い試合内容の時もありますが、まだ悪い試合の方が多いと思います。

なぜなら、ザック戦術を強く埋め込まれた欧州のベテラン組を重用しすぎているため、いまだ、ハリルの組織戦術がチーム全体に浸透しきっていないからです。

W杯まで残り1年のこの時期、戦術が浸透しきっていない現状では、複数の戦術オプションを持つことよりも、メイン戦術の質を上げることの方が重要だと思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

シリア戦選手評価 【 昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。本田圭佑。井手口陽介。浅野拓磨。岡崎慎司。乾貴士。 】【FCKSA66】

日本と世界の差 〜スペインvsコロンビアに学ぶ〜【J's Football Fan】

日本サッカー強化・選手の海外進出ルートについて 小感 【ニコ小鉢その2(仮)】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:964
  • 累計のページビュー:6865416

(07月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss