東京ドームに計画停電を!

ジェフ千葉の守備を考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェフ千葉×V・ファーレン長崎戦は、5-0でジェフが勝ちました。 久しぶりの大勝で、良かったと思います。 ですが、運に恵まれたのも確かです。 特に守備面は。 結果こそゼロ封でしたが、内容には問題があったと思います。

この試合、ジェフのフォーメーションは4-1-2-3でした。 熊谷が出場停止だったので、佐藤勇人が1ボランチ(アンカー)の位置に入りました。 佐藤は、今季、初先発です。

4-1-2-3

佐藤は攻撃面では悪くなかったのですが、守備面ではかなり危険な動きをしていました。 両CBと2列目の間の中央のスペースを、ぽっかりと空けてしまうのです。

分かりやすい例が、後半2分。 直前に追加点を決めて、2-0とリードした直後のシーンです。 右サイドでアランダがボールを持った際、佐藤は前に上がります。 その結果、CBの前の中央スペースがガラ空きに。

1

そして、指宿が佐藤へワンタッチパスを出しますが、このパスがミス。 佐藤の走り込む後ろ側へボールが転がります。

2

佐藤は、180°反転して追いますが、反転したぶん、ボールに追いつくのに時間が掛かります。 長崎のFWが真っすぐ戻ってきて、どちらが先にボールに触るかのスピード勝負!

3

佐藤が、ぎりぎり先にボールに触り、つま先でボールを遠くへ蹴りだします。 そのボールを追う長崎の選手とキム・ボムヨン。 またもや、球際のスピード勝負です。

4

キムが、なんとか先にボールを触り、キープ。 そのまま持ち上がって、事なきを得ました。 キム・ボムヨンが間に合わなければ、カウンターで決定機を作られていたことでしょう。

5

2-0とリードした直後なのに、なぜ、佐藤はここまでリスクを冒して前に上がったのでしょうか? 直接的には指宿のミスから始まっていますが、仮に長崎の選手にボールを奪われても、同じ状況に陥っていたことでしょう。

前回の攻撃編に書いたことにも通じるのですが、ハイラインサッカーではは、中央のスペースを使われてカウンターを受けるのが一番失点しやすい形です。 ですから、攻撃している時も、常に中央からのカウンターを想定して守備をする必要があります。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

継続と変化【サンチェ体操が出来ました!】

【鹿島】 vs 神戸。こういう日もある…【常勝紅鹿】

VS神戸 1-2 ●【鹿浜応援blog】

なぜ、ジェフ千葉が勝ち切れないのかを考える~攻撃編【続き】【東京ドームに計画停電を!】

なぜ、ジェフ千葉が勝ち切れないのかを考える~攻撃編【東京ドームに計画停電を!】

千葉vs徳島(4月29日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

U-20日本代表候補 - ジェフユナイテッド千葉(練習試合)【舞浜宣言】

ジェフ千葉のエスナイデル監督を見切るのは、ちょっと早すぎる。【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7099273

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss