東京ドームに計画停電を!

アーセナルがマンチェスター・ユナイテッドに勝つために。

このエントリーをはてなブックマークに追加

珍しく試合前プレビューを書いてみます。 マンUは、EL準決勝1st legに勝ちました。 0-1。アウェイゴールを取っての勝利です。 試合内容から言っても、セルタはそれほど強くない。 セルタは、リーグ戦前節で主要メンバーを休ませたそうですが、それでも、週2試合ペースのマンU相手にこの内容では、2nd legで逆転勝ち上がりを決めるのは難しいでしょう。

そうなると。

モウリーニョ監督が事前のインタビューで予言していた通り、リーグ次節のアーセナル戦ではメンバーを落としてくると思います。 中2日ですから、当然です。

先発メンバーを予想してみます。 おそらくマンUは、バスを停めてスコアレスドロー狙いでしょうから、フォーメーションは5-4-1だと想定します。 (4-4-1-1の可能性もあるでしょうけど)

そうなると、間違いなく1トップはマルシャル。 ラッシュフォードを休ませる必要があるからです。ラッシュフォードは、セルタとの1st legで少しケガをしたようですし。

2列目の真ん中が難しい。 1人はキャリックでしょうが、もう1人が悩みます。 守備力の高いMFを置きたいところですが、フェライニは出場停止なので無理です。 ポグバ・・・は、EL準決勝2nd legに向けて休ませたいでしょう。セルタ戦では、中途半端なボールをキープしまくってましたから。 エレーラも、間違いなく2nd legに向けて温存すると思います。 そうすると、どこでもやれるルーニーでしょうか。

また、2列目左サイドは、ムヒタリアンだと思います。 たぶん、モウリーニョはヤングを使いたかったと思うのですが、セルタ戦でケガをしちゃったのと、セルタ戦1st legのムヒタリアンは、正直、良くなかったので。 中2日ですが、ここは頑張ってもらうはずです。 マタは、EL準決勝2nd legの先発なんじゃないかな?

2列目右サイドも難しいですね。 誰だろう、、、 厳しい選択ですが、若くて運動量の多いリンガードですかね。中2日での連戦になりますが。

最終ライン5枚は、マンUから見て右からダルミアン、バイリー、P・ジョーンズ、スモーリング、ブリントかなぁ? 若手をもう1枚入れる可能性もありそうですが。

マンチェスター・ユナイテッドのフォメ

このフォメとメンバーでマンUがバスを停めるとしたら、アーセナルはどう攻めれば良いでしょうか。 まず、3CBは高くて強いので、高さ勝負で勝つのはほぼ不可能でしょう。 そうなると、地上戦ですね。 ショートパスで崩すか、ミドルシュートで点を取るしかない。 ただし、ジャカ/ホールディング/ムスタフィがケガをしていて出場できないらしいので、それを前提に考えます。

フォーメーションは、2-4-1-3(4-2-1-3)ではいかがでしょうか。

アーセナルのフォーメーション

マルシャルが1トップなので、アーセナルとしては3バックは必要ありません。 とは言え、1バックはリスクを負い過ぎなので、2バックが良いと思います。 また、5-4-1相手に2-4-1-3だと三角形がたくさんできるので、比較的ショートパスで崩しやすいです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

アーセナルがマンチェスター・ユナイテッドに勝つために。

ウォルコットさま、早々のコメントをありがとうございます。
やはり、前節と同じフォーメーションですか・・・。
確かにベンゲル監督はやりそうですね。
コクランのCBは個人的には有りだと思いますが、ベンゲル監督はまずやらないと思うので、それはこの記事では考慮せずに書いています。
マンUが5-4-1で来た場合、アーセナルの選手とトッテナムの選手は特徴が異なるので、個人的には同じパターンで崩すのはかなり厳しいような気がしています。

アーセナルがマンチェスター・ユナイテッドに勝つために。

お疲れ様です。右サイドはベジェリンの走力を活かしエジルのフリーラン能力とスルーパスを引き出すためにラムジーが右で動いてくれたらいいですが、おそらくそのフォーメーションの場合スタメンはウォルコットだと思います。

個人的にはまた3-4-2-1 のフォーメーションでモンレアルCBのギブスLWBだと思いますそれがベンゲル監督の考えることで、コクランのCB起用は考えてないのだろうと思います(個人的にコクランCBを試してほしい)

向こうは5バックでセンターも人員がそろっていて普通にしていたら崩すのは非常に厳しいので、前節のトットナム戦(その後ハイライトを見ました)で崩された失点シーンを反省するとともに自チームの得点パターンとして組み入れてほしいですね

こんな記事も読みたい

早すぎるCL妄想……【プレミア雑記】

ナニがバレンシア退団の噂を否定「来シーズンもここでプレーしたい」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

CLダービーでハットトリックのC・ロナウド「チームとして完璧な試合だった」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:417
  • 累計のページビュー:7119891

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss