東京ドームに計画停電を!

ごめんなさい、ハリル。私が間違っていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アウェイのUAE戦を0-2で快勝したハリル・ジャパン。 うれしいです!! 試合内容は、私の想像と全くかけ離れていました。 非常に良かったと思います。

先日、「アギーレ監督を呼び戻せ! ビジョンなきハリルジャパンに未来はない。」という記事を書きましたが、私が完全に間違っていました。 本当にごめんなさい、ハリルホジッチ監督。 懺悔します。 ハリルジャパンは、中央渋滞しやすいポゼッション型ではなく、堅守速攻型で戦って勝利しました。 フォーメーションこそ昨年11月のサウジアラビア戦(4-2-3-1)と違って4-1-2-3でしたが、明らかに縦に速い攻撃から点を取ることを意識していましたね。

ハリルは、クラブでほとんど試合に出ていない宇佐美・川島・長友・本田に加え、点を取ることを忘れた岡崎やここ3試合ほどドルトムントで出場機会を得た香川など、クラブでのプレーが微妙な欧州組をほぼ全員招集したにも関わらず、彼らを主体としたサッカーはやりませんでした。 お見それしました、ハリルホジッチ監督。

UAE戦のMOMは、多くのジャーナリストが書いているように、私も今野だと思います。 ハリルは、ガンバ大阪の試合を見て4-1-2-3で今野を起用しようと考えたそうです。 おそらく、長谷部がケガで離脱していなくても、4-1-2-3の「2」に今野と長谷部を並べたんじゃないでしょうか?

私の知り合いのガンバファンは、こう言っていました。

「今野、最高だったでしょ?  ガンバでも、すごく調子いいから。  倉田(ガンバ所属)も良かったね~。  香川なんか、何もやってないじゃん。  倉田を先発にした方が良かったよ」

この試合、後半26分に倉田は香川と交代で「2」のポジション、いわゆるインサイドハーフに入りました。 私も、香川より倉田の方が良かったように見えました。

倉田は、ガンバで今野とともにインサイドハーフをやっているそうです。 一方、「復活した」と言われている香川は、ドルトムントで5-1-2-2の2列目の「2」をやっていて、インサイドハーフは久しぶりです。 そもそも、香川は代表でもドルトムントでも何回かインサイドハーフをやったことがありますが、良いパフォーマンスを出せた試合は非常に少ない。

やはり、香川はセカンドアタッカーが得意で、ボールを引き出してナンボという選手です。 ポリバレント性は、あまりない。 結果論かもしれませんが、その香川を4-1-2-3のインサイドハーフに置いたのは、あまり良い采配ではなかったですね。 ポリバレント性の高い長谷部であれば、また別の話だったと思うのですが。

ここ3試合ほど、香川はドルトムントで比較的良いパフォーマンスを見せています。 ただ、あいにく代表では適正のあるポジションがありません。 もし、今後も4-1-2-3を続けるのであれば、ハリルホジッチは潔く香川を代表から外すべきでしょうね。 香川は、途中から入って流れを変えられるタイプの選手ではないので。

長谷部(33歳)は、ケガの手術をした結果、今年6月までは代表の試合に出られないようです。 年齢的に試合に出ない状況が続くと、ガクッと衰える可能性があります。 34歳の今野も危険です。 日本人で運動量を求められるポジションの選手は、33歳を超えると突然ガクンとパフォーマンスを落とすケースが散見されます。 バックアップを誰にするかは、考えておくべきです。 その候補として、倉田(28歳)を代表に呼んで馴染ませるというのは、良いアイデアなんじゃないでしょうか? 一過性の代表招集ではなく、倉田を継続的に代表に呼んで欲しいと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「ごめんなさい、ハリル。私が間違っていました。」へのコメント

ハリルは守備から戦術、メンバーを考えてます。代表戦を見るときは、ボールだけを目で追いかけるのでは無く、全体のバランス、スペース管理、相手チームの戦術などにも注目して試合を見てみるとハリルのやりたい事が分かってくると思います。

ちなみに香川は昨シーズンから、ドルトムントではトップ下では無くインサイドハーフをやる事が多いですよ。ほとんどは左サイドで、UAE戦は今野に合わせて両足使える香川が右に回ったのでしょう。リスクを取らずに今野と山口の空けたスペース管理とボールを落ち着かせる事に注力したプレーだったのは、その事も関係していたのかもしれませんね。

とは言え、今野は流石でした。34歳のベテランが攻守に積極的に動いていた姿は、香川を含めたチーム全員の刺激になったでしょう。

ハリルはタイ戦ではまた全く違うメンバーや戦術を選択して来る可能性もあり、楽しみですね。

こんな記事も読みたい

UAE戦 【 素晴らしかった結果と今野のパフォーマンス。しかし守備と交代采配には問題や不満も。 】【FCKSA66】

日本代表 × UAE代表 小感  (ロシアW杯アジア最終予選)【ニコ小鉢その2(仮)】

日本サッカーの総合力が優ったゲーム【Viva La sports】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:7355
  • 累計のページビュー:6738619

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss