東京ドームに計画停電を!

PSGが勝ち上がるべきだったと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナ×PSGの2nd leg。 6-1で勝ったバルサを褒めたたえる声が大きいけど、やはり、2つの誤審が大きかったですね。 ですから、PSGが勝ち上がるべきだったと考えています。

私は、誤審が大嫌い(特に点に直結するような誤審)なので、この結果には、全く納得していません。 少なくとも、後半40分のマスチェラーノのディ・マリアに対するタックルは、審判はPKを取るべきでした。 スアレスが獲得したPKも明らかにダイブであり、これも誤審であることは間違いないと思います。 ただ、スアレスのダイブがあまりにも上手すぎました。 本当に、スアレスはイラッとくる選手ですね。

誤審と並んでダイブも大嫌いなので、この結果は心底納得がいきません。

とは言え、バルサは非常に良かったとも思います。 前半早々に2点を入れて、勝負はどうなるか分からないぞ、という雰囲気に持って行ったのはバルサの底力でしょう。 この2nd legに向けて、リスクを負うためにエンリケ監督は3バックを数試合試した上で、満を持してPSG戦に投入したとも言われています。 そして、その成果が出たために、バルセロナのプレスは、むちゃくちゃ速かったです。 おそらく、2010-11のペップ・バルサ全盛期のプレスを思い起こさせるほど、素晴らしく連動したプレスでした。 PSGがタジタジになったのは無理もありません。

一方で、PSGはどうだったのか。 私は、悪かったと思います。 ドン引きしたことは正しい戦術だったと思いますが、ドン引きでボールを奪った後の対処が最悪でした。

カンプノウでのバルサ対策の基本は、ボールを奪ったら、とにかく高くボールを蹴ることです。 余裕がなければサイドラインの外に、余裕があったら、3バックの横に高くボールを蹴る。 それを徹底しなければ、逆襲を食ってしまうのがカンプノウという場所です。 PSGは、1st legを4-0でリードしている以上、基本を徹底する必要がありました。

ですが、PSGは、ドン引きでボールを奪った後に、一旦グラウンダーでつないでから前にボールを蹴ろうとしました。 なぜなら、1トップのカバーニが守備に加わっていたため、前線にいないことが多かったためです。 つなぐことでカバーニが前に走る時間を作り、カウンターに持ち込む。 それが、PSGの作戦だったのでしょう。

でも、それは、欲に目がくらんだ甘えだったと思います。 エメリ監督は、カウンターでアウェイゴールを1点取りたかったのでしょう。 気持ちは、分からなくもありません。 ですが、PSGはバルサに3点までは取られても良いのです。 意図的にアウェイゴールを狙う戦いをするなんて、わざわざ隙を作るようなものです。

その結果、バルサはPSGにボールをカットされてもすぐに奪い返し、PSGを押し込み続けました。 押し込まれて体力とメンタルを消耗したPSGは、最後まで集中力を保つことができませんでした。 それが、誤審以外にPSGが負けた理由だと思います。

UEFA審判部長のコリーナが、この試合の主審であるデニス・アイテキンを処罰するかも、という噂が出ていますが、これだけの誤審をした以上、処罰した方が良いと思いますね。 バルサの内容は良かったし、PSGの内容は悪かった訳ですが、2回の誤審がなければ、さすがにPSGが勝ち上がったはずです。

もし、今季のビッグイヤーをバルサが取るようなことがあったら、釈然としないと思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

PSGが勝ち上がるべきだったと思う。

これがサッカーですから。それにPSGにも決定機があったわけですしね。
4点差あったものをひっくり返されるってことはまだPSGに欧州制覇は遠いってことです。

PSGが勝ち上がるべきだったと思う。

まったくもって同意です。あんな誤審で勝ち上がったチームには優勝して欲しくないですね。
バルサに誤審が多いのはそれを誘発するプレイをする選手が多いからでハッキリ不快ですね。
バルサファンが何故汚い演技には一切文句言わないのか不思議です。

PSGが勝ち上がるべきだったと思う。

どんな批判も今はそよ風のように心地いい。

スアレスのは左前からの映像で確認すると足も上から接触してますからね、
ビデオ判定が導入されたとしても接触がある以上、PKになるでしょう。
あれはスアレスでも審判でもなく、あの場面で後ろから当たりに行った
マルキの若さ、愚かさが責められる場面です。

一方でマスチェのはビデオ判定が採用されれば、本人も認める通りPKだったのでしょうね。
ただ自分はテクノロジー導入賛成派ですが、導入されてもプレーが停止していないあのような場面で
採用されるのかどうかは議論があるところでしょう。

エメリはまあ実際にプラン通りカウンターで一点取ってるわけで、
ちょっと責められ過ぎかな、と思います。
リーグでも苦戦しているようですが、自分は好きな監督さんなのでぜひ来年もPSGで頑張って欲しい。

審判の処罰の件は、自分が知る限りマドリー御用達のマルカが
処罰考えているかもね、と言ってるだけじゃないですかね。
本人談さえ取れてないわけで飛ばしの可能性が高いかと。

PSGが勝ち上がるべきだったと思う。

悔しいのはわかるけど、誤審と決めつけるのはいかがなものかと…
オフサイドやハンドはビデオ判定で明確になるが、チャージの反則の判定は本当に難しいとい思うよ。

こんな記事も読みたい

「人間味」とは何だろうね?【Manchester United fundamentalism】

自分でシュートを打つスペースを作る卓越した技術力と賢さ。ルイス・スアレス。【FCKSA66】

前例にないミッションを遂行しバルセロナが奇跡を起こす【巨人 大鵬 卵焼き】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:6706886

(05月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss