東京ドームに計画停電を!

2017年ACLのJ1勢は苦戦必至。 特に浦和レッズが厳しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、年も明けましたので、今年(2017年)のACLを占ってみます。 出場する各チームを調べてみると、かなり驚きました。 結果は分かりませんが、J1勢(鹿島・浦和・川崎・ガンバ)が、かなり厳しい戦いを強いられることは必至です。

なぜなら、欧州の選手を”爆買い”した中国クラブが、こぞってACLに出てくるのです。 これはキツい。 ぶっちゃけ、決勝トーナメントに進めるのは、1チームあるか無いかだと予想します。

特に厳しいのは、浦和レッズでしょう。 浦和のACLグループステージの対戦相手は、

●ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(豪州) ●FCソウル(韓国) ●プレーオフ3の勝利チーム

となっています。 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは2014年のACL優勝クラブですし、FCソウルは、昨季2016年にACLベスト4・Kリーグ優勝を成し遂げたチームです。 当然、強敵ですよね。 特に、浦和はウェスタン・シドニーと2/21にアウェイで初戦を戦います。 シドニーの気温は26~30℃。 一方、浦和は2/1~2/16まで沖縄キャンプを張るものの、真冬です。 この時期の沖縄は10~26度と寒暖の差が激しく、シドニーとは気候がかなり異なります。 コンディション調整が難しいでしょうから、簡単な試合にはならないと思います。

そして、対戦相手として一番やっかいなのが、プレーオフ3の勝利チームだと思います。 おそらく、上海上港(中国)が勝ち上がってくるでしょう。

このチームは、

監督 :ビラス・ボアス(元チェルシー/トッテナム/FCポルト/ゼニト監督) ※今季から加入 FW  :フッキ    (元ブラジル代表、元ポルト所属)    :エウケソン  (元広州恒大でACL優勝を経験、ブラジル人選手) FW/MF:アフメドフ  (今冬にFCクラスノダール[ロシア]から加入) MF  :オスカル   (今冬にチェルシーから加入)

という凄まじい監督/選手層を揃えています。 しかも、単純に金にあかせて選手を獲得した訳ではありません。 フッキもオスカルもアフメドフも、ビラス・ボアス監督がよく知っている選手なのです。 特にフッキは、ビラス・ボラスがFCポルトを率いてリーグ優勝した時のメンバーです。 ビラス・ボアス監督が、上手く使える可能性は高いと思います。

ビラス・ボアス監督と言うと、プレミアリーグ(チェルシー/トッテナム)時代をのせいで良い印象を持ってない方も多いでしょうが、その後、ロシアリーグでゼニトを率いて、あっさりリーグ優勝とカップ戦優勝を成し遂げています。 ゼニトを退任する際も、解任された訳ではありません。 契約延長のオファーがあったにもかかわらず、それを断って契約満了を迎えただけです。 まだ39歳のビラス・ボアス監督は、将来有望な若手監督として成長途中だと言えるでしょう。

そして、さらに注目なのは、オスカルとアフメドフです。 オスカル(25歳)は本当に良い選手で、10番タイプのトップ下としては世界で10本指に入るのではないかと思います。 正直、純粋なトップ下としての能力を比較するなら、エジルと遜色ないでしょう。 移籍金が30億円程度だったら、欲しがる欧州クラブはいくらでもあったはずです。

オスカルがチェルシーでなかなか起用されないのは、トップ下以外ができないことと、守備面ではエジルと同様、身体を張って守れないという課題があるからです。 チェルシーという守備重視のクラブのスタイルが、オスカルには合ってなかったのだと言えます。 まぁ、オスカルはチェルシーで成長した部分もかなりあるので、チェルシーに移籍したこと自体は間違いだとは思いませんが、25歳になって、これから全盛期を迎えることを考えれば、環境を変えるのは良いことだと思いますね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016グランパス選手評 背番号10 小川 佳純【赤の血潮と、青の魂】

中村俊輔選手がジュビロ磐田へ完全移籍加入【全ては磐田の勝利のために】

【侍青の風】チャンピオンシップの代わりに、天皇杯をもっと目立つ大会するための提案【サムライブルーの風】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7099737

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss