東京ドームに計画停電を!

CWC決勝で可能性を見せたのは、Jリーグではなく鹿島だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

CWC決勝を見て、鹿島アントラーズが予想以上に善戦した、と思った方がマスコミにもサポーターにも多かったようですね。 私は、鹿島はそこそこやれると思っていたので、そんなに驚きはありませんでした。 試合前の個人的な予想スコアは、2-1でレアルの勝ちだったものの、一方的な展開にならず、レアルの辛勝だろうという予想でしたね。 5-0と予想してるマスコミもいて、苦笑しました。

延長戦にもつれ込んだのは意外でしたが、まぁそういう事もあるだろうな、という風に見ていました。

逆に言えば、鹿島がそこそこレアルともやれる、と予想している人が少なすぎた気がします。 「レアル・マドリード」というブランドは、それほどまでに強力なんだなぁ、としみじみと感じましたね。 欧州とJを同じ目線で見ているマスコミやファンが、想像以上に少ないということかもしれません。

私が、鹿島が善戦するだろうな、と思った理由は、いくつかあります。

①ジダン・レアルは、鹿島のようなタイプのチームがむちゃくちゃ苦手である。相性は最悪と言って良い。

②ジダン監督は経験が浅く、鹿島のような戦術・規律がきっちりしたチームへ対応する戦術・采配ができない。

③最近のレアルは、調子が良くない。

④レアルは、油断しやすいクラブ体質である。

⑤欧州優勝クラブは強行日程でCWCに臨むことが多く、たいてい実力を出し切れない。

⑥鹿島は、Jリーグの中で「勝つ」ことを最優先にまとまる事が可能な唯一の稀有なチームである。

⑦Jリーグのチームが開催国枠で出場すると、少しずつ強いチームと戦うことで徐々に調子を上げていく傾向が強い。

③については解説が必要でしょう。 CWC前にレアルは35戦不敗でした。 数字だけを見ると、すごく調子が良いように見えますし、実際、マスコミもそう報道しているケースが多かったです。 ですが、実際はここ1か月の試合内容は何だかな、というものが多く、徐々に調子を落としているのは明らかでした。 特に失点が多かったですね。 その結果、CLグループステージは2位抜けとなってしまっています。 アトレティコに勝ったり、バルサに引き分けたりもしてるのですが、アトレティコはシメオネ史上、最悪に調子が悪かったし、バルサも何だかなー、という調子だったので、レアルは運に恵まれたと言っていいでしょう。

①と②については、ジダン監督の特性が分かりやすく出ています。 ジダンは、ぶっちゃけ細かい戦術は苦手です。 その代わり、モチベーターとして選手のモチベーションを上げて勝っていく、という監督です。 ただし、こういう監督は賞味期限があります。 以前の監督の戦術の残り香があるうちは、それなりの戦術+モチベーションで勝って行けるのですが、少しずつ戦術の練度が薄れてしまい、そのうち、モチベーションと個の力だけで戦うようになります。 すると、どうしても崩れます。 そういう時に、戦術・規律がきっちりしていて守備が得意な鹿島と戦うのは、相性最悪です。 鹿島は、スタイル等かなぐり捨てて、勝つために全てを投げ打つことができるクラブです。 ドン引きでもなく、湘南のように無謀に前からプレスに行くでもなく、中間守備で組織的に粘り強く守り続けることができます。 しかも、状況により戦術を柔軟に変更できます。 Jリーグは、攻めるか守るかのどちらかを重視するクラブが大半を占める(=スタイルを重視する)のですが、鹿島だけは別です。 ⑥に関係しますが、鹿島の特徴は、「勝つためには、相手に合わせてどんな戦術にでもアジャストできる」ことです。 鹿島は、ジダン・レアルの弱点を的確に突く戦術で戦うことができたのが、善戦につながったのだと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ピム・ブロクラントがRvCを退任【我がフェイエノールト】

俊輔がピッチに帰ってくる(天皇杯準々決勝・G大阪戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

広島よJリーグを見せてやれ【にわかフロンターレファンの試合分析】

鹿島はCWCで”成長”し”Jリーグで飛び抜けた存在”になったのか?【でぷスポ13号館】

鹿島がレアルに挑んだ日【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

【鹿島】天皇杯広島戦。まだまだ続く「絶対に負けられない戦い」【常勝紅鹿】

クラブW杯、鹿島準優勝の意義は【スポーツ えっせい】

ねえ、ちょっとレアル倒してみない? CWC決勝 ~鹿島 VS レアル~【情熱を真紅の鹿と共に】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:770
  • 累計のページビュー:7167545

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss