東京ドームに計画停電を!

就任して1年半経ったので、ハリルホジッチ監督を批評してみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリルホジッチ監督が日本代表監督に就任して、ほぼ1年半になります(2015年3月12日に就任)。 私は、代表監督には1年半ほど時間を与えるべきだと思っています。 その1年半が経ったので、落ち着いてハリルホジッチ監督の評価を考えてみます。

ハリルホジッチ監督を批評する際の一番重要なポイントは、ロシアW杯で日本代表をベスト8以上に連れて行くことができるか?だと思います。 結論から言えば、かなり難しいと言えるでしょう。 もちろん、現時点では本大会の対戦相手が分からないので「無理」だと断言はできませんが、難しいとは言えると思います。 なぜなら、W杯でベスト8に行くのは、ほとんどがグループリーグを1位で突破した国だからです。 グループリーグを2位で突破してベスト8に行けるのは、たいてい1か国・たまに2か国という狭き門。 ハリルホジッチ監督が、グループリーグを1位突破できるほどまで日本代表の力を引き上げることは困難だろうな、と想像します。

じゃあ、ベスト16なら可能なのか? 言い換えれば、2位でならグループリーグを突破できるのか?

私は、その可能性は十分あると思います。 そういう意味で、ハリルホジッチ監督はbestではないが、betterな監督だと思っています。

まず、ハリルホジッチ監督の良い点を挙げてみます。

個人的に、特に良かったと思うのは、リスクの負えるW杯2次予選で様々な選手を試した点です。 いままでの日本代表監督は、ほぼ勝てると分かっている2次予選でも「負けると終わり」というプレッシャーに耐え切れず、あまり新しい選手を試してきませんでした。 一方、ハリルホジッチ監督は、公式戦である2次予選を選手たちを”見る”場として活用しました。 “W杯に出場することではなく、W杯で勝つことが目標だ!”ということを、きちんと分かった選手起用をしていましたね。 とても好印象でした。

ご存じのとおり、ロシアW杯では、いまの中心選手たちは軒並み高齢化します。 2018年夏には、彼らは

長谷部:34歳 本田 :32歳 岡崎 :32歳 長友 :31歳 吉田 :30歳 香川 :29歳

という年齢になります。 香川でさえ、中田英寿が引退した年齢になるんですよね。 まちがいなく、運動量やスピードは落ちるでしょう。 特に、長友や長谷部は運動量を求められるポジションですので、ちょっとした運動量減/スピード減でもチームの質への影響は大きなものとなります。 また、本田圭祐は今でも走るのが遅く、ミランでは問題となっているシーンをしばしば見ます。 2年後にさらに遅くなるのは、必然です。

ですから、ロシアW杯で勝つためには、2年後に中堅(25~27歳くらい)になる選手の成長が不可欠だと思います。 ハリルホジッチ監督はリオ五輪代表もよく見ていて、遠藤航や浅野、大島といった五輪で活躍した選手をちゃんとベンチに入れています。 タイ戦で、最近、クラブでも代表でもゴールを決めてない岡崎を外して浅野拓磨を先発させ、その交代選手としても武藤嘉紀を投入したのは、非常に素晴らしい選手起用でした。 ちゃんと、世代交代を意識していますね。

余談ですが、アギーレ前監督もNumberの特別増刊号(2016/9/9号)で「代表の平均年齢は27歳がベストだ」と言っていますもんね。

また、戦術眼も、前評判通り鋭いです。 先日の最終予選でも、UAE戦で中央に人が集まり過ぎる傾向があったのを数日で修正しました。 タイ戦の前半は、サイドに人を張って中央にスペースを作ることができていました。 原口の先制点は、タイのDFを横に広げることができたことがゴールの遠因になったと思います。     一方、短所は何でしょうか?

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【図解で分析】ナスリ躍動で清武はどうなる?そして衝撃のラスパルマス 〜セビージャvsラスパルマス〜【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

何が問題だったのか。形としての問題と、しかし、大前提としての個の力。【FCKSA66】

久保くんは早くバルサに戻るべき素材【Viva La sports】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:3769
  • 累計のページビュー:6805538

(06月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss