東京ドームに計画停電を!

ナイジェリアは弱く、日本はさらに弱かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本×ナイジェリア戦をライブで見ました。 ぶっちゃけ笑いました。 なんという莫迦試合。 大味すぎて、笑うしかありません。

ナイジェリアは弱かったです。 1996年以降、日本代表がオリンピックやW杯で対戦した相手の中で、一番弱かったんじゃないでしょうか? 2002年W杯で戦ったチュニジアや1998年W杯で対戦したジャマイカより弱かったと思いますね。

その理由は、みなさんがご存じの通り、試合の7時間前にブラジル入りしたという強行日程です。 コンディションは明らかにボロボロだったし、さらに調整不足のために、戦術の確認がほとんどできていないのが見て取れました。 ナイジェリアは、比較的、アフリカの中では戦術的なサッカーをする国です。 日本のスポーツ紙はナイジェリアのフィジカルばかりを取り上げる傾向にありますが、実際には、そのフィジカルを生かす戦術があるからこそアフリカの中でも常に強豪で居続けている訳です。 フィジカルだけなら、ナイジェリアはアフリカトップというわけではありません。 コートジボワールやカメルーンの方が上でしょう。

ですが、この試合のナイジェリア代表は戦術的な練度が低すぎて、苦笑せざるを得ないパフォーマンスでした。 ここ数日、まったく戦術練習ができていないのが丸分かりです。

その上、フィジカルも、かなりひどかったです。 疲れからか身体の粘りが無い上に、ジャンプしたり身体を張るときに上半身だけで競っているシーンが非常に多かったため、体重でも身長でも勝っている日本相手に球の競り合いで負けるシーンが、かなりありました。 典型的だったのは、チェルシー所属のミケル。 チェルシーでプレーしているときのミケルは、競り合いで負けることはかなり少ないのですが、日本戦ではびっくりするほど負けていたので、目を疑ったほどです。 チェルシーでのミケルのパフォーマンスを8~10とすると、この試合のミケルは3~4の出来だと言っていいでしょう。

移動に関するゴタゴタで疲れてるんだなぁ。

しみじみと、そう思いました。

ですから、日本はナイジェリア相手に決定機を多数作ることに成功します。 ナイジェリアの守備はスペースは空きまくりだわ、最終ラインも全然揃ってないわ、本当にヒドかったからです。 守備重視で、さほど得点力のない手倉森ジャパンですが、この相手ならさすがに決定機を量産できます。 ジーコジャパンが、2004年にアジア1次予選で対戦したインド代表を思い出しました。 (そのときは、7-0で勝ちました)

ですから、私は、前半終わった時点で2-3とリードを許していても、ぜんぜん余裕でした。 後半、疲れからナイジェリアのパフォーマンスがさらに落ちるのは目に見えていたので、最低でも2点、普通なら3~4点は取れると思っていたからです。

が、甘かった・・・。 まさか、先に2失点するとは。 2-5。 何やってんだよ、手倉森ジャパン!

既にあちこちで言われているので、細かくは書きませんが、Jリーグしか知らない選手は脆弱ですね。 また、傲慢だとも思います。 1対1で勝つことは難しく、2対1でも振り切られることがあるのは、最初の失点で分かっていたはずです。 なのに、「2対1なら守り切れる」という意識で守っているのがアリアリでした。

セルジオ越後氏が、強化試合のブラジル戦の解説で、試合終了後に

「日本は謙虚になって欲しい。  メダルを狙うのではなく、グループステージ突破を目標にした方がいい」

という主旨の発言をしていましたが、結局、そのメッセージは手倉森ジャパンには届いていなかったようです。 謙虚に、引いて人を密集させてスペースを殺し、守って守ってカウンター、というサッカーをすれば、後半に2失点もすることは無かったと思います。 相手の守備のぬるさを考えれば、2-3で負けていようとも、逆転できる可能性は十分にあったでしょう。 ラインを下げて相手を引き込むように仕向ければ、ナイジェリアはフラフラと前に出てきたに違いありません。 そこを裏にカウンターを仕掛けるのが、手倉森ジャパンのスタイルだったはずです。 だから、浅野拓磨がベンチにいるのでしょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リオ五輪 卓球男子の組み合わせ 水谷は3回戦、丹羽は2回戦から登場 シングルス・団体戦の展望は…!?【0 to zeroのhorizon】

小学生みたいなサッカーだった…【Takanory's season review】

出てこい、男子五輪代表の“澤穂希” 〜リオ五輪サッカー ナイジェリア戦〜【スポーツ宅急便】

一つだけ ~ナイジェリア戦~【無題】

リオ五輪:いよいよ開幕。開会式での各国の旗手は?【Sports News 】

2016-8-5 リオ五輪GL ナイジェリア戦【ハムスト-Rogfailes-】

リオ五輪開幕、その前に伝えておきたいこと【スポーツ宅急便】

手倉森ジャパン痛い黒星スタート【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconmostovoi2

野球もサッカーも見るのが大好きです。

なお、コメントは大歓迎ですが、「通りすがり」やそれに類する一時的なお名前と思われるコメントや日本語の読解力に欠ける方のコメントは削除させて頂きます。
ご了承ください。

ブラジルW杯が終わったので、タイトルを元に戻しました。
東日本大震災は最悪の大災害でしたが、スポーツという観点から見ても、どうしても忘れられないし、風化させてはいけないものだと思います。
ですから、計画停電を機に立ち上げた本ブログのタイトルは、変更せずにずっとそのままにしておきます。

もう計画停電とか覚えてないのかな、みんな、、、、
  • 昨日のページビュー:529
  • 累計のページビュー:6801770

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベンゲル監督はビョーキだ。
  2. 柿谷、セレッソ復帰~日本の若き"天才"は、なぜ欧州で成功しないのか?
  3. まるでチェスか詰め将棋。ペップ・バイエルン、戦慄の攻撃戦術。
  4. 「ポゼッションサッカーの時代は終わった」と言っていた人達は、ドイツ代表を見て何を思うのか。
  5. 浅野拓磨がアーセナルに来るべきでない3つの理由
  6. 今季、アーセナルは本気でリーグ優勝を狙う。最大の敵は、、、、
  7. ガンバ大阪が降格したもう1つの理由
  8. 今季終了後にベンゲル監督は勇退せよ。
  9. ウィルシャーを育てるため、ロシツキを捨て石にするのか!?
  10. アギーレ監督は無罪だ。だから、監督を辞める必要はない。

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2011
12
11
09
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss