素人目線ですいません

下世話にドラゴンズ-53 沖縄、初上陸!(その2):初・読谷! 練習試合は完勝・大勝も、「本気で反省しないと…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。 昨日は北谷→読谷の移動見学となりました。初の読谷球場ではアラウホ、ロンドンを生観戦してきました(嬉)

朝9時過ぎに北谷球場へ。 高橋周と京田が早出の守備練習をしていました。森脇コーチの「素人目にも解るノックの上手さ」を感じつつ、丁寧で熱い指導を見ることができました。 2人の個性は対照的に見えました。 京田は「がむしゃらだけど、引っ込み思案」 高橋は「やんちゃで天才。秀逸だけど崩れやすい」 みたいな感じがしました。 京田は「お願いしますっ!」の大声で、速い打球に強く、スローイング動作も上手い。ただ緩い打球へは突っ込みが浅く、少々不安を感じました。「余裕を持って入り、一歩待つ」感覚のようで、イレギュラーなどは非常に上手な反面、緩い打球への対応に不満が残る感じがありました。 高橋は器用に打球を捌くものの、「言い訳が多いのが玉にキズ」という感じがしました。そして悪癖が1つ「ボールの握り替えが遅い」。グラブできちんとキャッチしても、右手に持ち替えるのに、1つ2つの動作が入ってしまうようで、「今は直さない方が良いくらい」身体に染み込んでいるように見えました。 左右に振られる、強い打球を器用にグラブに納めており、センスの高さを感じさせていました。ただ、打球がだんだん難しくなり、弾く回数が増えてくると、言い訳が苦しくなり、捕球も少しずつ雑になってくるように感じられました。 そのあたりは、森脇コーチが絶妙なさじ加減があったようで「旨く乗せて、旨く反省させていた」ように見えました。

11時過ぎに北谷を離れ読谷へ移動。今回はレンタカーを手配しなかったので、バスで移動。読谷村内はコミュニティバスしかなく、本数も少ないため、結構苦労しました。 ちなみに、土休日はこのコミュニティバスの本数がさらに減ってしまうため、翌日の読谷は断念し、オープン戦のみに集中することにしました。 往路は喜名で食事を済ませると偶然にも休憩中のタクシーに遭遇。おかげで12時10分に球場入りできました(喜)

読谷球場はまぁ色々でした(笑)。何と言っても「フェンスがねぇ…(悲)」というところでしょうか? まず、防球フェンスが低い。プロのファールボールではほとんどが場外へ消えていきました。特にネクセン(韓国)の選手の打球が多かったように感じました。打力ではまだ劣っているのかも知れません。 次に、上階のスタンド前の緑のフェンス高さが中途半端。前寄りの席に座るとフェンス上部の筒状部が目線の高さに入るので、かなり見づらいです。多くの人が下階に陣取っているのが解る気がしました。ただ、下階は天井が低いので、高いフライとか見づらさうですが…。 そして、メイン球場外の仕切り配置がイマイチ。特にブルペン周辺の仕切りフェンスにはもう少し工夫が欲しいように感じました。今回は入り口ドア以外で中を覗き込めるところが無く、投手の姿を見られませんでした。

ただ、メイン球場はファールゾーンが小さく、選手が近くで見られたので、とても臨場感がありました。ゲレーロ、ビシエドあたりの本塁打とかみたい球場でした。 そして、特等席はサブグランドでしたかね(笑)。試合後の帰り道、村役場へ向かう道路の際で谷と石川(?)がノックを受けていました。フェンスと選手の距離が近く、贅沢なポジションで帰りのバスの時間ギリギリまで楽しむことができました(楽)。

ネクセンとの練習試合は11―0の大勝でしたが、まぁ「手放しとは言えない」勝利に見えました。 先発の柳は「コントロールがメチャメチャ」。初回は2死満塁からの1,2塁間のライナーを野本が好捕球しての無失点でしたし、全体的に「低目に決め切れない球を捉えられていた」印象でした。オープン戦の内に修正しないとNPBの1軍級には難しいような気がしました。 2番手は、お目当てのアラウホ。やっぱりデカいです(笑) こちらはコントロールもそこそこ良く、若干変則的なモーションでもあり通用しそうな感じがありました。ただ、セットポジションは課題になりそうに思いました。クイックが下手とまでは思わないのですが、突然コントロールを乱し、死球を与えていました。セット時のリリースなど感覚を修正しないと長いイニングは厳しいかも知れません。 3番手は、もう1人のお目当てのロンドン。 投球練習は「速くて強い」印象。かつてのエディ ギャラード投手を思い出させます。 こちらは「とにかく力勝負」の感じ満載でした。とは言え、相手打者に捉えられた当たりでのアウトもあった感じなので「球威を落とさず、ストライク勝負できる球」を考え、取捨選択していく必要がありそうです。 4番手の丸山は「無難な感じ」もストレートで勝負できる感じが強くなって欲しいように思いました(良い当たりの三ゴロ・ゲッツーもあったような…)。 5,6番手の福と笠原は共に「コントロールが悪く、厳しいレベル」にある感じでした。 「ボールを見極められた」福が苦しい投球となり、「ボールを振ってもらった」笠原が上手く抑えた形になったように感じています。 2軍では小川の登板も見られておらず、左の中継ぎは「結構なピンチ」に見えてきました。 岡田はWBC帰り、岩瀬は復活途上と未知数を抱え過ぎている感もあるので、両投手には3月のオープン戦中に1ランク上の力を見せてもらいたいと考えています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

キャンプ終了!ここまで順調!!【鯨の遺伝子】

彼はいわゆるドラフト候補という人種とは違うけれども【僕の中の大投手 諭】

17.2.24 焦る必要はない【巨人を見る】

オープン戦開幕。先発は又吉!!【燃えドラ】

オープン戦 VS広島、WBCの足音【春夏秋冬ドラ応援】

下世話にドラゴンズ-52 沖縄、初上陸!(その1):慣れない土地に戸惑うが、やはり楽しい(笑)【素人目線ですいません】

直倫 したたかに【春夏秋冬ドラ応援】

又吉を本気で先発転向させるのか?【恐竜復活を願って】

ブロガープロフィール

profile-iconmoodsharkie1968ume03jan

神奈川県出身 
中京地区とは無関係ながら、何故かドラゴンズファン
ドラゴンズファン歴 30年以上
(2012年9月 全フランチャイズ球場でのドラゴンズ戦 観戦を達成)
  • 昨日のページビュー:14
  • 累計のページビュー:812745

(06月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015.07.26観戦記 ― 惜敗。諸悪の根元は「落合バブル」の首脳陣か?
  2. 下世話にドラゴンズ-28 【下世話な妄想】絶対あり得ない「大出血トレード」を考えてみる
  3. 下世話にドラゴンズ-43【下世話に裏読み】中日二軍の怪しい動きを深読みしてみる
  4. 下世話にドラゴンズ…2015開幕投手は ¨燃えろドラゴンズ!! ¨
  5. 下世話にドラゴンズ-49 【下世話に数字マジック2】ドラゴンズの支配下登録枠=70名。どう使っていくのか?勝手に予測してみました。
  6. 下世話にドラゴンズ-29 大場翔太投手が入団。そこにメッセージはないのか?
  7. 下世話にドラゴンズ-35 【勝手に心配】3/29からの6連戦、先発投手は大丈夫か?
  8. 下世話にドラゴンズ-27 和田一浩選手引退に思う、「40代絶滅」と「Dream staff という妄想」
  9. 【関東在住中日ファン】コントみたいに哀しい…。
  10. カムバック賞を狙え

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss