素人目線ですいません

2017.03.19観戦記 ー 開幕から「宿敵・カープ」に3連勝!…1軍もこうあって欲しいが(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。 昨日は超、超、チョー久しぶりにナゴヤ球場に行ってきました。

タイトルの通り、ウェスタンリーグは一足先に開幕しているのです。 前回は鈴木孝政さんの引退試合で訪れて以来なので、何十年ぶりになります。 当時のカラフルなスコアボードもシックな電光掲示板に変わり、外野スタンドを取っ払って「ナゴヤドームのサイズ」にした球場は広くて気持ち良かったです。 変わらないのは「スタンドから新幹線が見える風景」くらいでしょうか?(笑)

ドラゴンズは伊藤、バルデスの好投で広島カープに連勝中。そんな中、期待と不安を胸に第3戦を観戦することとなりました。 先発は八木。カープキラーとして、1軍のナゴヤドーム開幕シリーズにも登板する可能性がある投手です。 結果は7回を5安打、1失点にまとめ、数字上は合格だと思います。課題は「リスクヘッジ」だったように考えています。 5安打のうち、2本は「不運なモノ」だったように思います。 初回の坂倉選手の打球はバットをへし折りながら、三塁後方に飛んだハーフライナー。高橋周はダッシュが悪く追いつけず、三遊間から走ってきた阿部が土のグランド部分で抑えられる当たりでした。 2回の高橋大選手の当たりは一塁線付近にフラフラと上がった打球。赤坂は真後ろの打球にスタートが遅れ、谷が追いつくには深すぎ、古本が追いつくには少し浅い位置にポトリと落ちたヒットとなりました。  2本とも「ノックでは練習していないであろう当たり」なので、守備力向上の得難い経験としてもらいたいと思いました。 問題は残りの3本。2回の木村選手、5回の青木選手、7回の高橋大選手とも外野の頭を超される二塁打でした。これが菊池選手、新井選手、松山選手であったら、ナゴヤドームでなくマツダスタジアムのゲームであったら、オーバーフェンスの可能性も高かったように思います。恐らく失投なのだと思いますが、八木にとっては「致命傷になりかねない」ところでもあると思われるので、「ミスをしても大ケガをしない方法」を考えておいてもらいたい気がしました。 複数の球種で低目へのコントロールができる投手だと思うので、広島限定と言わず、色々な舞台で登板できるよう、足掛かりを作ってもらえたら、と感じました。 頑張れ、八木投手!

攻撃の方はかなり低調だったように見えました。高橋樹投手が良かったせいもあるのだと思いますが、球速があまり無い投手に、変化球にクルクルと回っているようでは、1軍で通用する打者になるのは厳しい感じがありそうに思いました。 6回裏の3点も相手のエラー2つが「これ以上が無いくらい」効果的な場面で出ての得点だったように感じました。 1死後の友永の二ゴロが悪送球となり出塁。谷がヒットで繋ぎ、高橋周の遊ゴロを二塁悪送球で、ゲッツー・チェンジから一転、同点となりました。 その後は「勝龍の魂(?)」を見たような気がしました。1死-1,2塁から阿部の右翼への浅いヒットに2塁走者の谷がホームへ…。微妙なタイミングも捕手が捕球したと同時にホームに滑り込み、セーフ!コリジョンルールにも助けられた勝ち越し点となりました。 そして、同時に高橋周が、また微妙なタイミングで三塁を陥れてセーフ!!その後の古本のタイムリーに繋げてくれたように感じました。…高橋周にも少しずつ「貪欲さ」が出てきているのかも知れません。その姿勢でバッティングでも「何かのひらめき」を掴んでもらいたい気がしています。 実はこの試合、「右翼から本塁のプレー」が明暗を分けたように感じています。続く7回表のカープは1死-3塁から木村選手の右フライにタッチアップ、古本→谷(?)→松井雅と渡り本塁アウト!…追い上げを阻止しています。 6回裏の阿部のタイムリーは少し無謀なホーム突入に見えたもののセーフ。7回表の木村選手のフライは(投手の状態や打順を考えれば)判断に迷うところも突っ込ませてアウト。今日は勝負の神様が少しだけドラゴンズに味方してくれたようです(嬉)。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

3/19観戦記【I like Dragons】

【西武】観客動員に暗雲が漂っている【獅子党のつぶやき】

“捨て”の「4番・丸」構想【きたへふ おおの かわくち つた゛】

ファースト直倫と開幕3連勝【春夏秋冬ドラ応援】

* 川上憲伸クン、ありがとう。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

内野手の起用法。【燃えドラ】

目立つドラゴンズの走塁死。現実化する「いつも通り」の野球【Sports as a Japanese Culture.】

憲伸さん お疲れ様でした。【竜の咆哮はきこえるか?】

ブロガープロフィール

profile-iconmoodsharkie1968ume03jan

神奈川県出身 
中京地区とは無関係ながら、何故かドラゴンズファン
ドラゴンズファン歴 30年以上
(2012年9月 全フランチャイズ球場でのドラゴンズ戦 観戦を達成)
  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:812781

(06月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015.07.26観戦記 ― 惜敗。諸悪の根元は「落合バブル」の首脳陣か?
  2. 下世話にドラゴンズ-28 【下世話な妄想】絶対あり得ない「大出血トレード」を考えてみる
  3. 下世話にドラゴンズ-43【下世話に裏読み】中日二軍の怪しい動きを深読みしてみる
  4. 下世話にドラゴンズ…2015開幕投手は ¨燃えろドラゴンズ!! ¨
  5. 下世話にドラゴンズ-49 【下世話に数字マジック2】ドラゴンズの支配下登録枠=70名。どう使っていくのか?勝手に予測してみました。
  6. 下世話にドラゴンズ-29 大場翔太投手が入団。そこにメッセージはないのか?
  7. 下世話にドラゴンズ-35 【勝手に心配】3/29からの6連戦、先発投手は大丈夫か?
  8. 下世話にドラゴンズ-27 和田一浩選手引退に思う、「40代絶滅」と「Dream staff という妄想」
  9. 【関東在住中日ファン】コントみたいに哀しい…。
  10. カムバック賞を狙え

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss