ピノキオ〜「クビ差」で「クビ」になったはずなのに、舌の根も乾かぬうちに再開した厚顔無恥なブログ

素直に稀勢の里を応援できたらどんなに楽なんだろう、って思う日々

このエントリーをはてなブックマークに追加

世間的には、若乃花以来19年ぶりの日本人横綱の誕生、そして17年ぶりの4横綱時代と盛り上がりを見せる大相撲春場所。 しかし、何か冷めている自分がいる。ブログの更新が11日目が終了してからになってしまったのもそれが原因。

わたしは今さら稀勢の里が横綱に上がったことをとやかく言うつもりもない。11日目を終えて全勝の稀勢の里はヒヤットするところはあるにはあるが、全体的には非常に安定感のある内容で、去年までは考えられなかった、横綱に相応しい相撲を取っていると思う。

でも今の稀勢の里は何か違う。

わたしはずっと稀勢の里に優勝して欲しかった。あと一歩のところでそれを逃し、落胆し、諦め、それでも忘れることが出来ず、またズルズルと追いかけてしまう。そんなのは望んでいなかったはずなのに....

しかし、今ではそんな日々が懐かしくさえ思う。

先場所後の横綱昇進は唐突な感じはあったものの、上がったこと自体は良かったと思ったのに。

白鵬、豪栄道が休場し、日馬富士、鶴竜の成績も振るわない中、稀勢の里が優勝しても驚かないし、去年までならあった「それでも最終的にはダメなんだろうな」という感覚も今場所に限ってはない。

ここ2場所、確かに上位陣に休場や成績不振が目立つのは事実だけど、それは稀勢の里が大けがせずにずっと頑張ってきた間に白鵬はじめ他の力士が勤続疲労で調子を落としたともいえ、「無事是名馬」を地でいく稀勢の里の誇っても良いところだ。 今川義元、北条氏康、武田信玄、上杉謙信。織田信長、そして豊臣秀吉亡き後天下を取った徳川家康に文句言うようなものだ。

でも、ライバルがいないのもイマイチ自分の中で盛り上がりを欠く要因の一つ。白鵬に全盛期のような気迫で戻ってきて欲しいけどなあ。

このまま稀勢の里が独走するのは面白くないと、今では何となく照ノ富士を応援している。

勝手な奴だと本当に思う。あれだけ望んでいた状況を手に入れたのに、今さらそれに満足しないなんて。きのう終わった「東京タラレバ娘」かよって。

人間って贅沢な生き物だな。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
春場所
稀勢の里

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

素直に稀勢の里を応援できたらどんなに楽なんだろう、って思う日々

りうなんさんコメントありがとうございます。

返信が遅れていた間にとんでもない事態になってしまいました。怪我したのは残念ですが日馬富士戦は完全に相手の相撲にやられていました。ただこうなってしまうと今後、精神面と怪我の具合と色々難しくなってしまいますね。

ほんと贅沢ですねーー

人は上へ向かって進む人を応援するのが好きなので、上に上がっちゃった人が優勝重ねてもつまんないって思いますよ。

稀勢の里が横綱になったのは普通に私も嬉しい!だけど、これからも優勝してーと思っているかといったら『???』かも(笑)

横綱は強いのが当たり前。若手が躍動したけどなんだかんだで最後は横綱の場所だった・・・ってゆー感じになっちゃったらなっちゃったでOKです!!

こんな記事も読みたい

画像庫御開帳(ムエタイ編62)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

今場所の照ノ富士は 一味違う【スポーツ よもやま話】

力強さを取り戻した照ノ富士関。新横綱の強力なライバルになることを期待する【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-iconmongoal

「やめたんじゃねーのかよ」というご意見はごもっとも。でも長州力だって藤波辰爾だってダンプ松本だって都はるみだって新庄剛志だってみんなやめといってやめるのやめてんだ。若人あきらだって数々の改名を経て我修院達也として復活しているし。イエモンはじめバンドも再結成ブームだし。
大体、宝塚記念は○◎×で決まり、回収率の縛りがなかったら3連単なんかで勝負しなかったんだよ〜。実際は3連複当てているし。

とにかく再開させてもらいます。よろしゅうお願いいたしやす。
  • 昨日のページビュー:134
  • 累計のページビュー:8639237

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 暗黒の皐月賞13連敗史から傾向と対策を練る〈前編2002〜2006〉
  2. 天皇賞に見放された男〜秋天の連敗を12で止めるため過去の傾向を探る〈後編〉
  3. 暗黒の皐月賞13連敗史から傾向と対策を練る〈後編2007〜2014〉
  4. ついに組まれた、白鵬VS逸ノ城!!千秋楽の相手は誰がに?
  5. オレの有馬1本勝負!〜有馬記念2011→2013〈爻ノ篇〉/life goes on
  6. 天皇賞に見放された男〜秋天の連敗を12で止めるため過去の傾向を探る〈前編〉
  7. 嗚呼、さらばジャパンカップダート
  8. 〔臨時復活〕VS武豊〜朝日杯3歳S1998/ロード
  9. 有馬記念メダリストTHE NEXT〈前編 1998→1999〉
  10. 〔臨時復活〕VS武豊〜JAPAN CUP2006/I am waiting for you

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss