ピノキオ〜「クビ差」で「クビ」になったはずなのに、舌の根も乾かぬうちに再開した厚顔無恥なブログ

6大関が2大関に。下手したら名古屋では大関がいなくなる。現4大関はそれぞれの道へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成24年(2012年)夏場所から鶴竜が大関に昇進し、史上最多の6大関時代を迎えた。6大関時代は3場所続き、九州場所から日馬富士が横綱に昇進し5大関となった。翌年初場所で、把瑠都が関脇に陥落し4大関に。さらに九州場所では何とか大関に留まっていた琴欧洲が関脇に陥落。翌2014年には鶴竜が横綱に昇進し、夏場所からは稀勢の里と琴奨菊の2大関となったのである。

来場所、この2大関が大関でなくなる(予定)。今場所初優勝した稀勢の里は横綱昇進が決定的となり、ちょうど一年前の初場所で日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たした琴奨菊は関脇の地位で相撲を取ることに。 結果として6大関の中で日馬富士、鶴竜、稀勢の里が横綱昇進。把瑠都、琴欧洲、琴奨菊の3人は大関から陥落。なんとも対照的な結果となってしまった。大関のままで引退というのは魁皇が最後ということに。

その後、照ノ富士と豪栄道が大関に昇進し、来場所からはその2人による2大関時代となるが、両者ともケガを抱え決して安泰というわけでもない。特に来場所カド番の照ノ富士は、師匠の旭富士の伊勢ヶ濱親方は「少しづつ良くはなっているんですけどね」何て言ってるが、そうは思えず、来場所だってどうなるかは分からない。豪栄道は大関キープのまま御当地場所を迎え気合いは入るんだろうけど、ケガを抱え安心は出来ない。 下手したら大関空位もあり得る事態だ。豪栄道が踏みとどまる可能性は高いが。大関空位というのは長い大相撲の歴史で全くなかったわけではないが、横綱が4人もいるのに大関がいないなんていういびつな状態で大相撲は続いていく。4横綱といっても(既に稀勢の里が上がる前提になっているが)皆30代で若くはない。日馬富士、鶴竜はケガもあり成績は安定せず、白鵬も今場所の内容を見ると休場した影響がまだ残るのか本来の強さではなく、稀勢の里の快挙の影に隠れてはいるが、今後の大相撲界はどうなるのか見通せない。

次期大関候補と言われる玉鷲、高安にしても、今場所11勝した高安は先場所負け越したので大関取りはリスタートだし、玉鷲も今場所が9勝どまりだったためそうすぐには上がれないだろう。御嶽海、正代辺りがどこまでやれるかだが、正代も今場所負け越したのが痛かった。それでも来場所は小結には留まれそうだけど。

それにしても稀勢の里は横綱、豪栄道は大関、照ノ富士はカド番大関、琴奨菊は関脇と、現4大関は来場所、全く違う立場で迎えることになった。4横綱2大関3関脇(たぶん)で迎える春場所はどうなるのだろうか。

ただ稀勢の里がなかなか優勝できないっていうのをネタに出来なくなったのがちょっと残念ではある。

琴奨菊は大関返り咲きの可能性はある。ただ来場所10勝はなかなか厳しいでしょうね。

稀勢の里横綱昇進の件は決まったらやんや言うつもりはないけど、何か言うかもしれない。

では。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
2大関
6大関
照ノ富士
豪栄道
大関陥落
大関空位
大関取り
大関
魁皇
稀勢の里
鶴竜
日馬富士
琴欧洲
琴奨菊
把瑠都

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

平成二十九年初場所、稀勢の里初優勝。横綱昇進へ。【相撲、面白い】

手放しで喜べない稀勢の里の横綱昇進【スポーツ えっせい】

稀勢の里の横綱昇進と横綱としてのスタイル【名相撲つれづれ草】

ブロガープロフィール

profile-iconmongoal

「やめたんじゃねーのかよ」というご意見はごもっとも。でも長州力だって藤波辰爾だってダンプ松本だって都はるみだって新庄剛志だってみんなやめといってやめるのやめてんだ。若人あきらだって数々の改名を経て我修院達也として復活しているし。イエモンはじめバンドも再結成ブームだし。
大体、宝塚記念は○◎×で決まり、回収率の縛りがなかったら3連単なんかで勝負しなかったんだよ〜。実際は3連複当てているし。

とにかく再開させてもらいます。よろしゅうお願いいたしやす。
  • 昨日のページビュー:36226
  • 累計のページビュー:8723762

(05月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 暗黒の皐月賞13連敗史から傾向と対策を練る〈前編2002〜2006〉
  2. あれから5年...競馬界の都市伝説『青葉賞馬がダービーを勝てないのは○○だからだ』を再検証してみる
  3. 天皇賞に見放された男〜秋天の連敗を12で止めるため過去の傾向を探る〈後編〉
  4. 暗黒の皐月賞13連敗史から傾向と対策を練る〈後編2007〜2014〉
  5. ついに組まれた、白鵬VS逸ノ城!!千秋楽の相手は誰がに?
  6. 天皇賞に見放された男〜秋天の連敗を12で止めるため過去の傾向を探る〈前編〉
  7. オレの有馬1本勝負!〜有馬記念2011→2013〈爻ノ篇〉/life goes on
  8. 嗚呼、さらばジャパンカップダート
  9. 〔臨時復活〕VS武豊〜朝日杯3歳S1998/ロード
  10. 有馬記念メダリストTHE NEXT〈前編 1998→1999〉

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss