briLLiant road

ここから始まる、稀勢の里版『ヤヌスの鏡』

このエントリーをはてなブックマークに追加

“古代ローマの神・ヤヌスは、物事の内と外を同時に見ることが出来たという。この物語は、ヤヌスにもう一つの心を覗かれてしまった少女力士の壮大なロマンである。もし、あなたにもう一つ顔があったら....。”

2017年が初まり、半月が過ぎた。これが今年初のブログの更新。今年も宜しゅう願います。

さて、大相撲初場所は中日を終えた。先場所優勝の鶴竜はいつも通りの鶴竜に戻り、その他の横綱大関陣も苦戦が続いている中、白鵬と稀勢の里が7日目まで勝ちっ放し。このままマッチレースで千秋楽で直接対決か、と心躍ったものの、日馬富士が休場し、「決戦は金曜日」になりそうなんて考えていた。

まずは全勝の稀勢の里が隠岐の海に攻め込まれるも、得意の土俵際の突き落としで辛くも白星を掴んだが、結びで波乱が起った。白鵬が日馬富士が乗り移ったかのような立ち合いで、左に変化気味に動いて上手をつかんだが、同じく左上手をつかんだ荒鷲に攻め込まれ土俵を割ってしまった。調子が上がってきた白鵬に若干の慢心があったのか。とにかくこれで、相撲で負けていながら勝利を掴んだ稀勢の里が単独トップに立った。

こういう展開になると、勢いに乗って連勝街道と行きたいところだが、稀勢の里はヤヌスでなくてもバレバレのもう一つの顔がある。自分有利な状況になると人が変わったようにガチガチになって、あり得ないような相撲内容で負けるあの顔だ。 先場所も3横綱を続けて倒し、優勝の目が出てきたとたんにもう一つの顔が現れた。また大映テレビよろしくの展開を迎えるのだろうか。

その稀勢の里の今日9日目のの対戦相手は、カド番大関の琴奨菊。ここまで2勝6敗と大関陥落は目前に迫ってしまっている。満身創痍の体で先場所に続き精彩を欠く相手。普通なら負けない。そう、普通なら。しかし、稀勢の里にもう一つの顔、ドラマ「ヤヌスの鏡」でいうところの大沼ユミ、いやむしろ気弱な小沢裕美の方か、とにかくガチガチになってこういう崖っぷちの相手にウソみたいな相撲で負けるのが稀勢の里なのだ。今まで何度もここというところで琴奨菊にやられてきた。琴奨菊も大関残留のためなりふりかまってられないはず。稀勢の里は大沼ユミ張りのふてぶてしさで琴奨菊に引導をわたし、初優勝に向かって突き進めるか。もしここで負けるようなら今年も遠いかもしれない。

17時45分頃に、

「あ〜あ、やっぱり」

こんな声が日本全国から聞こえてきそうな予感が。

まだ9日目でこんな気分になるのもなんだけど。期待しすぎずに見ることにする。

では。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
ヤヌス
小沢裕美
大沼ユミ
ヤヌスの鏡
初場所
白鵬
琴奨菊
稀勢の里

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1257 激闘! UFC206 カブ・スワンソンvsチェ・ドゥホ【人生マイペンライ】

17.1.14 NHKアナウンサー番付2017 前編【巨人を見る】

大相撲のライバルが、過去の大相撲である理由。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconmongoal

スポナビブログ自体が無くなるので、最後は元の名前に戻して終わらせる事にします。
  • 昨日のページビュー:104
  • 累計のページビュー:8846241

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 暗黒の皐月賞13連敗史から傾向と対策を練る〈前編2002〜2006〉
  2. あれから5年...競馬界の都市伝説『青葉賞馬がダービーを勝てないのは○○だからだ』を再検証してみる
  3. 天皇賞に見放された男〜秋天の連敗を12で止めるため過去の傾向を探る〈後編〉
  4. 暗黒の皐月賞13連敗史から傾向と対策を練る〈後編2007〜2014〉
  5. ついに組まれた、白鵬VS逸ノ城!!千秋楽の相手は誰がに?
  6. 天皇賞に見放された男〜秋天の連敗を12で止めるため過去の傾向を探る〈前編〉
  7. オレの有馬1本勝負!〜有馬記念2011→2013〈爻ノ篇〉/life goes on
  8. 嗚呼、さらばジャパンカップダート
  9. 〔臨時復活〕VS武豊〜朝日杯3歳S1998/ロード
  10. 有馬記念メダリストTHE NEXT〈前編 1998→1999〉

月別アーカイブ

2017
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss