briLLiant road

オレの有馬2017〜さよならだけどさよならじゃない

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の競馬も日付替わって今日一日で終わり....じゃないんだな、今年は(来年以降もやるらしいけど)。まあ、ホープフルSがGⅠ昇格がどうかとかいう時間もないし、というか、ブログ自体が消滅してしまうということで、おそらくこれが最後の予想となる見込み。 一回やめると言ってやめた人間が言うのもなんだが、その場が無くなるのってのは寂しいもんだ。自分でやめると言った時には、いつか再開できる目は残せたのだが、今回はそれがなく、一応、どこかに移籍も考えているけど、他のサイトを見に行って改めて、このスポナビブログは恵まれていたと思った。Yahoo!のホームページから入っていけて、読む方だけでなく、書く方も楽だったし、今考えたらこんなブログに最高で確か一日10万近いPVがあったりしてウソみたいだった。 このブログの予想を参考にしてくれた人がいたのかどうかはわからないが、一昨年の有馬みたいにキッチリと当てて締めくくりたいと思う。

ということで今年の有馬記念の予想をば。

今年の有馬記念の最大のトピックはやはりキタサンブラックが引退レースを飾れるかだ。以前わたしは「引退レース」と「ラストラン」は違うと書いたが、「引退レース」とはこのレースが最後と決めて走るレースで、ラストランとなると「引退レース」だけでなく、結果的に最後になってしまったものも含まれる(1997年2着のマーベラスサンデーなど)。

「引退レース」の代表例で言えば、やはり1990年のオグリキャップ、2003年のシンボリクリスエス、2006年のディープインパクト、2013年のオルフェーヴル、2014年のジェンティルドンナなどがあり、印象強く残っている人も多いだろう。 しかし、残念ながら「引退レース」を飾れなかった馬も当然いて、代表例を挙げると2011年のブエナビスタは2番人気だったが7着に終わり、ゴールドシップも1、3、3着と3年連続で馬券内だったが2015年は1番人気ながら8着に敗れている。さらに2001年のテイエムオペラオー、メイショウドトウもそれぞれ5、4着と圏外に沈んだ。 どんな名馬でも長年重ねてきた勤続疲労のようなものがあったりで、有終の美を飾るのは楽ではないのだ。

ではキタサンブラックはどうか。なんやかんやケチをつけようとすれば出来るのだが、有終の美を飾る可能性が高いと思う。キタサンブラックはここ2年3、2着とあと一歩で勝ててないが、今年はここ2年の勝ち馬サトノダイヤモンドとゴールドアクターは不在で、一昨年の2着馬サウンズオブアースは大敗続きで厳しそう。 新興勢力はというと、当初レベルが低いとレッテルを貼られていた3歳馬は、ダービー馬のレイデオロはジャパンカップでキタサンブラックに先着するなど、いつしかハイレベル何ていうメディアすらあるが、その中で一番のスワーヴリチャードはやはりコース適性がカギ。そこは今年GⅠ6勝のM.デムーロ、大舞台でこういう馬を勝たせる可能性は十分ある。有馬記念はなぜかシンボリクリスエスやゼンノロブロイ、ハーツクライにサトノダイヤモンドとダービー2着馬が強いレース。ちなみにシンボリクリスエスが勝った2003年、ハーツクライが勝った2005年、サトノダイヤモンドが勝った昨年と2着馬は全て武豊だったのね(後の2002、2004年はタップダンスシチー)。4頭ともここがGⅠ初制覇だった。ということは今年は... 新興勢力でいうとあとはシャケトラ。GⅠ戦線に飛び込みかつての勢いは無くなったが、前2走は左回りが合わなかった可能性も(実際、中京でも負けている)。

今回予想する上で、改めて昨年のレースを見てみた(去年は現地観戦でじっくり見れる環境じゃなかったし)。マルターズアポジーが大逃げで、キタサンブラックは2番手から。サトノダイヤモンドやゴールドアクターもキタサンブラックをマークするような位置取りで決してキタサンブラックにとっては楽な展開でもなかった。結局人気3頭で決まったわけだが、その内の2頭が今年はいない。5、6着だったミッキークイーン、シュヴァルグランは外から上がってきたが勝ち負けには加われず。コース適性にも疑問がある。その中で4着のヤマカツエースは窮屈な中を割って伸びてきており、ちょっと面白そうだ。前年の1、3着馬がいなくて、2、4着馬で決まる。なんて簡単な事になるかもしれない。やや距離が長いものの、中山コースは重賞を2勝しており得意で、池添謙一も有馬記念3勝と武豊を上回る。最内で我慢させてシレッと2、3着に来てもおかしくはない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
武豊
ヤマカツエース
キタサンブラック
有馬記念

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

キタサンブラック 愛された理由【137のブログ@スポナビ+】

【重賞展望】整いました!【hanakota_horse_club】

第62回有馬記念 最終馬券予想 最終ブログになりそうです【中央競馬 馬券予想】

ブロガープロフィール

profile-iconmongoal

スポナビブログ自体が無くなるので、最後は元の名前に戻して終わらせる事にします。
  • 昨日のページビュー:59
  • 累計のページビュー:8878393

(01月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 暗黒の皐月賞13連敗史から傾向と対策を練る〈前編2002〜2006〉
  2. あれから5年...競馬界の都市伝説『青葉賞馬がダービーを勝てないのは○○だからだ』を再検証してみる
  3. 天皇賞に見放された男〜秋天の連敗を12で止めるため過去の傾向を探る〈後編〉
  4. 暗黒の皐月賞13連敗史から傾向と対策を練る〈後編2007〜2014〉
  5. ついに組まれた、白鵬VS逸ノ城!!千秋楽の相手は誰がに?
  6. 天皇賞に見放された男〜秋天の連敗を12で止めるため過去の傾向を探る〈前編〉
  7. オレの有馬1本勝負!〜有馬記念2011→2013〈爻ノ篇〉/life goes on
  8. 嗚呼、さらばジャパンカップダート
  9. 〔臨時復活〕VS武豊〜朝日杯3歳S1998/ロード
  10. 有馬記念メダリストTHE NEXT〈前編 1998→1999〉

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss