briLLiant road

世間の関心は所詮、白鵬の優勝よりも日馬富士事件なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポナビブログが終了間近で実質ラスト場所という事で、場所前は、沢山更新するぞ、と思っていましたが、例の日馬富士事件が発覚し、自身もちょっと忙しかった事もあり、結局ここまで更新できず。そうこうしているうちに本日14日目に白鵬が40度目の優勝を達成。今場所も鶴竜は全休、稀勢の里、高安が途中休場し、日馬富士は連敗の後、事件が発覚し、一応怪我のためとなってはいるものの、土俵に上がれる状況でもなく途中休場と上位陣が豪栄道以外不在の中、白鵬が独走し優勝となったわけだが、全然土俵上の事は話題にならず。なっても白鵬が嘉風戦で自ら物言いをつけた事くらいで、テレビは朝昼晩、日馬富士事件の事ばかり。そんなに世間はこの事件に関心があるのだろうか。わたしなんかはこの事件の件になったらチャンネルを換え、ても別でもやってるので、テレビを消してしまうくらい辟易としている。

貴乃花の行動が不可解だとか、貴ノ岩の発言がどうとか、モンゴル人会はおかしいだとか、本当に見飽きたよ。

確かな事は、日馬富士が貴ノ岩を殴った。いかなる理由があろうと手を出した方が悪い。これだけだと思う。

わたしも日馬富士が好きだし、あの軽量で横綱になり、オリジナルのスピード相撲で優勝を重ねた希有な力士がこの件で引退なんてなったら残念だ。しかし、状況的にそれは避けられない気がする。大関以下なら1年間出場停止とかで番付はガンガン下がるけど、横綱という特性からそれもないわけで、かといって降格というのも非現実的だし。あとは警察がどんな判断を下し、協会がどう処分するかだ。マスコミが騒いだところで何も変わらないんだよ。旭鷲山みたいな現場にいなかった人間がうろちょろするのも余計な事だな。

スポナビブログラスト場所となった今場所は白鵬の優勝に終わったが、八角部屋の北勝富士、隠岐の海の二人が頑張ったし、逸ノ城や遠藤といったちょっと前は怪物と騒がれていた力士も復調気配で、安美錦みたいな大ベテラン(でもオレより年下なんだよ)も幕内に復帰したりと面白い場所だったと思う(本当は上位陣にもっと頑張って欲しいところだけど)。

いつまでこの騒動が続くのかと思うと本当に鬱陶しい。早く事件の全容が明るみになって、協会には世間がどう思うとかではなく公正なジャッジをして欲しいと思う。日馬富士が引退しなくていいような処分は難しいかもしれないけど。

わたしがブログ始めた2010年頃は相撲人気はどん底で、ここで相撲ブログなんてやっているのは3人くらいしかいなかった。2011年には八百長問題で震災後の春場所は中止になり、もうこんな事はイヤだと思っていたのに、またこんな事件が出てしまったのは残念というしかない。他のスポーツとかでも事件とかは大小問わず色々あるんだけど、大相撲となるとアホみたいに騒ぐのは何なんでしょう。もっと純粋に相撲を楽しみたいものです。

相撲ネタでの更新はこれでおしまいにならないようにしたいんだけどどうなることやら。

では。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
白鵬
日馬富士事件
日馬富士

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【メディア情報】産経系サイトIRONNAに記事が掲載されました。【幕下相撲の知られざる世界】

3場所ぶりの白鵬戦に挑む遠藤。勝って飛躍のきっかけを掴むか?【独断と偏見の相撲ランキング】

貴ノ岩や親方がコメントしないのは【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconmongoal

スポナビブログ自体が無くなるので、最後は元の名前に戻して終わらせる事にします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:8878204

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 暗黒の皐月賞13連敗史から傾向と対策を練る〈前編2002〜2006〉
  2. あれから5年...競馬界の都市伝説『青葉賞馬がダービーを勝てないのは○○だからだ』を再検証してみる
  3. 天皇賞に見放された男〜秋天の連敗を12で止めるため過去の傾向を探る〈後編〉
  4. 暗黒の皐月賞13連敗史から傾向と対策を練る〈後編2007〜2014〉
  5. ついに組まれた、白鵬VS逸ノ城!!千秋楽の相手は誰がに?
  6. 天皇賞に見放された男〜秋天の連敗を12で止めるため過去の傾向を探る〈前編〉
  7. オレの有馬1本勝負!〜有馬記念2011→2013〈爻ノ篇〉/life goes on
  8. 嗚呼、さらばジャパンカップダート
  9. 〔臨時復活〕VS武豊〜朝日杯3歳S1998/ロード
  10. 有馬記念メダリストTHE NEXT〈前編 1998→1999〉

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss