独断と偏見の相撲ランキング

9日目の宝富士戦の姿が、横綱稀勢の里の責任の取り方なのだろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

九州場所も10日目を終えて、いよいよ後半戦に入ってきた。

いよいよ今年最後の大相撲も、佳境に入り盛り上がりを見せてくるところだ。

しかし、ここで残念なニュースが入ってきた。

横綱稀勢の里が、10日目から休場となったのだ。

9日目の時点で5敗と黒星が先行し、状態が悪い事が分かっていたので仕方がないところだろう。

■休場は妥当な判断だ

稀勢の里の休場の理由は、腰部挫傷、左足前距腓靱帯損傷とのことだ。

以前投稿した記事にも書かせてもらったが、

「稀勢の里の左足首の怪我は深刻だ。 悪化する前に休場すべきだろう」 sumo1982.jp/blog-entry-142.html

今場所の稀勢の里は、 左足の状態は相当悪く、相撲を取れる状態ではなかったのだ。

場所前の稽古では、嘉風や琴奨菊といった実力者相手に三番稽古で圧倒し状態の良さを示したが 本場所で本気の相手とぶつかり、相撲を取るには十分な状態ではなかったのだろう。

これから、豪栄道や白鵬といった上位戦が組まれることを考えれば 怪我をこれ以上悪化させないために休場を選択したの間違いではない。

綱の責任を果たしたいという気持ちはわかるが、ここは怪我を癒す事が先結だ。

そして、今にして思うと 稀勢の里は9日目の宝富士との一番に今場所の全てを賭けていたように感じられるのだ。

■宝富士戦が今取れる全力の相撲だった

稀勢の里は、通常立ち合いの際に左足で踏ん張って前に出る。

しかし今場所は左足に負荷をかける事が出来ず、右足で踏ん張っていた。

宝富士との取り組みを見てみると、立ち合った後、通常の左足で踏ん張っているのだ。

これは前日の逸ノ城戦から、連日で見せていたのだが、

怪我をした足を使ってでも勝ちたいという稀勢の里の強い気持ちの表れだろう。

そして、これまでほとんど掴んでこなかった、生命戦の左の下手廻しを最後まで引いて離そうとしなかった。

完全でない左上腕と左足をかばうため、ほとんど廻しを引かなかった稀勢の里が 痛みを堪えて必死に廻しを掴んでいた。

まるで、怪我による不振という濁流の中で必死に何かを掴もうともがいているように見えた。

ただ、稀勢の里の身体は、もう限界だった。

宝富士が、左の下手投げを打つと 稀勢の里は、ばたりと土俵に倒れたのだった。

正直、宝富士の下手投げはそこまでキレがいいものではなかった。

怪我をする前の稀勢の里であれば、しのぐことができただろう。

しかし、この日の稀勢の里は、耐えられなかった。

立ち合いで左足を使い、 今場所見たことのない、左下手廻しへの執念を見せたにも関わらずだ。

つまり、今の稀勢の里は 全力を出しても、平幕力士に勝つことができないという厳しい状況なのだ。

簡単な下手投げに耐え切れず倒れこんだ横綱の姿は、 2場所連続優勝で輝いていた頃に比べあまりにも無残でみじめだった。

しかし、この姿こそ稀勢の里が選んだ、 横綱としての綱の責任を果たそうとする姿なのだろう。

■たとえ無様でも、最後まで全力で戦うこと。それが稀勢の里の横綱としての責任の取り方なのだ

稀勢の里の今場所の相撲を振り返ると、 初日の玉鷲戦から相手の突き押しに下がる際に、左足を浮かしていることがわかる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

9日目の宝富士戦の姿が、横綱稀勢の里の責任の取り方なのだろう

善戦して評価されるのは関脇以下の力士だけ
横綱は勝たなければ、価値はない
ガラスの精神にガラスの肉体、もう無理だろう

こんな記事も読みたい

ケガに強い稀勢の里だったはずが【スポーツ えっせい】

暴走を始めた貴乃花親方の一人相撲はいつまで続く?【大相撲コラム 私は見た!】

日馬富士暴行事件 (Part 3) - 見えてきたストーリー【ネットの時代 - 言いたいことをありがたく発信させて頂きます- 】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:169
  • 累計のページビュー:1605379

(12月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 白鵬のかち上げを肯定する人の気持ちは理解できない
  9. 9日目の宝富士戦の姿が、横綱稀勢の里の責任の取り方なのだろう
  10. 横綱審議委員は無責任な発言を止めるべきだ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss