独断と偏見の相撲ランキング

白鵬、時間前に立つのはいいがダメ押しはいらないでしょ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年九州場所は早くも5日目までの日程を消化した。

いつもなら、ワクワクした気持ちで本場所開催中の15日間を楽しむ私なのだが、 日馬富士の暴行事件の影響で、モヤモヤとした気持ちが晴れないでいる。

九州場所の開催地である、福岡国際センターも15日間満員御礼が決定したと場所前に報じられていたが、 事件の影響からか空席が目立つように感じる。

不祥事が発覚した状態で、大相撲を見に会場に足を運んで良いものか、戸惑う方も少なからずいるということなのだろうか?

周囲が急に騒がしくなったことで、力士たちにも同様が走っているという記事も目にしている。

少なくとも、現状はTVで観戦している限り、 事件の影響が土俵上の相撲内容に影響を及ぼしていることは無いと思われる。

力士一同が集中して取組に臨んでいることが大きいが、 抜群の相撲内容で場所を引き締めてくれている横綱の存在が、 ともすれば事件の悪影響を及ぼしかねない雰囲気を一掃してくれていると感じている。

その横綱とは、もちろん39回の優勝を誇る大横綱白鵬だ。

【オススメページ案内】 九州場所全日程の幕内力士採点を行なっております http://sumo1982.jp

◼︎今場所の白鵬は、ここ1、2年で一番の状態だと感じられる

白鵬は、今場所の開催前から状態が良いことは度々報じられてきた。

秋巡業後、関取衆と稽古を開始したのは通常より早く、そして稽古を終えたのは通常より遅かったという。

専ら、本場所の初日を7割程度に仕上げて、場所中に調子を上げるというのが白鵬の調整法として知られているが 今場所は、初日から100%の状態で九州場所に望んでいるようだ。

その証拠に、今場所は5日目まで完全に相手を圧倒して完璧に近い相撲を見せている。

白鵬は、2017年の夏場所、名古屋場所と連覇したが、その時は本来の四つ相撲ではなく、 回しを取らず、張り手といなしで勝つ相撲が目立っていた。

夏場所を全勝、名古屋場所を14勝1敗とほぼ完璧な結果を残したものの 本来の力強さに欠ける取り組みが少なくなかったのだ。

しかし、今場所は得意の右四つで万全な相撲を見せている。

また出足のスピードは、尋常ではなく全盛期を彷彿とさせるほどである。

そして、何よりも気合の乗りが素晴らしいのだ。

それを裏付けたのが、5日目の栃煌山戦である。

栃煌山の気合が高まっていると感じると、躊躇なく時間前に立って勝負を決めに行ったのだ。

結果として、栃煌山にその気は無く立ち合い不成立となったが 機を見て素早く反応するのは、集中力を高めていなければできないことであり 何よりも気合が乗っていることの証拠だろう。

そして、時間いっぱいで再び胸を合わせた栃煌山を難なく押し出してみせたのだ。

今場所の白鵬はV40という偉業に向けて気力体力ともに充実していると感じる。

ただ、 その素晴らしかった栃煌山戦は最後にケチがつく内容だった。

◼︎偉業に泥を塗りかねない行動は慎むべきだ

白鵬は、栃煌山を見事に押し出した。

ここまでは良かった。

しかし、気合が乗りすぎたのだろう。

すでに土俵の外に出ていた栃煌山を、再び押して土俵の下に落としたのだ。

栃煌山が押し出された段階で、すでに身体1つ分程出ており 止めようと思えば最後の一押しは止められたはずだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「白鵬、時間前に立つのはいいがダメ押しはいらないでしょ?」へのコメント

>>不可抗力の相手の力に対する反作用とは具体的になんでしょうか?

土俵際の攻防はガチ相撲である以上、逆転のリスクがあるから相手が諦めていない状況で力を抜くと逆転されるリスクがある。それを避けるために力を抜かないで、念を入れてさらに前にでることはダメ押し目的ではなく不可抗力ということ。ちなみに今日の北勝富士戦は明らかに相手がが出た後に押していたからダメ押し。

白鵬、時間前に立つのはいいがダメ押しはいらないでしょ?

>nishimura66 さん

ブログ主です。
ご返信いただきありがとうございます

いただいたコメントでわからないところがあったのでお聞きしたいです。

>不要なひとつきと不可抗力の相手の力に対する反作用の区別がつかないのかと言ってるんだけど

不可抗力の相手の力に対する反作用とは具体的になんでしょうか?
申し訳ないですが、よくわからないのでご説明いただけると嬉しいです。

>お互い必死なんだから、相手が出たかどうかなんて気が付かないことなんていくらでもある。


うーん、この意見には同意しかねます。
白鵬がいなした際に、栃煌山は大きくバランスを崩して土俵際にいます。
そこから、白鵬が押して栃煌山は後退しているのだから
白鵬ほどの力士であるならば、その段階で相手が土俵の外にいることは十分認識できていると思うのですが。。。

白鵬、時間前に立つのはいいがダメ押しはいらないでしょ?

初めまして。コメント失礼します。
私も、この日のダメ押しは気になりました。こんな状況の中、連日先場所全休を全く感じさせない取り組みだけなだけに。
イラついていたのかな、悪いクセが出たな、と思いましたヨ。

「白鵬、時間前に立つのはいいがダメ押しはいらないでしょ?」へのコメント

だから、不要なひとつきと不可抗力の相手の力に対する反作用の区別がつかないのかと言ってるんだけど、どうやら分かってないようだね。こんなものをダメ押しとか言ってたら相撲なんて成立しない。結論が決まっている芝居をやってるわけじゃないんだよ。お互い必死なんだから、相手が出たかどうかなんて気が付かないことなんていくらでもある。そんな状況で力を抜いたりしたら、突き落としを食らう可能性もある。何でも白鵬=ダメ押しの固定観念で叩けばいいというものではない。

こんな記事も読みたい

観戦記1365 NABFフェザー級王座戦 ジョセフ・ディアスvsアンドリュー・カンシオ【人生マイペンライ】

日馬富士の一件で、「にわかアンチ相撲ファン」に振り回されるな。【幕下相撲の知られざる世界】

大橋が12.1に日本タイトル初挑戦へ!【角海老-ボクシングコラム】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1605379

(12月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 白鵬のかち上げを肯定する人の気持ちは理解できない
  9. 9日目の宝富士戦の姿が、横綱稀勢の里の責任の取り方なのだろう
  10. 横綱審議委員は無責任な発言を止めるべきだ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss