独断と偏見の相撲ランキング

若手の優勝は実現するのか?約60年の6場所の優勝者の番付を調べて見た

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、相撲界は大きく変わりつつある。

長く第一人者であり続けた白鵬にも少しづつ衰えが見え始めたからだ。

そして、望まれるのは新しい力。 つまり若手が並み居る上位陣を押しのけて優勝する姿である。

以前 「若手の優勝は実現するか?約60年間の優勝者の番付から分析する」 http://sumo1982.jp/blog-entry-116.html

という投稿をさせてもらったが、 約60年間で、関脇以下の力士の優勝率は10%しかないということがわかった。

横綱大関の強さを、改めて裏付ける結果となってしまったのだ。

ただ、確率的には、約10場所に1回は関脇以下の力士に優勝がある ということだ。

2010年代の関脇以下の優勝を調べてみると

平成24年5月場所 旭天鵬

平成27年5月場所 照ノ富士

となっている。

平幕だった旭天鵬の優勝から、照ノ富士の優勝まで所要18場所 そして、関脇照ノ富士の優勝から九州場所は15場所目となる。

もしかしたらがありうるタイミングではあるのだ。

それでは、九州場所は関脇以下の力士にとってゲンのいい場所なのだろうか?

今回は、年6場所制が定着以降の約60年間の全場所を調べ 6場所のうち関脇以下の力士の優勝回数が多いのはどの場所なのかを明らかにしたいと思う。

グラフ付きで確認したい場合は以下のページをごらんください。 http://sumo1982.jp/blog-entry-120.html

■関脇以下の優勝が多いのは、夏場所。最も少ないのが九州場所。

まず見て欲しいのだが、 6場所全て5回前後の関脇以下の優勝があるということがわかる。

その中でも、九州場所が最低の4回という結果になった。

九州場所は、決して若手達にとって相性の良い場所ではなさそうだ。

ちなみに、九州場所は平幕の優勝がたったの1度ということもわかっている。

そして、驚くべきは夏場所の9回という優勝回数だ。 他の場所に比べて頭一つ抜けている。

しかも夏場所は平幕の優勝が6回と、各場所と比べて倍近い数字を出しているのだ。

夏場はスタミナ勝負ということもあって若手が多い平幕力士にとって 有利ということなのだろうか?

他の場所に比べ、九州場所は若手が結果を出しづらい場所になる傾向が強いということが わかってきた。

果たして、2017年九州場所で番狂わせは起きるのか?

九州場所まであと2週間。楽しみに待ちたいと思う



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1386 WBAミドル級王座戦 アッサン・エンダムvs村田諒太【人生マイペンライ】

スポーツナビブログ終了。幕下相撲の知られざる世界の「終わりの始まり」。【幕下相撲の知られざる世界】

覇王への前奏曲〜村田諒太よ!〝まさかの坂〟を登り切れ!①【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1524867

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 白鵬のかち上げを肯定する人の気持ちは理解できない
  9. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  10. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss