独断と偏見の相撲ランキング

御嶽海の横綱昇進の残り時間はあと4場所?三役在位場所と横綱昇進の関係を探る

このエントリーをはてなブックマークに追加

九州場所開催まで、あと3週間を切った。

どの幕内力士達も、幕内最高優勝を目指して稽古に励んでいることだろう。

その中でも、私はある力士に注目している。

若手筆頭の実力を誇る、関脇御嶽海だ。

■白鵬の歴代最多勝記録をかけた一番で勝利する勝負強さ

御嶽海の大相撲デビューは、大学時代の学生横綱、アマチュア横綱という華々しい実績から、 幕下付け出し10枚目からのスタートとなった。

その実績に違わぬ活躍ぶりで、所要4場所にして早くも新入幕を迎えると、 そこからも順調に出世を重ね、所要10場所で小結に昇進している。

持ち味は、突き押しの強さにあるが 四つに組んでも力を発揮することができる。

また、足腰が非常に安定しており、簡単なはたきなどには倒れず 立ち合いの出足も威力がある。

そして何より評価が高いのは、その勝負強さにある。

稽古場では、格下の力士に簡単に敗れることもあるが、 本場所になると別人のような相撲を取るのだ。

その勝負強さは、2017年名古屋場所で 横綱白鵬との歴代最多勝記録更新をかけた一番で勝利したことでもうかがえる。

もう一つ、勝負強さを物語る例をあげたい。

御嶽海は秋場所で、本来の足腰の強さが見られず、序盤戦は簡単なはたきで 敗れるなど黒星が先行した。 そして、7勝7敗の成績で千秋楽を迎える。

千秋楽の相手は難敵嘉風。 この場所の調子を見ると、勝利は難しいと考えられた。 相撲内容も終始嘉風のペースだったが、土俵際逆転のはたき込みでなんとか勝ちを拾い 関脇の地位を守ったのだ。

土壇場で勝つ勝負強さと精神的な強さは、若手力士の中でも群を抜いていると感じられる。

■年6場所制以降に誕生した横綱の三役在位場所から御嶽海の横綱昇進の可能性を探る

秋場所で勝ち越した結果、御嶽海は、九州場所で関脇の地位を維持することになり これで5場所連続三役の地位を維持していることになる。

前述したような実績から、 御嶽海は若手力士が台頭する中でも、その筆頭と評価は高く ゆくゆくは大関、そしてその先の横綱という地位も狙える逸材であるが 果たしてどこまで出世をすることができるだろうか?

今回、年6場所制以降に誕生した26名の横綱の三役(大関は除く)在位場所を調べ それが横綱昇進とどのように紐づいているかを分析した。

横綱昇進のために残された時間が、御嶽海にどれほど残っているのかが この調査から浮かび上がってくるはずだ。

早速データを見てみよう 図表付きで見たいか方は、以下のページをご確認ください。 http://sumo1982.jp/blog-entry-117.html

■平均値で考えると、御嶽海の横綱昇進に残された場所は、あと4場所

調べて見て驚いたが、 26名の横綱の三役在位場所数の平均は、8.9場所。

つまり、たったの9場所である。

すでに秋場所時点で、御嶽海は関脇を4場所、小結を1場所経験しているため 三役在位が5場所となる。

平均値を基準とするならば、あと4場所なので 1年以内に大関に上がらなければならないということになる。

ただ、図で見るとわかるように 関脇在位の記録を基準とするならば、最長記録を持つ三重ノ海は12場所関脇を経験している。 御嶽海は残り8場所の余裕がある。

そして、 直近で横綱となった稀勢の里は、三役在位平均9場所を軽く超える22場所を記録している。 それを考えると、 まだ横綱昇進に向けて焦る段階ではないのかもしれない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

祝 村田涼太 ミドル級チャンプ【スポーツ よもやま話】

若手の優勝は実現するのか?約60年間の優勝者の番付から分析する【独断と偏見の相撲ランキング】

観戦記1385 UFC213 アンソニー・ペティスvsジム・ミラー【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1524867

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 白鵬のかち上げを肯定する人の気持ちは理解できない
  9. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  10. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss