独断と偏見の相撲ランキング

乱暴な相撲なしでは白鵬は優勝できない。2016年以降のデータは語る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、白鵬の相撲に対して以下のような投稿を行なった 「白鵬は乱暴な立ち合いばかりか?2017年の立ち合いを調べてみる」 http://sumo1982.jp/blog-entry-111.html

2017年秋場所時点までの全取組の立ち合いを確認し、 乱暴な立ち合いが多いと批判される白鵬だが、実際のところどれほど そのような立ち合いを行なっているかを調べた。

結果 全取組の半分近い47%が 横綱としてふさわしくない 「張り手、張り差し、かち上げ、変化」 といった内容を行なっていることがわかった。

特に、相手を負傷させることも辞さないような 張り手、かち上げを行うため 立ち合いを確認して感じたことは、乱暴を通り越して危険であるということだ。

もちろん、白鵬は勝つためにこの危険な戦法を選択している。 実際、白鵬の張り差しかち上げという必殺コンビネーションに、対戦する力士たちは 対応できず屈しているのだ。

それでは、白鵬は優勝するためには、このようなダーティーな取り口を行うしかないのだろうか?

今回は、立ち合いからのかち上げ戦術が常套化してきた 2016年の取り組みを全て調べてみた。

その結果、どのような結果を手に入したのか、確認してみたいと思う。

グラフ付きの記事を見る場合は、以下のページをご確認ください http://sumo1982.jp/blog-entry-112.html

■2016初場所全立ち合い

この場所は、琴奨菊が突然の覚醒とともに優勝をさらった場所だったことで印象に残っている人も多いと思われる。

立ち合いのデータを見ると、 まわしを引く立ち合いが最も多く全体の33%となっている。

問題の乱暴なかち上げは、この場所では見られない。 張り差しも3回行なっているものの、相手を気絶させるようなほとんど掌底に近いような危険なケースは 一度もなかった。

代わりに、立ち合いで手を添えて変化する場面が3回と通常の場所以上に変化の回数が多かった。

そして、この場所終盤で稀勢の里、日馬富士に不甲斐ないとも言えるような内容で簡単に敗れ 優勝を逃している。

どこか怪我をしたのか、それとも体力が尽きたのかわからないが 正攻法の立ち合いが大部分を占めたこの場所は、終盤に崩れて優勝を逃している

■2016春場所全立ち合い

この場所から、張り差しかち上げという地獄のフルコースが常態化した。

グラフを見るとわかるのだが、 張り手、張り差し、かち上げといった立ち合いが、全体の5割を超えるのだ。

しかも、張り手は乱暴に顎を狙い、張って顔面を固定してからかち上げという 危険極まりないものだった。

この場所は、駄目押しも多く 14勝1敗の好成績だったが横綱として胸を張れる内容ではとてもなかった。

11日目〜14日目で、稀勢の里、豪栄道、鶴竜、琴奨菊を圧倒したのは素晴らしかったが その際全ての立ち合いは乱暴な張り差しだった。

■2016夏場所全立ち合い

先場所千秋楽で変化する形で優勝となり、この場所はクリーンな立ち合いをするかと思われたが 結果は全くの逆だった。

危険な張り手、張り差し、かち上げでこの場所も全体の6割を占めている。

特に12日の豪栄道には、顎に完全に肘を入れる形のかち上げでとても危険だった。

対戦相手は、乱暴な立ち合いに歯が立たずといった様子だったが 終盤戦13日目に、稀勢の里との全勝対決を制するなど力強い相撲で観客を沸かせていた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

乱暴な相撲なしでは白鵬は優勝できない。2016年以降のデータは語る。

張り手カチ上げなんて昔の大相撲でも普通に見られてましたよね。
特にカチ上げなんて大鵬や北の湖の得意技でしょう。
エルボーなんて言ってるのは、日本人贔屓が多く黒い噂しかない舞の海だけです。
あのカチ上げは顔狙ってぶっこんでるわけじゃなく、張りを避けて姿勢を下げ顔を下にむけた相手が結果的にあたっている。
実際舞の海以外の他の元力士は非常に精度の高いカチアゲと評価してますね。

ダメ押しで叩かれるならまだしも張り手カチ上げなど反則でもなんでもない以前から使われてる手法をエルボー等と悪い印象を与える言い方に言い換えて汚い立ち会いじゃないと勝てない等と印象操作をするのは感心しませんね。

昔は張り手、カチ上げもなく横綱は皆理想的な立ち会いだったみたいな思い込みを一度捨てフラットに見てからこういった記事を書いてはいかがか。
そういう印象操作が目的でこういった記事を書いているならこれ以上言うことはありませんが。

乱暴な相撲なしでは白鵬は優勝できない。2016年以降のデータは語る。

かち上げという名のエルボーを、擁護してる奴がまだいることに驚き
まっすぐぶつかる=直球勝負じゃないよ?
横に動く以外に、張り差しやテーピングで固めた右腕で相手の顔面を破壊するエルボーが変化球だと思ってるなら、もう相撲見ないほうが良い
白鵬の功績を汚してるのではなく、怪我しかねない強引な技を控えましょうって話

実績だけでなく、心も偉大な横綱になってほしいと願っています

>sumoloveさん

ブログ管理者です。

貴重なコメントありがとうございます。

白鵬は、間違いなく相撲界を引っ張ってくれた大功労者であると私も思います。

しかし、特に白鵬が行うかち上げは、完全に顔面を狙う肘打ちであり
総合格闘技でも禁止されるケースもある危険行為です。

ご指摘があったような、野球でいうところの直球を投げろ、正々堂々戦えというレベルの話ではなく
相手に重すぎるダメージを残しかねないので、即時やめるべきだと考えます。

このような戦い方でしか優勝できなくなっているのであれば、白鵬は引退すべきだと考えます。


ただ、白鵬は前人未到の記録を次々と打ち立ててきた偉大な横綱でもあります。
だからこそ、相手を怪我させることも辞さない危険な戦い方ではない勝ち方を求めたいのです。






乱暴な相撲なしでは白鵬は優勝できない。2016年以降のデータは語る。

もっともらしく書いているけど、昔はそこまで監視されなかったし、各横綱の強いいいイメージしか残っていない。八百長も平然と横行していたし。立ち合いは真っすぐあたってほしいとは思うけど、これはプロ野球で例えるなら、すべて直球勝負をしてほしいということに等しい。白鵬が他を寄せ付けない大記録保持者だからというのも理解できるが、大相撲の存亡の危機を支えてきたのは間違えなく白鵬であり大功労者なんだから、こういう上げ足を取るようなものは好ましくない。

こんな記事も読みたい

たった1試合で西岡利晃は私を失望させた【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

白鵬は乱暴な立ち合いばかりか?2017年の立ち合いを調べてみる【独断と偏見の相撲ランキング】

学芸会の延長 勝っても負けてもマイク プロレスラー、格闘家のダラダラと長いマイクアピールを聞いてしまうと、試合内容が良くても一気に興ざめ【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1524867

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 白鵬のかち上げを肯定する人の気持ちは理解できない
  9. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  10. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss