独断と偏見の相撲ランキング

たぶん幕内力士最速採点 秋場所13日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

豪栄道が2差で首位の有利な展開が続くが、 13日目はどのような結果になったのか? 採点してみよう。

朝乃山:6.5 大栄翔の突き押しに下がらず、足がしっかり前に出た。幕内に十分通用する力をつけていることがわかる

豊山:5 豪風の厳しい攻めに対応できず。

徳勝龍:6 動きのよい石浦をしっかり見て叩いた。

隠岐の海:5 立ち合いで千代翔馬の勢いを止められなかった。 苦し紛れの小手投げを打つも挽回できず。

遠藤:5 立ち合いで左ぬずれて当たり、活路を見出そうとしたが、前に出る宝富士に引いてしまった。

魁聖:6 立ち合いから、守勢回るが、崩された後も勢の動きを見て、タイミングの良い小手投げで勝利。

錦木:5 立ち合いで受けに回る悪い癖が出た。 休場明けで調子の上がらない佐田の海に白星を献上してしまった。

佐田の海:6 今場所の嬉しい初勝利。 立ち合いからもろ差しになれたのが良かった。

大翔丸:6 左の押っつけからの突き落としで、荒鷲に何もさせなかった

千代丸:6 貴ノ岩の激しい突き押しにも下がらず、下から突き起こして引き落とで勝利した。

大栄翔:5 回転の良い突き押しで調子の良さが窺えたが、朝乃山圧力に屈した

豪風:6.5 立ち合いで鋭く当たり、前に攻めてからの叩きで豊山を破った。

石浦:5 徳勝龍のはたきに簡単に落ちてしまった。

荒鷲:5 大翔丸の突き落としに反応できず。

貴ノ岩:5 立ち合いの張り手が空振りしたことで上体が浮いてしまった。

宝富士:6 前まわしをさぐる遠藤の動きをよく見て圧力をかけて押し出した。

千代翔馬:6.5 立ち合いの踏み込みが素晴らしかった。 しっかりまわしを引いて隠岐の海の投げを問題にしなかった。

勢:5.5 先に攻めていた。 いなして魁聖を崩すが、逆転の小手投げを食らってしまった。

千代の国:6.5 地力で勝る琴奨菊を積極的に攻めた。 逆転の上手投げのキレは抜群だった。

輝:6.5 突き押しで押し切れず苦しい展開だったが、上手く栃煌山の腕を手繰って、押し出した。

逸ノ城:5 御嶽海の突き上げをただ受けるだけだった。 もっと相手を起こしていくなど攻め方に工夫が必要だ。

貴景勝:7 立ち合いでしっかり踏み込み、豪栄道を引かせた。 積極的な突き押しは自信の表れだ。

正代:6 立ち合いから阿武咲に、低く当たられ体勢が悪くなった。 終始攻められて良いところがなかったが、土俵際で残す柔らかさはさすが。

松鳳山:6.5 大きな栃ノ心の中に上手く入った。相手の吊りになんとか堪えて、勝利した。

千代大龍:5 好調時の激しい立ち合いが影を潜めている。 上半身だけの突き押しになり、北勝富士を攻めきれなかった。

阿武咲:5.5 下から激しく突き上げて、もろ差しで攻めた。 勝利かと思われたが、正代に土俵際で残られてしまった。

碧山:4.5(変) 途中出場で状態が良くないのだろう。変化したが、玉鷲に対応されてしまった。

北勝富士:6 千代大龍の突き押しに後手に回るが、土俵際で踏みとどまり、上手いいなしで勝利した。

琴奨菊:5 立ち合いで千代の国に踏み込まれて、圧力をかけられなかった。 土俵際の詰めも甘く逆転を許した。

栃ノ心:5 立ち合いで松鳳山に押されてしまった。 右四つに組めず、常に攻められる状況を覆せなかった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

終盤連敗の豪栄道への「二つの期待」。【幕下相撲の知られざる世界】

豪栄道はそこまでして勝ちたいのか?【大相撲コラム 私は見た!】

たぶん幕内力士最速採点 秋場所12日目【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1605379

(12月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 白鵬のかち上げを肯定する人の気持ちは理解できない
  9. 9日目の宝富士戦の姿が、横綱稀勢の里の責任の取り方なのだろう
  10. 横綱審議委員は無責任な発言を止めるべきだ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss