独断と偏見の相撲ランキング

白鵬越えなるか?3連敗で苦しむ阿武咲の巻き返しに期待したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

序盤戦を5連勝と鮮烈な印象を残した阿武咲が苦しんでいる。 勝ち越しまであと1番となったところで9日目から足踏みが続けているのだ。

この日も、栃煌山の立ち合いの圧力に押され、思わずはたいて呼び込んでしまい 3連敗と苦しい状況だ。

勝てない理由はいくつかある。

まず第一に、対戦相手が阿武咲を研究し始めたという点だ。 5連勝という華々しい活躍に、対戦相手は警戒心を深めたのだ。

そのため、対戦相手は阿武咲の立ち合いを止めるようにしっかり踏み込んできている。

立ち合いで優位に立つことで、はたく突くと攻め立てる阿武咲だけに 受けに回ると、まだまだ脆いのだ。

もう一つ気になることは、対戦相手の得意の相撲で戦いすぎているという点だ。

10日目の琴奨菊との一番で、阿武咲は立ち合いから得意の突き押しでなく 相手得意の左四つに組むことを選択した。

琴奨菊は、密着してのがぶり寄りが生命線であり 突き起こして距離を取れば、十分勝つことのできる相手であったはずだ。

しかし、結果は、立ち合いから左四つの展開になったこともあり琴奨菊の一方的な勝利となった。

相手の良さを殺す相撲を取ることは、勝つために絶対に必要になってくる要素だが、 阿武咲はまだそこまで緻密な相撲を取れていないのだ。

12日目の相手は、千代の国となっている。

立ち合いでしっかり踏みんで、積極的に攻めなければ相手の速い動きに 対応できなくなることも予想される。

疲れが見えてくる終盤戦でどのような相撲をみせてくれるだろうか?

新しいヒーローを求める1人の相撲ファンとしては 白鵬も成し遂げていない、新入幕3場所連続で2桁勝利という記録を成し遂げて 紙面をにぎわすようなニュースを提供してほしいものだが、どのような結果になるだろうか?

後半戦の阿武咲の戦いに注目していきたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

たぶん幕内力士最速採点 秋場所11日目【独断と偏見の相撲ランキング】

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜①【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

高山善廣が事故を起こした時、やってはいけないことやってしまった松井レフェリー 未だに説明せず、改善策を提示しない高木三四郎 09年の安全講習会は何のために行われたのか?【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:1465
  • 累計のページビュー:1426143

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜
  9. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  10. 横綱の意地は見せられなかった。しかし日馬富士関は理想の横綱に近づきつつある。

月別アーカイブ

2017
10
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss