独断と偏見の相撲ランキング

たぶん幕内力士最速採点 秋場所11日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

豪栄道が首位を走る展開で後半戦を迎える秋場所。 11日目、幕内力士たちはどのような相撲を見せてくれたのだろうか?

採点してみよう。

◯朝乃山:6.5 右四つで、足が前に出て自分から攻めていた。 嬉しい新入幕での勝ち越し

魁聖:5 得意の右四つで敗れてしまった。終始受け身に回ってしまった。

◯錦木:6 上手く中に入って、叩く相手にしっかりついていった。

豊山:5 ライバル朝乃山の勝利に続きたかったが、引く相撲は消極的だ。

佐田の海:4.5 相手の押しに何も出来ず。立ち腰でほとんど当たれていない

◯千代丸:7 立ち合いで右を差すと、一気に土俵外まで持っていった。 今場所1番の出来ではないだろうか?

◯大栄翔:6.5 力強く当たり、強烈な突きで押し込んだ。 思い切ったすくい投げも見事だった。

徳勝龍:5 相手の攻めに後手に回ってしまった。 負けが込んでいるため、立ち合いで考えすぎているのではないか?

石浦:5(変) 立ち合いで変わって潜り込もうとしたが、隠岐の海の厳しい攻めに勝機を掴めなかった。

◯隠岐の海:6 かち上げ気味に立ち合い、中に入れさせないよう厳しく攻めた。

◯遠藤:6.5 足がしっかり前に出ていた。腰を落としての寄りも安定感があった。

荒鷲:4(変) 立ち合い動いた事で、逆に体勢を悪くした。 勝ち越しを意識しすぎて消極的だった。

◯貴ノ岩:6 立ち合いからかち上げて下から起こし、タイミングの良いいなしで叩き込んだ。

大翔丸:5 貴ノ岩の当たりに状態が浮いてしまった。立ち合いの当たりは悪くなかった。

千代翔馬:5.5 取り直しの一番で、簡単に引いて相手を呼び込んでしまった。 最初の一番での豪風の足を掴む執念は素晴らしかった。

◯豪風:6.5 取り直しの一番で立ち合いから積極的に前に出て行けた。 その後のはたきは、もはや定番の流れだ。

宝富士:4.5 相手の突き押しをまともに食って良いところなく敗れた。

◯貴景勝:7 受けのうまい宝富士を下からの突き押しで、圧倒した。 昨日の金星で自分の相撲に自信を持った印象。

◯正代:6.5 立ち合いでしっかり踏み込めた。足も出ていた。この相撲を続けたい。

千代の国:5 動いて相手を崩したかったが、立ち合いで優位に立てず、叩いて呼び込んでしまった。

松鳳山:5 合口の悪さが出た格好。 自分の呼吸で立って、なんとか活路を見出そうとしたが、上手くいかず。

◯勢:6.5 突き起こそうとする松鳳山の突きに耐えて、タイミング良く叩き込んだ。 相手の動きがよく見えていた。

北勝富士:4.5 琴奨菊の出足に受けに回ってしまった。何も出来ず。内容が悪い。

◯琴奨菊:7 一方的に勝ち切った。 左差しから、がぶり寄り。休まず攻められたことも良かった

◯栃ノ心:6 輝の突き押しに後退したが、土俵際の肩すかしでなんとか勝利した。

輝:5 突き押しで攻めるが上半身だけで効果的ではない。 しっかり足も前に出したい。

阿武咲:5 下がらない栃煌山に、焦れて引いてしまった。 立ち合いの踏み込みが足りなかった。

◯栃煌山:6.5 立ち合いしっかり当たり、中に上手く入れた。 役力士として若手の壁となった。

◯玉鷲:6.5 相手の突き押しで下がらず、逆襲で押し出した。 立ち合い自分の呼吸で立てたのが勝因

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜①【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

高山善廣が事故を起こした時、やってはいけないことやってしまった松井レフェリー 未だに説明せず、改善策を提示しない高木三四郎 09年の安全講習会は何のために行われたのか?【極上の“T-1二見激情”見参】

リゴロマ【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:1465
  • 累計のページビュー:1426143

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜
  9. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  10. 横綱の意地は見せられなかった。しかし日馬富士関は理想の横綱に近づきつつある。

月別アーカイブ

2017
10
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss