独断と偏見の相撲ランキング

待った、変化、逆転負け。横綱大関のふがいない相撲は目に余る

このエントリーをはてなブックマークに追加

出場している、横綱日馬富士、大関照ノ富士、豪栄道らは上位陣として 本場所をピリッと引き締める相撲が求められている。

しかし4日目のそれぞれの相撲は、求められている内容と大きくかけ離れたものだった。


初めに土俵に上がった照ノ富士は、 幕内3場所目の阿武咲相手に立ち合いで待ったを要求。

カド番で負けが先行している状況も影響しているのだろうが、 明らかに神経質な様子で どっしりと手を付いて相手を待つ阿武咲と、 どちらが番付上位かわからないほどだった。

相撲内容も、立ち合いの当たりから叩きという速攻に照ノ富士はまったくついていけなかった。

取り組み後、「相撲が硬かった」と照ノ富士は語ったとのことだが 勝ちたいという気持ちに精神的に圧されて、 本来の力強い豪快な相撲は完全に影を潜めてしまっていた。


続いて同じくカド番の豪栄道の出番となったが、 勝ちはしたものの名前を上げた3名の中で一番ひどい内容だった。

前日の嘉風戦に続き、この日も栃ノ心相手に立ち合いから軽快に変化して見せたのだ。 変化を想定していなかった栃ノ心は、何とか踏ん張るも対応できずあっさりと土俵を割ってしまった。

変化で負ける相手が悪い。 それは正論だが、勝ち名乗りを上げている間の会場の白けた空気を豪栄道はどう感じたのだろうか?

カド番で苦しい状況は理解できる。 直前の相撲で、カド番で苦しむ照ノ富士の負けを目の当たりにして安全に白星がほしくなったのかもしれない。

しかし、上位陣が休場の今場所、 土俵を盛り上げる事は大関である自分の務めであるという自覚が 足りないのではないだろうか?

この日の相撲は、大関として批判されても仕方のない内容なのは明らかだった。


そして、横綱日馬富士だが内容は決して悪くなかった。

前日の不本意な敗北をしているという嫌な流れの中で、抜群の集中力を見せたのだ。 低く鋭い当たりは横綱本来の立ち合いで、一気に北勝富士を後退させ土俵際まで押し込む。

勝負あったかに思われたが、そこに落とし穴があった。

そこから土俵際で北勝富士が驚異的な粘りで回り込み 一気に形勢を逆転し日馬富士を寄り切ったのだ。

この一番は、北勝富士の粘りを称賛すべきなのだが、結びの一番初挑戦の若手を退けて強さを見せてこその横綱だ。

この日の取組で、敗れてしまった日馬富士は横綱としての務めを果たせたとは、言えないだろう。

休場者が続出する今場所は、出場している横綱大関にかかる重圧は大きい。

特に、一人横綱となった日馬富士には特に大きくそれがのしかかっているだろう。 2大関もカド番で神経をとがらせなければいけない状況だ。

そんな中で懸命に相撲を取る3力士を批判するのは心苦しい。

しかし、横綱大関が簡単に敗れたり内容の伴わない相撲を取っていては 土俵が盛り上がらないのは事実なのだ。 伸び盛りな若手が出てきているからこそ、先達として力を見せてこそ活気づくというものだ。

今場所は、優勝候補筆頭が存在せず、まだ誰が優勝するかは予想できない状況だ。 ここから気持ちを切り替えて、勝ち星を積み上げれば優勝経験者である3力士には 賜杯を抱く可能性はまだまだ十分あるのだ。

重圧に打ち克ち、素晴らしい相撲を土俵でみせてくれることを願っている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

たぶん幕内力士最速採点 秋場所4日目【独断と偏見の相撲ランキング】

画像庫御開帳(国際式編72)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

「敗退行為」から1年。「最弱力士」服部桜の今。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:17417
  • 累計のページビュー:1333784

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜
  9. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  10. 横綱の意地は見せられなかった。しかし日馬富士関は理想の横綱に近づきつつある。

月別アーカイブ

2017
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss