独断と偏見の相撲ランキング

たぶん幕内力士最速採点 秋場所4日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝乃山:5 不得手な左四つで攻め進めるのは拙速だった。 せめて上手を取ってから攻める余裕が欲しい

○徳勝龍:6 攻められながらも土俵際で逆転

○遠藤:6.5 立ち合いで優位に立てず、土俵際に押し込まれる苦しい展開。 持ち前の柔らかさで足を残して何とか逆転した。

豊山:6 敗れはしたものの、相撲巧者の遠藤相手に下がらずに積極的に攻められた。 この相撲を続けたい。

隠岐の海:5 十分な体勢で相手を土俵際まで押し込みながら、勝ちきれず。 力が落ちてきている印象だ。

○大翔丸:6 得意の突き押しは見せられなかったが、タイミング良くはたきを打てた

錦木:5 足が揃って、簡単に相手のはたきを食ってしまった。受けずに攻めたい。

○大栄翔:6.5 大型の魁聖相手に、組まれないよう上手く動いて攻め立てた。 今場所の調子の良さが伺える内容のある取り組みで勝利した。

魁聖:5 動く相手で取りづらいのはわかるが、攻めが雑過ぎる。 体の大きさを活かしてどっしり待ち構えたい。

千代丸:5 軽量の石浦相手に立ち合いで当たり勝てないのは問題だ。変化を気にしすぎたか。

○石浦:6.5 正攻法でぶつかり、下から攻め続け相手を押し出した。 軽量ゆえの立ち合い変化も仕方がないが、やはりこういう相撲を見たい。

○貴ノ岩:6 豪風のいなしにも全く動じないどっしりとした足腰に目を見張った。 状態が良いだけに、さらに星を積み上げそうだ。

豪風:5.5 敗れたものの、当たって起こしてという積極性が見られた。

千代翔馬:5 変化を想定せず、突っ込みすぎた。

○荒鷲:5.5(変) 立ち合い上手を求めて変わって勝利。 体格の変わらない相手だけに、しっかり当たって欲しかった。

○宝富士:6.5 頭で当たり、速攻で四つに組んで勝利。 今場所動きが良い。

勢:5 喧嘩四つで自分得意の体勢になれなかった。

○逸ノ城:6.5 激しく動く千代の国を落ち着いて攻めた。 冷静に前に出る相撲で内容が良かった。

千代の国:5 相手に捕まらないよう、動いたが逸ノ城の重さに圧倒された。

○輝:6 しっかり相手をつき押した。小柄な相手に中に潜らせず攻め切った。

貴景勝:5 突き押しは悪くなかったが輝のリーチで分が悪くなり引いてしまった。

松鳳山:5 当たりの強い相手に力が入りすぎたか、簡単にはたきを食ってしまった。

○千代大龍:6 勝ったものの引く相撲は悪い癖だ。 どんどん前に出る相撲を貫いてほしい。

○正代:6.5 差し身のうまさが出た。 左の下手を上手く差し込み、相手の攻めを封じた。

栃煌山:5 立ち合いは悪くなかったが、差し手争いに敗れ、劣勢を覆せなかった。

御嶽海:5 応援団の前で勝ちたかったが、玉鷲の押しに圧倒されてしまった。 土俵際での粘りで執念は見せた。

○玉鷲:6 一気の押しで土俵外に持っていって嬉しい対御嶽海戦初勝利。 足首の怪我を感じさせない相撲を見せた。

○琴奨菊:6.5 嘉風の当たりをしっかり受けて。小手に振って勝利した。 どっしりとした下半身に安定感を感じる。

嘉風:5 琴奨菊を押し込めず、簡単に小手投げを食ってしまった。 前に行く際に、足がついて行けない印象だ。

照ノ富士:4.5 立ち合いで待ったをするなど、迷いがあった。相手のはたきに全くついて行けなかった。硬い相撲だった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

画像庫御開帳(国際式編72)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

「敗退行為」から1年。「最弱力士」服部桜の今。【幕下相撲の知られざる世界】

王者が受難となったボクシングW世界戦【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1587774

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 白鵬のかち上げを肯定する人の気持ちは理解できない
  9. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  10. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss