独断と偏見の相撲ランキング

高安関が大相撲の看板になるためには、今日の一番勝たなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

白鵬関が通算勝ち星1位のタイ記録に並んだ12日目は、大きな盛り上がりを見せた。

そして、いよいよ本日13日目に記録更新をかけて 新大関高安関との一番に臨むこととなる。

大きな注目が予想されるこの取り組みは、白鵬関にとって重要な一番となることは間違いない。

しかし、同時に対戦相手の高安関にとっても大きな意味を持つ一番となる。

この一番を勝つことは、好調白鵬関の記録をストップさせた新大関というニュースに取り上げやすい 素材を提供することになる。

つまり顔を売る絶好のチャンスなのだ。

そして、白鵬関を破ることは優勝争いを面白くすることにつながり、今場所を盛り上げることができる。 それこそ大関の役目として、大きな仕事をやり遂げたことになるだろう。


逆に、この一番に敗れれば白鵬関を止められなかったその他大勢という扱いになる。

白鵬関が11日目に敗れて、さあ反撃と思ったタイミングで連敗を喫するなど 決して良くない今場所の印象をさらに悪くすることになるだろう。

高安関は、決して華やかな力士とは言えない。

初土俵から所要73場所での大関昇進は、史上9位のスロー記録である。 中卒で大相撲の世界に飛び込み、コツコツと今の地位にたどり着いたのだ。

ここからさらに注目される特別な存在となるには、 大事な一番で勝って自分の存在を強く印象付けることが重要になってくるのだ。


兄弟子稀勢の里関が、白鵬関の連勝記録を止めて大きく注目されるようになったように 高安関もそれに倣うことができるのか?

それとも、今日の取り組みで敗れ 勝負弱さは、かつての兄弟子のようだと揶揄されてしまうのか?

注目の一番の結果は如何に?



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

1047勝達成。白鵬が相撲のために捨てた3つのものとは。【幕下相撲の知られざる世界】

記録更新は足踏みとなったが、この一敗は白鵬関にとって好機となるのではないだろうか?【独断と偏見の相撲ランキング】

大卒力士を超えろ、御嶽海。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:13830
  • 累計のページビュー:1555335

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 白鵬のかち上げを肯定する人の気持ちは理解できない
  9. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  10. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss