独断と偏見の相撲ランキング

稀勢の里関の怪我が心配だが、日馬富士関のここ一番の集中力はさすがという他ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

土俵下で苦悶の表情を浮かべる新横綱。

取り組み前には想像もしていなかったショッキングな光景だった。

春場所13日目。 稀勢の里関にとって横綱として迎える初めての本場所での横綱対決は、 惨敗という結果に終わった。

稀勢の里関の負傷が大きく取り上げられたため、注目されていないが 内容的にもいいところがまるでなかった。 というよりも、以前の稀勢の里関の脆い相撲だった。

立ち合いで、日馬富士関に低く鋭い当たられて左回しを引かれると 慌てて突き落とし気味の投げを打つ。

しかしこれは明らかに強引な攻めだった。 さらに体勢を悪くした稀勢の里関は なすすべなく、土俵外に寄り倒されたのだった。

今場所の稀勢の里関の相撲は、危ない場面もあったが、落ち着きがあった。

右上手を引く、左を差すという 自分が有利な状態になるまで辛抱強く待つことができたのだ。 それが、今までにない安定感に繋がっていた。

しかしこの日見せた相撲は、 不利な状態で我慢できず、無理に攻め込み敗北する、以前の姿だった。

辛抱強く堪えることができれば、勝負はどうなるかわからなかったが、 この12日間で、苦しい状況での突き落としが面白いように決まっていたため 瞬間的に身体が動いてしまったという事なのだろうか?

怪我を負ったことも考えると、あまりにも痛い黒星となってしまった。

逆に、連覇に向けて視界良好と思われた稀勢の里関を圧倒した日馬富士関の相撲は 今場所1番の内容と言って良かっただろう。

稀勢の里関の馬力のあるぶつかりを止めた、低く鋭い当たり。 間髪入れず左の廻しを引く技術。 相手の投げに乗じて攻め込む敏捷性と瞬発力。 全てが抜群だった。

そして、何よりも素晴らしいのは、 自分の力を、ここ一番の場面で発揮できる心の強さ、集中力だろう。

日馬富士関は、今場所もどかしい相撲が続いていた。

休場明けだが、長い土俵人生で負った数多くの怪我は未だに完治せず、 調子は上がっていなかった。

代名詞である低く鋭い立ち合いも影を潜め、序盤から星を落としたことで 早々に優勝争いから脱落してしまったのだ。

そして、新横綱に優勝争いを引っ張ってもらう展開となり、横綱として如何なものかと批判も上がっていた。

もしこの日稀勢の里関に敗れることになれば、さらに批判は大きくなったことだろう。

そんな大きな重圧がかかるの中、自分の力を出し切れる 日馬富士関は、やはり非凡な力の持ち主なのだ。 白鵬全盛時代に8度優勝を飾った実績は伊達では無いということだろう。

上り調子の新横綱に格の違いを見せつけることで 横綱としてまだまだ力を発揮できることを、証明して見せたのだった。

日馬富士関が完勝し、健在ぶりを見せつけたこの1番で 春場所の状況は一変した。

怪我を負った稀勢の里関の休場が決まれば、今日照ノ富士関が勝てば優勝が決まるという急展開となった。

そして、14日目の照ノ富士関の相手は、大関復帰に負けることができない琴奨菊関である。

どちらに取っても、重要な1番となるが 果たして、14日目を終えた段階でどのような展開が待っているのだろうか?

この目でしっかり見届けようと思う。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

稀勢の里関の怪我が心配だが、日馬富士関のここ一番の集中力はさすがという他ない

稀勢の里の怪我は心配ですが。
相撲は相撲、怪我は怪我(競技にありえる事故)、別々に捉えたいです。

稀勢の里戦、前日の高安、ある種、美しいとしか言い様のない日馬富士の相撲を見る事が出来ました。人間のからだとその動きがこんなにも崇高なのか、と。

彼の強さは心技体の一致によるものだと改めて思いました。この人は自分の天職に忠実なのです。俗な自我の強さで第一線にいるアスリートも存在するし、それはわかり易いけど。日馬富士の強さは精神性から来ている部分も大きい。

日馬富士の土俵入の見事さは定評がありますが、こういう相撲をとることができるひとだからこその所作なのでしょう。

こんな記事も読みたい

稀勢の里【no title】

画像庫御開帳(ムエタイ編63)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

17.3.24 勇気ある決断を【巨人を見る】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点
技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら+3点
敢闘点:勝ちたいという強い想いが相撲に出ていたら+3点
土俵態度:だめ押し等見苦しい行為があったらマイナス点をつけます。
特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら点数をつけます。
  • 昨日のページビュー:95
  • 累計のページビュー:1142127

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  2. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  5. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  6. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  7. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜
  8. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  9. 横綱の意地は見せられなかった。しかし日馬富士関は理想の横綱に近づきつつある。
  10. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜前頭上位編〜

月別アーカイブ

2017
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss