独断と偏見の相撲ランキング

力強さを取り戻した照ノ富士関。新横綱の強力なライバルになることを期待する

このエントリーをはてなブックマークに追加

春場所も中盤戦を終えた。

第一人者の白鵬関、ご当所大関の豪栄道関らが相次いで休場という アクシデントがあったものの連日熱戦が続き大いに盛り上がっている。


優勝争いに目を向けると、 新横綱稀勢の里関が全勝で走り、場所前からの期待にしっかり応えている。 そして、弟弟子の高安関が兄弟子の横綱昇進に刺激を受けたのか全勝でトップと並走している。

むしろ相撲内容では、高安関が上回るのではないかという印象を受けるほどで 完全に一皮むけたと言っていいだろう。

少なくとも、田子ノ浦部屋の力士が今場所を席巻しているという状況となっている。


好調の2人を1敗差で追うのは、 平幕に下がった栃煌山関と大関照ノ富士関となっている。

2横綱が既に3敗を喫している事から、優勝争いはこの4人に絞られたと言っていいだろう。 それでは、この4力士のうち誰が千秋楽に賜杯を抱いているだろうか?

まず栃煌山関だが、 ここ数場所勝ち越しがなく番付を落としていたことを考えると、今場所の成績は目を見張るものがあるが、

しかし、厳しい見方をすると前頭下位という現在の地位だからこその好成績だと言えなくもないのだ

事実、立ち合いでしっかりと当たって相手を圧倒する取り組みはそう多くない。

元関脇という確かな地力があり不気味な存在だが、 おそらく上位戦が組まれれば星を落としていくことが予想され、優勝するのは難しいだろう。

それでは、残りの3力士だが、誰が優勝するかは予想するのは容易ではないが 対戦相手という点で考えると、現時点では高安関が有利となるだろうか。

本割で、兄弟子稀勢の里関と戦うことがなく、かつ照ノ富士関との取り組みをすでに終えていることから 自分が勝ち続ければ少なくとも優勝決定戦まで進むことができる。

逆に、照ノ富士関は全勝で残りの日程を消化したとしても高安関次第ということになり 自力で優勝を決めることができず不利な状況だろう。


しかし、私は予想というより願望だが 今場所は是非とも照ノ富士関に賜杯を抱いてもらいたいと考えている。

2年前、破竹の勢いを見せて初優勝を飾り大関に昇進した際は、横綱昇進も確実と評価されていた有望力士だったが その後怪我に苦しみ、昨年の夏場所は大関ワーストタイの13連敗という不名誉な記録を打ち立ててしまった。

そんな浮き沈みの大きな相撲人生を歩む照ノ富士関が、必死に怪我と向き合って今場所の好成績につなげているのだ 応援せずにはいられないだろう。

また、照ノ富士関がここで強力な田子ノ浦勢を破ることができれば今後の相撲界の新しい軸が出来上がることになる。

今までの大相撲の構図、白鵬対その他大勢という図式は白鵬関の衰えと共に終わりを迎えている。 新たな大相撲のストーリーとして、新横綱稀勢の里VS照ノ富士という構図は非常にわかりやすいのだ。

そしてそのためにはベビーフェイス稀勢の里関を苦しめるために強力なライバルとして照ノ富士関の活躍が必要なのだ。 それこそ全盛期の白鵬関に迫るような反感を買うぐらいの強さがほしい。

照ノ富士関の復活は、そのまま大相撲の今後の人気にもつながるのだ。 是非とも今場所賜杯を抱いて、それを足ががりに綱取りを目指してほしいものだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

画像庫御開帳(ムエタイ編61)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

敢闘精神アンケートは、もう要らない。【幕下相撲の知られざる世界】

ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点

技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら加点

敢闘点:勝つ!という想いが相撲に出ていたら加点

土俵態度:気力を感じられない相撲や、だめ押し等見苦しい行為をした力士にはマイナス点をつける

特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら加点する。
  • 昨日のページビュー:1945
  • 累計のページビュー:1424679

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  2. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. ありえない待った不成立で敗れた日馬富士を考察する
  5. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  6. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  7. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  8. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜
  9. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  10. 横綱の意地は見せられなかった。しかし日馬富士関は理想の横綱に近づきつつある。

月別アーカイブ

2017
10
09
07
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss