独断と偏見の相撲ランキング

今から約4年後の大相撲界を予想する

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月某日 東京オリンピックが開催された年の九州場所も終わり、二人の好角家が飲み屋で相撲談義に花を咲かせていた。

Aさん:いやぁ。今年は、オリンピックもあったしあっという間に年の瀬だなぁ。 ってお前さん、何を落ち込んでチビチビ呑んでるんだい?

Bさん:あんた、悲しく無いのかい?あの大横綱白鵬が引退しちまうんだぞ!? 俺はもう、悲しくて悲しくて。。。

ああ、そうだなぁ。 まぁオリンピックまでが区切りって前から口にしてたしなぁ。 いいじゃないか。最後の場所を優勝で終えるなんて、さすが白鵬だよ。

本当になぁ。優勝回数42回! この記録は当分破られねえだろうなぁ。 しかし稀勢の里との全勝千秋楽決戦は見ものだったなぁ。 初の連続優勝を狙った稀勢の里に引導を渡しちまうんだから。

あぁ。ただ稀勢の里も優勝回数8回か。もう立派な横綱筆頭だよ。 昇進直後はなかなか優勝できず苦しんでたけどな。 そこも地道に歩を進める稀勢の里らしいか。

いや、あの時は日馬富士が凄過ぎたんだ。ライバル心むき出しでぶつかってたからな。 稀勢の里の昇進直後に連続優勝して新米横綱の壁になっていたし。 ただ、全力を出したツケで怪我をしてそこから2年で引退するとは思わなんだ。

あの気合十分の相撲が見られなくなったのは本当に残念でならないよ。 ただ、入れ替わるように豪栄道が横綱に上がったのはびっくりした。

そうそうそれそれ。 まさかいつものカド番からいきなり全勝優勝2回連続なんて、お天道様でも予想出来ねえや。本当に鮮やかだ。 でもその後はパッとしないけどなぁ。

パッとしないといえば鶴竜もねぇ。 4年で優勝2回。 稀勢の里に完全に抜かれたなぁ。 相変わらず地味だから話題にあがらないんだよ。

まぁモンゴル勢でイキがいいのは逸ノ城だろうよ。今年大関に上がって優勝も経験したし、綱取りも夢じゃねえ。 今場所もギリギリまで優勝争いについていったし、一時期の照ノ富士の勢いみてえだ。

確かに逸ノ城が横綱候補の筆頭格なのは間違いない。 しかし照ノ富士か。 もう大関陥落して3年だなぁ。。 本当にいい素材だったのに勿体無い。 今じゃ平幕の常連になってしまった。

もう30になろうってんだからなぁ。ここから逆襲は難しいだろうよ。 でも横綱候補といえば御嶽海、正代コンビもなかなか勝ちきれないねえ。 御嶽海が優勝1回。正代も1回。大関までは結構すんなり上がれたんだが。 綱取り場所となると力を出しきれねえ。このままだと綱を張れずに終わっちまうぞ。

二人とも大事な相撲で横綱に勝てていないからなぁ。 白鵬がいなくなっても、まだ稀勢の里は元気だからあと2、3年は新横綱誕生もないんじゃないか?

稀勢の里が大相撲のトップに君臨するなんてちょっと前まで考えられなかったけどなぁ。 ただ、同じような場所が続くのはつまらねえ。 俺は来場所関脇に注目するよ。

大関陥落した高安と、新関脇の宇良か。 特に宇良は何度も幕内上位ではね返されてやっとここまできたからなぁ。

白鵬、稀勢の里で人気を繋いできた大相撲だけに、この先も相撲人気を維持するために イキのいい若手が出て欲しいもんだ。

こんな会話が、4年後どこかの飲み屋で交わされているかもしれない。

◼️2021年初場所番付予想 東:西 横綱 稀勢の里 豪栄道 鶴竜

大関 逸ノ城 御嶽海 正代

関脇 高安 宇良

小結 千代翔馬 遠藤

◼️2017年春場所から2020年九州場所まで(23場所)の優勝回数予想

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年本場所
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

今から約4年後の大相撲界を予想する

参考までに…

年長横綱在位
1位 千代の富士 貢 35歳10ヶ月
2位 琴櫻 傑將 33歳 6ヶ月
3位 隆の里 俊英 33歳 2ヶ月
4位 輪島 大士 33歳 1ヶ月
5位 日馬富士 公平 32歳 9ヶ月(現役)
6位 三重ノ海 剛司 32歳 8ヶ月
7位 武蔵丸 光洋 32歳 5ヶ月
8位 白鵬 翔 31歳10ヶ月(現役)
9位 曙 太郎 31歳 8ヶ月
10位 北の湖 敏満 31歳 7ヶ月

年長大関在位
1位 魁皇 博之 38歳11ヶ月
2位 琴光喜 啓司 34歳 2ヶ月
3位 霧島 一博 33歳 7ヶ月 (最終:36歳11ヶ月)
4位 千代大海 龍二 33歳 6ヶ月 (最終:33歳 8ヶ月)
5位 朝潮 太郎 33歳 2ヶ月
6位 琴奨菊 和弘 32歳11ヶ月(現役:関脇陥落)
7位 武双山 正士 32歳 8ヶ月
8位 増位山 太志郎 32歳 5ヶ月
9位 大麒麟 將能 32歳 4ヶ月
10位 旭國 斗雄 32歳 4ヶ月

2021年1月時点で鶴竜は35歳4ヶ月、稀勢の里は34歳 6ヶ月です。
これは千代の富士に次ぐ年長記録です。
いくら現役寿命が延びてるとはいえ千代の富士とスペックが違いすぎますので
鶴竜と稀勢の里は引退しているでしょう。
千代の富士の年長記録を抜くスペックがあるのは白鵬くらいかと。
豪栄道は横綱に昇進しなければ平幕でいい感じの若手の壁となっているかもしれないですね。

今から約4年後の大相撲界を予想する

ありえねー。横綱大関残っている力士はいないと思いますが・・・

今から約4年後の大相撲界を予想する


話としては面白いと思います。
ただ、2021年の初場所の3役力士の顔ぶれが2017年初場所の注目力士に限られているのは少し
残念かな。4年というと短くて長いですから。もう少し冒険してほしかったかな。
今場所新入幕の貴景勝あたりが3役でもおかしくないし、来場所新十両の石橋改め朝乃山が大関に
なっていてもおかしくないですから。

今から約4年後の大相撲界を予想する

太陽が西から昇らないかぎり
豪栄道が横綱になることはない
稀勢の里がもう一回だけ優勝することのほうが、まだ可能性がある。

こんな記事も読みたい

横綱土俵入りを経て感じること【名相撲つれづれ草】

同じ新聞の同じ頁で【野球今昔物語】

3年以内に新しい大関が誕生しないと【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconmomiji

気ままに、本場所開催中にランキングをつけさせていただきます。

【点数ルール】
勝ち点:勝ち星を挙げたら+3点。負けたら0点
技術点:上手い立ち合い、技等が見られたら+3点
敢闘点:勝ちたいという強い想いが相撲に出ていたら+3点
土俵態度:だめ押し等見苦しい行為があったらマイナス点をつけます。
特別点:4つの点数以外にも、ブログ主が「グッ」ときたら点数をつけます。
  • 昨日のページビュー:86
  • 累計のページビュー:1142033

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 稀勢の里関には何が足りないのか?横綱に必要な心技体を数値化して考える
  2. 今から約4年後の大相撲界を予想する
  3. 優勝をかけるはずの千秋楽結びの一番は消化試合となり、「横綱稀勢の里」の正当性は失われた。
  4. 信じられない相撲内容で敗れた白鵬関。平成の大横綱に何が起こっているのか?2016年初場所14日目
  5. そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった
  6. 白鵬関に大相撲を去って欲しいのか?恣意的な正代コールを行う観客に不快感を覚える~2016年夏場所4日目~
  7. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜三役・横綱編〜
  8. 横綱昇進の条件の曖昧さをなくすためにも、準優勝の位置づけを明確化してほしい
  9. 横綱の意地は見せられなかった。しかし日馬富士関は理想の横綱に近づきつつある。
  10. 2016年春場所各力士を採点してみよう〜前頭上位編〜

月別アーカイブ

2017
03
01
2016
11
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss